融資を受ける必要がなくても創業時に融資を受けた方がよい?

融資を受ける必要がなくても創業時に融資を受けた方がよい?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業してから、融資を受ける必要がない事業主の方でも、実績作りのために融資しておいた方がよいことをご存知でしょうか?なぜ、融資を受けておくべきなのかをご紹介致します。

 

1.お金に困っていなくても1回融資を受けておいたほうが良い理由①

設備投資などをする必要がなく起業できる方は、別に融資を受ける必要ないよ!と考えている方も多いでしょう。

もちろん起業してすぐに軌道にのり、永遠にお金に困ることがない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、 店舗を拡大したい! 人材を採用したい! 移転したい! 車を購入したい! 創業当初には、考えていない大きな出費が将来的にはある可能性があります。

融資を受ける必要がなくても創業時に融資を受けた方がよい?

その時にお金を借りたいと思う方も多いでしょう。

では、この時に1回でも融資を受けたことがある方と、一回も融資を受けたことがない方ではどのような違いが出てくるでしょうか?

融資を受ける必要がなくても創業時に融資を受けた方がよい?

(1)公庫で1回融資を受けた実績がある方

公庫で融資を希望して、早ければ1週間でお金が入金されます。

(2)1回の融資を受けたことがない方

公庫で融資を希望してから、1ヶ月から2ヶ月融資を受けるまでに時間がかかります。

この違いを見て頂ければわかって頂けると思いますが、2回目の融資の場合、早くお金を借りることが可能です。

【注意点】

融資を受ける必要がなくても創業時に融資を受けた方がよい?

公庫では、借りたお金を完済してから3年経過すると、データを破棄するため、2回目の融資で早く借りたいという場合には、完済してから3年以内に行いましょう。

2.お金に困っていなくても1回融資を受けておいたほうが良い理由②

融資を受ける必要がなくても創業時に融資を受けた方がよい?

創業してすぐに融資を受ける場合と、営業して、業績が悪くなったときに融資を受ける場合では、融資の通りやすさが変わります。

イメージ通りだと思いますが、業績が悪くなってからの融資は、公庫も将来性が低いと判断しお金を貸し渋る可能性が高いです。創業してすぐであれば、多くの方が融資を受けられます。

つまり、何かが発生してから融資を受けるのは難しいので、万が一のために、スタートしてすぐに融資を受けたほうが将来のリスクヘッジに繋がるでしょう。

3.公庫の融資を受けていると、他の金融機関から融資を受けやすくなる

私のお客様で、初めての融資で公庫以外の金融機関で融資を受けようとした際に、お金を借りることが出来なかった方が、公庫で融資を受けることに成功しました。

公庫で融資を受けた3ヶ月後に、もう一度最初に相談した金融機関に融資を申し込んだらお金を借りることができました。つまり、公庫での借入実績が、他の金融機関で借りる際にもプラス要因になるのです。

融資を受ける必要がなくても創業時に融資を受けた方がよい?

まとめ

将来どんなことがあるかわかりません。創業時にお金を借りる必要がなくても、融資を受けておくことで、将来のさまざまなリスクを回避することができますので、創業してすぐの融資をオススメしております。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWSTVに取材して頂きました!

融資を受ける必要がなくても創業時に融資を受けた方がよい?