オススメな資金調達方法!日本政策金融公庫からの借入をオススメする理由

オススメな資金調達方法!日本政策金融公庫からの借入をオススメする理由
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業後にお金を借りる場合、日本政策金融公庫からお金を借りたいという方は多いのではないでしょうか?

今回は、最もオススメな資金調達方法の1つである日本政策金融公庫からの借入をオススメする理由をご紹介致します。

1.金融機関から初めて融資を受ける場合の2つの資金調達方法

金融機関からお金を借りる場合には、大きく分けると、

・日本政策金融公庫からの借入

・信用金庫、地方銀行からの借入

上記の2つの方法を選択することができます。まずは、それぞれの大きな違いを下記の図をもとにご説明させて頂きます。

オススメな資金調達方法!日本政策金融公庫からの借入をオススメする理由

日本政策金融公庫からお金を借りる場合には、日本政策金融公庫に借り入れの申し込み後に、面談をし、審査に通れば、融資を受けることが可能となります。

信用金庫や地方銀行などの民間の金融機関から借り入れをする場合には、日本政策金融公庫から借りる場合と異なり、信用保証協会が登場します。

信用金庫や地方銀行に借り入れの申し込みと面談を行い、さらに信用保証協会とも面談を行い、信用保証協会の審査が通れば、信用金庫や地方銀行からお金を借りることが可能となります。

信用金庫や地方銀行からお金を借りるためには、信用保証協会の許可が下りなければ融資を受けることはできません。

信用保証協会を経由する必要があるか、ないかの点が2つの借入方法の大きな違いとなります。

2.日本政策金融公庫は、借りられるまでの時間が短い!

日本政策金融公庫からの借入は、信用保証協会を経由せず、融資を受けられるため、借りられるまでの期間が短いです。

日本政策金融公庫 信金・地銀
借りるまでの期間 1か月から2か月 2か月から3か月

表をご覧いただければわかる通り、日本政策金融公庫の方が約1か月程度早く融資を受けられる可能性が高いです。

3.日本政策金融公庫はお金を借りやすい

日本政策金融公庫は、個人事業主や中小企業をサポートするために政府100%出資で運営している金融機関となります。

日本政策金融公庫は、中小企業を支える役割があるため、個人事業主の方や中小企業の方でもお金を借りやすいです。

創業してすぐの方でもお金を借りやすいです。

もちろんしっかり計画している方でなければ借りられないこともありますが、計画的に準備してきた方は、高確率でお金を借りられるでしょう。

4.金利が安い

信用金庫や地方銀行と比較して日本政策金融公庫は金利が安いです。

日本政策金融公庫 信金・地銀
金利 年利1%~2.5% 年利2%~4%

※創業時に信金や地銀から融資を受ける場合には、制度融資を利用することができます。制度融資を利用することで、利子補給してくれるケースがあるので、制度融資を利用すると、金利の負担額が安くなることがあります。

5.無担保で保証人不要

信用金庫や、地方銀行は、代表者の保証は必須ですが、日本政策金融公庫を利用した場合、『新創業融資制度』『中小企業経営力強化資金』の2つの制度を利用すれば、代表者の保証も不要です。

借りたものは返すことが前提ですので、保証人になっても問題ない!という方も多いとは思いますが、誰も保証人にならなくてよいのは、メリットといえるでしょう。

新創業融資制度・中小企業経営力強化資金制度の詳細は、下記サイトをご参照ください。

日本政策金融公庫の新創業融資制度とは?

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

 

6.日本政策金融公庫は、返済期間が長くなっても金利の変動はほとんどなし。

日本政策金融公庫では、5年以上で借入を行いますが、10年以内までの返済を見てみると金利の変動が現在はありません。

中小企業経営力強化資金の返済期間別の金利をご覧ください。

平成28年9月9日と平成30年7月11日の金利表を添付させて頂きました。

以前に比べると金利が高くなってしまっているのですが、それでも2%程度の金利なので、かなり金利は安いと言えるでしょう。

オススメな資金調達方法!日本政策金融公庫からの借入をオススメする理由

 

オススメな資金調達方法!日本政策金融公庫からの借入をオススメする理由

日本政策金融公庫公式HP参照

信用金庫や地方銀行は、返済期間を長くすればするだけ、金利が高くなりますので、日本政策金融公庫の方が長期間借りやすいといえるでしょう。

まとめ

オススメな資金調達方法が日本政策金融公庫からの借入であるということをご理解いただけたでしょうか?

資金調達を検討している方の役に立てば幸いです。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

オススメな資金調達方法!日本政策金融公庫からの借入をオススメする理由