カードローンの借り換えについてわかりやすく解説します。

モビット

カードローンの借り換えはご存知でしょうか。

カードローンやキャッシングを利用しない人にとっては、馴染みのない言葉だと思います。

そこで今回は、借り換えとは何なのか、借り換えの概要やその中身について説明していきたいと思います。

1.借り換えとは

借り換えとは一般的に、銀行や消費者金融からの借入金を、別の銀行や消費者金融で借り直す事を言います。

借り換えをすることによって、現在返済時に発生している金利よりも、安い金利で借り入れすることが出来ることがあります。

 

【例】

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%80%80%e5%80%9f%e3%82%8a%e6%8f%9b%e3%81%881

上図のようにA社からB社に借り換えした場合、審査や借入金額にもよりますが、金利が安くなる場合があります。

金利が安くなることで返済総額も減ることになるので、借り換えの最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、ただ借り換えするだけでは金利を安くすることは難しいかもしれません。

そこで借り換え先を選ぶ上で考えるべき基準をお教えしたいと思います。

(1)借り入れ金額で借り換えする金融機関を検討

少額での借り換えでは最高金利を設定される場合が多いので、最高金利の低い金融機関を選択するべきです。

逆に高額での借り換えでは最低金利の低い金融機関を選択しましょう。

高額であれば、それだけ金利を下げることが出来る可能性が上がります。

(2)返済総額が減る(金利が安い)借り換え先を選択

せっかく借り換えをしても以前の借り換え先より金利が高くなってしまっては本末転倒ですよね。

借り入れ金額が少額なのか高額なのか、借り換え先の金利はいくらなのか、精査することが大事です。

自分の現状をしっかり把握し、適切な借入先を選択しましょう。

(3)借り換えに積極的な金融機関を選択

借り換えをするにも審査があります。

借り換えに積極的な金融機関を選ぶことで、審査にも通りやすくなります。

2.おまとめローンと借り換え

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%80%80%e5%80%9f%e3%82%8a%e6%8f%9b%e3%81%884

借り換えと検索すると、おまとめローンに関する記事も出てきて混同してしまうと思います。

説明しますとおまとめローンは、複数の金融機関からの借り入れをまとめることを言います。(下図参照)

おまとめローン

 

借り換えは1章で説明したように、借入金を別の金融機関で借り直すことを言います。

なぜおまとめローンと混同されるのかといいますと、借入金をまとめた結果、借り換えとなる場合が多いからなのです。

※おまとめローンと借り換えの関係は下図参照

screenshot_2016_11_7-1

このようにおまとめローンと借り換えは両方の側面を持ち合わせており、おまとめローンをして金融機関を変更したらそれは借り換えになります。

しかし、おまとめローンは追加融資が出来ません。

理由としましては、おまとめローンはあくまで借り入れ金をまとめるためのものなので、基本的には出来ません。

借り換えの場合は、借入金が1社だけの場合に利用することが出来ます。

3.おまとめローン、借り換えの仕方

ここまでおまとめローンと借り換えの特徴についてお話ししてきましたが、そもそもおまとめローンや借り換えはどのようにしてするのか、これから説明していきたいと思います。

(1)借り換え

借り換え方法は基本的に、通常カードローンでお金を借りる方法と同じです。

借り換え専用のローンプランや、申し込み時に借り換えしたい旨を金融機関側に伝えるだけです。

今ではネットで申し込みをすることも出来ますので、比較的気軽に申し込むことが出来るかと思います。

(2)おまとめローン

おまとめローンは消費者金融その他が取り扱っているおまとめローンを利用します。

申込方法は通常のローンと同じく、店頭申込や郵送、ネットでの申し込みも行っています。

詳細に関しては、申し込み予定の金融機関にご確認をお願い致します。

両者ともネットでも受け付けているので、申し込みやすくなっているかと思います。

4.審査について

ここでは、借り換えとおまとめローンの審査についてお話ししていきたいと思います。

(1)借り換え

借り換えの審査は通常の借り入れの審査よりも厳しいようです。

信用情報機関により、申し込み時に記載したプロフィールを参照しその信憑性について判断を下されます。

審査基準には、年齢・職業・年収・勤続年数・住まい・居住年数等から判断されるようです。

(2)おまとめローン

おまとめローンの審査も通常の借り入れをするよりも厳しいようです。

ある一定の年収を超えていないと申し込みが出来なかったり、少額の借り入れを複数の金融機関でしていると、審査に通りにくい傾向があるようです。

また、複数のおまとめローンに申し込みをしている場合や、事故情報があったり、勤続年数が短い場合でも信用が低いと判断され審査が通りにくくなります。

上記2つの審査に通るために、

・嘘の記載や記入ミスはしない

・借入件数を減らす

・事故情報を作らない

・自分の支払い能力を把握しておく

上記の4つのことを気にしていただければ、審査に通りやすくなるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んで、借り換えについてご理解いただけたなら幸いです。

自分の債務状況を今一度確認して頂き、信用情報を磨いてお申し込みただければと思います。

 

融資の専門家が無料サポート

創業してすぐの方から創業7年以内の方までしか受けられない、 低金利で受けられる融資制度をご存知ですか? 認定支援機関を通せば借入の利子がグンと安くなるんです! 借入を検討中の方は一度ご相談ください。
モビット