ソーシャルレンディングって?資金調達に使えるの?

ソーシャルレンディングって?資金調達に使えるの?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

インターネットを通じて資金調達ができる「クラウドファンディング」がありますが、せっかくいいアイデアがあっても、今まではお金がなくて実現できなかったような事業でも、クラウドファンディングによって日の目を見るケースが増えてきています。中でも「ソーシャルレンディング」は、クラウドファンディングの中の一種とされ、注目を集める「金融商品」です。

このソーシャルレンディングとは、どういったものなのでしょうか。資金調達にどう使えるのか、メリットとデメリットをご紹介します。

1.ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディング(Social Lending)は、クラウドファンディングの中の一種です。前提として、クラウドファンディングについて簡単に確認しておきましょう。クラウドファンディングとは、インターネットを通じて、世界中の様々な組織や個人、プロジェクトなど不特定多数から、資金を調達することを指します。英語で書くと「Crowdfunding」、英語の「群衆(crowd)」と「資金調達(funding)を組み合わせた言葉です。その資金調達の仕組みや方法、サービスを指す場合もあります。

クラウドファンディングを大きく分けると3つに分類できます。

ソーシャルレンディングって?資金調達に使えるの?

この3種のクラウドファンディングについて詳しく確認されたい方は「クラウドファンディングの未来の実行者・支援者必見!クラウドファンディングのリターンってどんなものがある?」(https://jfc-guide.com/basic-knowledge/10694/)をご覧ください。

ざっくり言えば、この3つの中の「金融型」と呼ばれるクラウドファンディングの中で「融資」の性質を持つものが「ソーシャルレンディング」です。

お金を借りたい人(借り手・ボロワー)とお金を貸したい人(貸し手・レンダー)を、インターネットを通じて結びつける資産運用、融資、またはサービスを指します。種類や業態は色々なものが出てきていますが、資金源がレンダーで、金利はサービス運営会社による審査で決まる、金融機関の融資を一部置き換えたような形態が代表的です。

わざわざソーシャルレンディングを、クラウドファンディングと分けて区別するケースが多いのは、寄付型や購入型と違い、法律などを含めた取り扱い方が大きく異なる「金融商品」であるためでしょう。そのため、人によっては「ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングではない」と定義する方もいますので、注意してください。

 

2.ソーシャルレンディングは資金調達に使えるか

結論から先に言うと、ソーシャルレンディングは、資金調達に使えます。但し、まともに資金調達で使えるのは、利益率の高い事業か、資金力がある法人です。

その最大の理由は、ソーシャルレンディングの特徴として、高金利であることが挙げられます。どのソーシャルレンディングサービスでも共通して、金利は、資金の使いみちや業績、担保の有無によって決まりますが、「貸し手が合意する分配金+運営会社の手数料を乗せた金利」が採用されない限り、資金調達が成功しないのです。結果、高金利になります。貸し手が合意する金利で資金を募るという点では、市場原理にのっとっており、平等かつ合理的な資金調達方法であると言えますが、個人事業主の資金調達はなかなか難しいとも言えるでしょう。

クラウドファンディング市場の急成長から見てもわかる通り、高金利でもすぐに資金が必要という場面でのスピーディな調達能力は、他の金融機関を凌ぐものがあります。近い将来、ソーシャルレンディングが資金調達を考える上でのデファクトスタンダードになり得る、といっても過言ではありません。

ソーシャルレンディングって?資金調達に使えるの?

 

3.ソーシャルレンディングのメリットとデメリット

「インターネットを通じて、不特定多数から資金を募る」というクラウドファンディングの特徴からくるメリットとデメリットが、ソーシャルレンディングにもあります。資金を募ってお金を受け取る側と、出資してお金を出す側でご紹介します。

【メリット】

ソーシャルレンディングって?資金調達に使えるの?

お金を受け取る側、資金調達に悩む事業の企業が、投資家の支援を受けることができます。特に、短期間で高額の資金調達をしたい場合、かなり有効な手段と言えるでしょう。一般的に金融機関から融資を受けにくいとされる、創業年数が浅い企業への資金調達、小額の資金調達、借入期間の短い資金調達にも有効です。

また、借入期間の決められた期日に一括して元金を支払う「期日一括返済(元金一括返済)」方式で、資金調達できることも大きな魅力と言えるでしょう。

お金を出す側は、利回りとして金銭的リターンを期待できます。FXや株式投資のように価格の変動がなく、時間や能力で他投資家と競う必要がありません。初心者でも、さほど手間がかからず、マイペースに投資を行えることも大きな魅力かもしれません。また、困っている企業家を助けられたという精神的な充足も得られるかもしれません。

【デメリット】

ソーシャルレンディングって?資金調達に使えるの?

お金を受け取る側は、実質、資金力のある企業・法人に限られます。ソーシャルレンディングのクラウドサービスのほとんどは、個人事業主を対象にしていません。サービス会社によっては個人事業主でも可能ですが、ソーシャルレンディングが高金利になりがちなため、実質、個人事業主の場合はソーシャルレンディングでの資金調達が困難であると言えるでしょう。

お金を出す側は、金融商品ならではのデフォルトリスクなどとは別に、未知のリスクにも注意する必要があります。他の金融商品の場合、すでにある程度のリスクは出尽くしていると考えられますが、クラウドサービスならではの未知のリスクにさらされる可能性が大いにあります。

イメージしやすいものでは、ソーシャルレンディングを提供するクラウドサービスがハッキングやクラッキングを受けないか、という情報セキュリティに関するリスクです。もう少し専門的なものでは、国によって異なる法律がクラウドサービスにどう適用されるか、という法解釈や規制に関するリスクです。クラウドのデータサーバーがどこの国にあるか、運営会社がどこの国にあるかといったサービスを支える根幹を見極め、リスクヘッジする必要があるでしょう。

 

まとめ

ソーシャルレンディングは、急成長するクラウドファンディングの市場拡大の大部分を占めると言われるほど、注目されている金融商品です。インターネットを通じて、不特定多数から資金を募ることができます。

高金利のため、創業したばかりだと手を出しづらいですが、資金調達手段のひとつとして心に留めておくといいでしょう。資金調達に困った時に、インターネットの先、世界のどこか、あなたのやりたいことを応援したいという人がきっといるはずです。

株式会社SoLaboがあなたの事業をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

ソーシャルレンディングって?資金調達に使えるの?