キャッシュフロー計算書の見方 経営者なら常識?決算書の見方を理解しよう

キャッシュフロー計算書の見方 経営者なら常識?決算書の見方を理解しよう

「決算書」という言葉は皆さんよくご存じだと思います。この決算書のには財務三表とよばれる会社のお金の状況を示す大事な書類があります。今回は、財務三表の1つ、「キャッシュフロー計算書」についてまとめていきます。

1.キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフローとは、一定の期間に入ってくるお金をキャッシュ・イン・フロー(CIF)、一定の期間に出ていくお金をキャッシュ・アウト・フロー(COF)を総称したものです。

財務三表の「賃借対照表」は資金をどこから調達し、どう運用しているのかを見るもの、「損益計算書」は収入に対して支出の差額からどれだけの儲けがあったかを見るものでしたが、「キャッシュフロー計算書」は他の2つからは見ることが出来ない“会社のお金の流れ”を見ることが出来ます。

キャッシュフロー計算書は「営業活動」「投資活動」「財務活動」のバランスが重要になります。

2.キャッシュフロー計算書の作成方法

キャッシュフロー計算書には「直接法」と「間接法」の2つの種類があります。大きな違いは営業活動のキャッシュフローの計算の仕方です。投資活動、財務活動の計算方法はどちらも同じです。

(1)直接法

売上を現金で計上した場合は営業収入、材料を現金で仕入れた場合は原材料(商品)の仕入支出、人件費を現金で支払った場合は、人件費支出として集計します。営業活動によるキャッシュフローをより詳しく見ることができますが、集計作業に手間が発生します。

(2)間接法

税引前当期純利益を計算し、キャッシュフローの増減しない収益や費用などを加減して営業活動によるキャッシュフローを計算する方法です。直接法よりも計算が簡単なので、比較的多くの会社がこちらの方法で計算しています。

3.キャッシュフロー計算書のポイント

*間接法の場合で確認します。

キャッシュフロー計算書の見方 経営者なら常識?決算書の見方を理解しよう

(1)営業活動によるキャッシュフロー

営業活動による収入から、支出を差し引いたものを指します。この数字がプラスの場合はキャッシュの回収が順調ということで、営業活動は良好と判断できます。マイナスの場合は、キャッシュの回収が出来ていないということになるので、注意が必要になります。

(2)投資活動によるキャッシュフロー

有価証券などの取得や売却、固定資産の取得や貸付など営業活動以外の支出を指します。会社が大きくなっていく為には、投資はどうしても必要となるので、この数字がマイナスだから悪いとは言い切れません。

反対に、プラスの場合は何かを手放して資金を作っているなどの場合があるので、なぜプラスになっているかの理由を把握することが重要です。

(3)フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローは、営業活動によるキャッシュフローと投資活動によるキャッシュフローの和、つまり合計ということです。会社が自由に使うことができる余剰資金となるので、プラスであることが望ましいです。

(4)財務活動によるキャッシュフロー

借入の増額返済や株式の発行、社債の発行や返済などの資金調達活動を示しています。ちょっとややこしいのですが、フリーキャッシュフローがプラスの場合は余剰資金で資金の返済を行うことができるので、この数字はマイナスになります。フリーキャッシュフローがマイナスの場合は、追加で資金を調達する必要があるので、この数字はプラスになります。

(5)現金及び現金同等物の増加

営業活動のキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローの合計金額です。これに、現金及び現金同等の期首残高を加えると現金及び現金同等の期末残高が算出されます。

まとめ

キャッシュフロー計算書についてご理解いただけましたでしょうか?キャッシュフロー計算書は2003年3月より株式を公開している上場会社は作成と開示が義務付けられていますが、株式を公開していない会社は作成の義務はありません。会社の資金の流れを正確に把握するためには、キャッシュフロー計算書の作成はしておいたほうが良いと思います。財務三表をしっかり活用して、安定した会社にしてくださいね。

お知らせ

キャッシュフロー計算書の見方 経営者なら常識?決算書の見方を理解しよう