4月から6月の給与に一工夫するだけで社会保険料削減可能!

4月から6月の給与に一工夫するだけで社会保険料削減可能!

4月から6月の給与に一工夫するだけで社会保険料を削減することができます。その秘密をご紹介します。少しの手間で1人あたりの社会保険料が数千円安くなります。

4月から6月の給与に一工夫するだけで社会保険料削減可能!

1.社会保険料算定の仕組みを理解する

社会保険料を削減させるためには、まず仕組みを理解しておく必要がありますので、その仕組をご紹介致します。

社会保険料は、毎年4月から6月の3ヵ月の平均給与額で決定されます。原則としてこの3ヶ月のデータだけを使って9月から翌年の8月までの社会保険料を決めます。

4~6月に支払った賃金を、事業主の方から「算定基礎届」によって届出いただき、厚生労働大臣は、この届出内容に基づき、毎年1回標準報酬月額を決定します。算定基礎届」により決定された標準報酬月額は、原則1年間(9月から翌年8月まで)の各月に適用され、納めていただく保険料の計算や将来受け取る年金額等の計算の基礎となります。参照元 日本年金機構

算定基礎届出

【例】 30歳の会社員Aくんは、 平成27年4月から平成27年6月の給与が毎月290,000円でした。 平成27年9月から平成28年8月までは、原則としてこの290,000円を基礎に社会保険料を算定していきます。 社会保険料は、標準報酬月額表で計算します。 290,000円であれば、等級22となり、社会保険料の会社負担分は41,697円となります。

2.4~6月の給与を一工夫

上記1でご紹介したとおり、9月から翌年8月の社会保険料は、原則として4月から6月の給与で計算されます。

つまり、4月から6月の給与の額を少し工夫することで、9月から翌年8月の社会保険料を削減することができるのです。

(1)残業を減らして、社会保険料削減

4月から6月の給与の平均額で社会保険料を決定しますので、この期間で残業が多くなる場合には、社会保険料が高くなってしまします。

 

例を使ってご説明します。

【例1】 30歳の会社員Aくんは、 平成27年4月から平成27年6月の固定給が月305,000円でした。 残業代はゼロ 305,000円であれば、等級22となり、社会保険料の会社負担分は41,697円となります。
【例2】 30歳の会社員Bくん 平成27年4月から平成27年6月の固定給が月305,000円でした。 残業代は3月平均で25,000でした。 4月から6月の平均給与は305,000円+25,000円=330,000円となります。 330,000円であれば、等級24となり、社会保険料の会社負担分は47,256円となります。

例1と例2で比較した場合、残業代のある例2の方が、社会保険料が5,559円高くなります。 1年間で考えれば、5,559円×12=66,708円 社会保険料が高くなります。 従業員が多ければかなりの増額となってしまいます。

【ポイント】 4月から6月は残業代が多くなると社会保険料が増加する可能性が高くなる 歩合や、残業代は、違う月に払うほうが、社会保険料は安くなる!

(2)昇給月を変更して、社会保険料削減

(1)の内容がわかっていれば、(2)もすぐイメージできると思いますが、先ほどもご説明した通り、社会保険料の金額は、4月から6月の平均給与額で計算されます。

つまり、昇給を4月にしてしまうとその分社会保険料の負担額も増加します。 例を使ってご説明致します。

 

【平成27年4月に昇給させた場合の例】

株式会社ラボでは、4月に昇給をしております。 30歳のAさんは、288,000円の給与が4月の昇給によって330,000円になりました。

4月から6月で毎月330,000円の給与だった場合には、標準報酬月額表に当てはめて計算すると、社会保険料の会社負担分は、47,257円 この金額は、27年9月から28年8月までの毎月の会社負担分となります。

 

【平成27年7月に昇給させた場合の例】

株式会社ラボでは、7月に昇給をしております。 30歳のAさんは、288,000円の給与が7月の昇給によって330,000円になりました。

4月から6月の給与は毎月288,000円の給与なので、標準報酬月額表に当てはめて計算すると、社会保険料の会社負担分は、38,917円 この金額は、27年9月から28年8月までの毎月の会社負担分となります。

【ポイント】

昇給のタイミングを7月に昇給させるだけで社会保険料の会社負担額は8,340円安くなります。 もちろん従業員も同じ額負担が減るので、従業員にとってもメリットがあります。

3.昇給のタイミングを変更する場合の注意点

就業規則がすでにある会社であれば、昇給のタイミングが明記されている可能性があります。

もし記載があるのであれば、変更しなければなりませんのでご注意ください。

4月から6月の給与に一工夫するだけで社会保険料削減可能!

まとめ

社会保険料の削減テクニックをご理解頂けたでしょうか?

4月から6月の平均給与額で社会保険料を計算していることを理解することとても大切です。

残業代を出している会社や、昇給するタイミングが4月の会社は少し工夫するだけで社会保険料が簡単に削減できますので、ためしてみてください。

お知らせ

4月から6月の給与に一工夫するだけで社会保険料削減可能!