日本政策金融公庫で融資を受けるための流れとは?

日本政策金融公庫で、融資を受けるために、どのような流れで融資を受ければ良いのかを把握しておく必要があります。認定支援機関という融資の専門家を通すか、通さないかで、流れが変わってきますので、それぞれご説明致します。 今回は、日本政策金融公庫で融資を受けるための流れをご紹介致します。

1.専門家を通さない場合の融資の流れ

(1)事業資金相談ダイヤルに電話する

日本政策金融公庫では、融資制度のご質問や、お申込手続等のお問い合わせはお電話で対応しております。

事業資金相談ダイヤルは、 0120-154-505 受付時間平日9時から19時 日本政策金融公庫のスタッフが対応しております。

(2)支店窓口に訪問する

お近くの日本政策金融公庫にご訪問ください。

日本政策金融公庫HP

店舗案内は上記のサイトをご参照ください。

訪問する際に、創業計画書のわかるところを記載し、持参することで、具体的な相談に公庫が担当することができます。

創業計画書テンプレート 創業計画書【記載例】

※作成のポイントは、下記のサイトでご紹介しております。

創業計画書の作成方法とは?

(3)借入申込書を支店窓口へ提出

借入申込書のテンプレートと、記載例は下記サイトにUPしておりますのでご参照ください。

借入申込書テンプレート

借入申込書【記載例】

※作成のポイントを下記サイトでご紹介しておりますのでご参照ください。

借入申込書の記載方法とは?

 

(4)必要資料準備

  • 創業計画書
  • 通帳コピー半年分
  • 設備投資をする方は、設備投資のための見積書
  • 履歴事項全部証明書(法人の場合)
  • 担保をご希望の場合は、不動産の登記簿謄本
  • 過去2年分の源泉徴収票又は確定申告書
  • 借入金のある場合は、支払明細書(現在の借入残高、月々の支払額がわかるもの)
  • 不動産の賃貸借契約書(店舗分及び自宅分)

※店舗は、まだ契約していなければ、契約前の見積などでOKです。

  • 運転免許証コピー
  • 印鑑(印鑑証明書と同じもの)
  • 印鑑証明書
  • 水道光熱費の支払い状況がわかる資料(3ヶ月分)
  • 保険や、投資しているものがあれば、それがわかる書類

状況によって、必要書類が多少変わることがあります。

 

※必要書類の詳細は、下記サイトをご参照ください。

法人が公庫から融資を受ける際の必要書類とは?

個人事業主が日本政策金融公庫(公庫)から融資を受ける際の必要書類とは?

 

(5)ご面談

面談は、担当者によって異なりますが、30分から1時間半程度です。 面談はスーツで行ったほうが、印象が良いため、スーツでいくことをオススメしております。

※面談の対策については、下記サイトをご参照ください。

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

 

(6)日本政策金融公庫の担当者が現地調査

開業予定地を公庫の担当者が確認します。

(7)融資決定

必要資料が郵送で送られてきます。

その資料に記載終了後、返信用封筒に資料を同封し、お送りします。

資料が公庫に到着後、3営業日後に着金となります。

記載内容に不備があると、書類が、戻ってしまい再提出となるため、融資実行までの時間が伸びてしまいますので、記載内容に不備がないかを注意しましょう。

※融資が確定後、日本政策金融公庫と、借入の契約を行います。この契約書を作成する際に、200円の収入印紙1枚と、1万円程度の収入印紙1枚が必要になります。1万円程度と記載した部分は借入金額によって、異なりますので、下記サイトをご参照ください。

国税庁HP

500万円超1,000万円以下の借入の場合には、1万円の収入印紙が必要になります。

(8)借入額が着金

指定した口座に着金されます。

この際、ネットバンキングには、着金することができません。

もし、ネットバンキングしかお持ちでない方は、ネットバンキング以外の口座を作成しておきましょう。

詳細は、下記をご参照ください。

ネットバンキング口座しか持っていない場合、公庫の融資は受けられない?

(9)ご返済開始

融資を受ける際、据え置き期間を選択できますが、仮に3ヶ月据え置き期間を選択した場合は、借りてから3ヶ月は利息のみが発生し、4ヶ月目以降から、元本の返済がスタートします。

返済日は、5日10日15日20日25日末日で選択することが可能となりますので、いつの返済日がよいかを公庫の担当者にお伝えしましょう。

※借入金を返済する口座をどこにするかで、選択できる日程が変わることがありますので、ご了承ください。

2.専門家を経由した際の融資の流れ

専門家とは、認定支援機関に登録している方を指しますが、この専門家を経由することで、【中小企業経営力強化資金】という制度を利用することができるようになり、

・金利が安くなる

・無担保で融資を受けられる

・保証人なしで融資を受けられる(代表者保証もなし)

上記のようなメリットがあります。

※中小企業経営力強化資金の詳細は、下記をご参照ください。

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

 

では、認定支援機関を経由して融資を受ける場合には、借りるまでにどのような流れになるのでしょうか?

