キャッシュフロー計算書の見方 経営者なら常識?決算書の見方を理解しよう

キャッシュフロー計算書の見方 経営者なら常識?決算書の見方を理解しよう

「決算書」という言葉は皆さんよくご存じだと思います。この決算書のには財務三表とよばれる会社のお金の状況を示す大事な書類があります。今回は、財務三表の1つ、「キャッシュフロー計算書」についてまとめていきます。

1.キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフローとは、一定の期間に入ってくるお金をキャッシュ・イン・フロー(CIF)、一定の期間に出ていくお金をキャッシュ・アウト・フロー(COF)を総称したものです。

財務三表の「賃借対照表」は資金をどこから調達し、どう運用しているのかを見るもの、「損益計算書」は収入に対して支出の差額からどれだけの儲けがあったかを見るものでしたが、「キャッシュフロー計算書」は他の2つからは見ることが出来ない“会社のお金の流れ”を見ることが出来ます。

キャッシュフロー計算書は「営業活動」「投資活動」「財務活動」のバランスが重要になります。

2.キャッシュフロー計算書の作成方法

キャッシュフロー計算書には「直接法」と「間接法」の2つの種類があります。大きな違いは営業活動のキャッシュフローの計算の仕方です。投資活動、財務活動の計算方法はどちらも同じです。

(1)直接法

売上を現金で計上した場合は営業収入、材料を現金で仕入れた場合は原材料(商品)の仕入支出、人件費を現金で支払った場合は、人件費支出として集計します。営業活動によるキャッシュフローをより詳しく見ることができますが、集計作業に手間が発生します。

(2)間接法

税引前当期純利益を計算し、キャッシュフローの増減しない収益や費用などを加減して営業活動によるキャッシュフローを計算する方法です。直接法よりも計算が簡単なので、比較的多くの会社がこちらの方法で計算しています。

3.キャッシュフロー計算書のポイント

*間接法の場合で確認します。

キャッシュフロー計算書の見方 経営者なら常識?決算書の見方を理解しよう

(1)営業活動によるキャッシュフロー

営業活動による収入から、支出を差し引いたものを指します。この数字がプラスの場合はキャッシュの回収が順調ということで、営業活動は良好と判断できます。マイナスの場合は、キャッシュの回収が出来ていないということになるので、注意が必要になります。

(2)投資活動によるキャッシュフロー

有価証券などの取得や売却、固定資産の取得や貸付など営業活動以外の支出を指します。会社が大きくなっていく為には、投資はどうしても必要となるので、この数字がマイナスだから悪いとは言い切れません。

反対に、プラスの場合は何かを手放して資金を作っているなどの場合があるので、なぜプラスになっているかの理由を把握することが重要です。

(3)フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローは、営業活動によるキャッシュフローと投資活動によるキャッシュフローの和、つまり合計ということです。会社が自由に使うことができる余剰資金となるので、プラスであることが望ましいです。

(4)財務活動によるキャッシュフロー

借入の増額返済や株式の発行、社債の発行や返済などの資金調達活動を示しています。ちょっとややこしいのですが、フリーキャッシュフローがプラスの場合は余剰資金で資金の返済を行うことができるので、この数字はマイナスになります。フリーキャッシュフローがマイナスの場合は、追加で資金を調達する必要があるので、この数字はプラスになります。

(5)現金及び現金同等物の増加

営業活動のキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローの合計金額です。これに、現金及び現金同等の期首残高を加えると現金及び現金同等の期末残高が算出されます。

まとめ

キャッシュフロー計算書についてご理解いただけましたでしょうか?キャッシュフロー計算書は2003年3月より株式を公開している上場会社は作成と開示が義務付けられていますが、株式を公開していない会社は作成の義務はありません。会社の資金の流れを正確に把握するためには、キャッシュフロー計算書の作成はしておいたほうが良いと思います。財務三表をしっかり活用して、安定した会社にしてくださいね。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

融資を受けやすくする方法とは?

ソラボのご紹介マンガ作成して頂きました!

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

キャッシュフロー計算書の見方 経営者なら常識?決算書の見方を理解しよう