60歳以上の社員がいれば120万円!?65歳超雇用推進助成金とは?

60歳以上の社員がいれば120万円!?65歳超雇用推進助成金とは?

 

第2次補正予算が成立し、新しい助成金がでました。

今回はその新しい助成金の中の1つ【65歳超雇用推進助成金】についてご説明します。

60歳以上の社員がいれば120万円!?65歳超雇用推進助成金とは?

65歳超雇用推進助成金とは?

この助成金は、

勤続1年以上の60歳以上の雇用保険に加入している社員が1名以上いて、

定年を65歳以上に引き上げ、または廃止などの取組を行うと、

1事業者あたり60万円~120万円もらうことがきます。

 

<助成金額>

    • 65歳への定年引上げ 100万円
    • 66歳以上への定年引上げまたは廃止 120万円
    • 希望者全員を対象とする継続雇用制度の導入 66歳~69歳 60万円

                            70歳~ 80万円

 

66歳以上へ定年を引き上げるか、または定年制度を廃止すると、120万円の助成金額となります。

 

ではどのような要件があるのでしょうか?

以下の簡単に要件をまとめております。

 

<大まかな要件>

①勤続1年以上の60歳以上の雇用保険に加入している社員が1名以上いること

②社会保険労務士等の専門家に費用を支出して、定年引上げ等のために、就業規則等を改定したこと

③定年の定めがあること

 

  • 上記のうち、①の勤続1年以上、60歳以上の社員というのがポイントとなりますが、逆に言えば該当する事業者はもらいやすい助成金かと思います。

 

 ②の定年の定めが、現行法令に合致していなければならないといったポイントもあります。

この助成金の予算は6.8億円と少ないものですので、該当する事業主はお早目に検討されることをお勧め致します。

 

【65歳超雇用推進助成金】についてはお気軽にご相談下さい。

 

助成金のご相談は、ウィズアス社会保険労務士事務所の前田が担当させていただきます。

ご相談をご希望の場合には下記の連絡先にご連絡ください。

 

【助成金のご相談窓口連絡先】

 

TEL

049-246-1885

 

Mail

maeda@withusgroup.com

 

60歳以上の社員がいれば120万円!?65歳超雇用推進助成金とは?