 

(1)認定支援機関の融資専門家と電話する

(2)必要書類作成

・創業計画書

・事業計画書(この資料を作成することで、利息が安くなる『中小企業経営力強化資金』という制度を利用することができます。利息は約1%安くなります。)

・借入申込書

上記の3つの資料を作成します。

創業計画書テンプレート

創業計画書記載例

事業計画書テンプレート

事業計画書の記載方法は、専門家と相談してください。

借入申込書テンプレート

借入申込書記載例

※上記の資料の作成のポイントをご紹介しておきます。

事業計画書の作成方法とは?

創業計画書の作成方法とは?

借入申込書の記載方法とは?

(3)必要資料準備

  • 設備投資をするためには、設備投資のための見積書
  • 履歴事項全部証明書(法人の場合)
  • 担保をご希望の場合は、不動産の登記簿謄本
  • 過去2年分の源泉徴収票又は確定申告書
  • 借入金のある場合は、支払明細書(現在の借入残高、月々の支払額がわかるもの)
  • 不動産の賃貸借契約書(店舗分及び自宅分)

※店舗は、まだ契約していなければ、契約前の見積などでOKです。

  • 運転免許証コピー
  • 通帳コピー半年分
  • 印鑑(印鑑証明書と同じもの)
  • 印鑑証明書
  • 水道光熱費の支払い状況がわかる資料(3ヶ月分)
  • 保険や、投資しているものがあれば、それがわかる書類

※お客様の状況によって、必要書類が変わることがあります。

(4)頂いた資料を専門家に郵送

融資の専門家が資料の確認をし、問題がなければ、日本政策金融公庫へお送りします。

(5)ご面談

融資をご希望の方の都合の良い時間帯を伺って、融資日程を確定します。

専門家が融資の同席をしてくれるケースもあります。

※専門家を通す場合には、この面談で初めて日本政策金融公庫へ訪問することになります。

面談は、担当者によって異なりますが、30分から1時間半程度です。 面談はスーツで行ったほうが、印象が良いため、スーツでいくことをオススメしております。

(6)日本政策金融公庫の担当者が現地調査

開業予定地を公庫の担当者が確認します。

(7)融資決定

必要資料が郵送で送られてきます。 その資料に記載終了後、返信用封筒に資料を同封し、お送りします。資料が公庫に到着後、3営業日後に着金となります。

記載内容に不備があると、書類が、戻ってしまい再提出となるため、融資実行までの時間が伸びてしまいますので、記載内容に不備がないかを注意しましょう。

※融資が確定後、日本政策金融公庫と、借入の契約を行います。この契約書を作成する際に、200円の収入印紙1枚と、1万円程度の収入印紙1枚が必要になります。1万円程度と記載した部分は借入金額によって、異なりますので、御注意ください。

500万円超1,000万円以下の借入の場合には、1万円の収入印紙が必要になります。

(8)借入額が着金

指定した口座に着金されます。 この際、ネットバンキングには、着金することができません。

もし、ネットバンキングしかお持ちでない方は、ネットバンキング以外の口座を作成しておきましょう。

詳細は、

ネットバンキング口座しか持っていない場合、公庫の融資は受けられない?

をご覧ください。

まとめ

融資の流れを把握できましたでしょうか? 専門家を通すか否か、又は、どの制度を利用して融資を受けるかで多少の違いが出てきます。専門家を経由した場合には、融資を受けるまでの流れがスムーズになるため、借りられるまでの時間が短くなり、かつ、利息も安くなります。 融資を受けるためには自己資金が非常に大切です。

【自己資金についての関連記事はこちら】

自己資金ゼロから融資を受けるためにやるべきこととは?

自己資金が足りないけど、借入を今すぐしたい場合どうすべき?

融資を受けるための、自己資金とは?

融資の専門家が無料サポート

創業してすぐの方から創業7年以内の方までしか受けられない、 低金利で受けられる融資制度をご存知ですか? 認定支援機関を通せば借入の利子がグンと安くなるんです! 借入を検討中の方は一度ご相談ください。