流動比率で見る企業の返済能力とは?流動比率を理解するための6つのポイント

流動比率で見る企業の返済能力とは?流動比率を理解するための6つのポイント

会社の今現在の支払能力を把握しておくことは会社経営をしていく上でとても大切なことです。

会社の支払能力を把握するためには、「流動資産に対する流動負債の割合」つまり「流動比率」を知る必要があります。さて、流動資産や流動負債、流動比率とは一体何なのでしょうか?今回は流動比率の計算方法などを分かりやすくご説明しています。是非ご覧ください。

1.流動比率とは何か

流動比率とは、流動資産に対する流動負債の割合をさします。つまり、会社の短期的な支払能力がどのくらいなのか、安全性を測る指標です。

2.流動比率の算定式

 

流動比率で見る企業の返済能力とは?流動比率を理解するための6つのポイント

3.流動比率算定に使う流動資産、流動負債とは何か

ここでまず、流動資産と流動負債について説明します。

流動比率で見る企業の返済能力とは?流動比率を理解するための6つのポイント  例えば、流動資産のほうが流動負債よりも多い場合、短期的な支払能力に余裕があることを表します。

流動資産を全部現金化したとすると、すぐに返済しなければならないお金は、流動資産のお金ですべて支払う事ができ、さらに余力が残るからです。

一方、流動資産よりも流動負債のほうが多い場合、短期的な支払能力には問題があるといえるでしょう。すぐに支払わなければならないお金は、流動資産を全て現金化しても足りないからです。

仮に借入金の支払いができない場合、会社は倒産に追い込まれるかもしれません。一般的に流動資産は流動負債の1.5倍~2倍(流動比率150%~200%)あると好ましいとされています。

4.流動比率が100%を下回るのはかなり危険!流動比率の計算例

2つの会社の流動比率を比較してみます。

流動比率で見る企業の返済能力とは?流動比率を理解するための6つのポイント

A社とB社を比較すると、流動比率はA社の方が高く、B社より支払能力が高いことがわかります。

短期的な資金繰りでもお金がショートする可能性が低く、より安全だといえるでしょう。

B社は1年以内に現金化できるものが50しかないのに、同じ期間内に100も返済しなければなりません。これでは、会社の安全性に問題があり、近い将来資金不足となってしまうかもしれません。

このように、流動比率が100%を下回る財務状況はかなり危険な状態といえるでしょう。

5.流動比率は万能ではない?流動比率を測定するときの注意点

流動比率の計算には流動資産と流動負債を使用することは既述のとおりです。

このうち、流動資産の中に含まれる棚卸資産には注意が必要です。棚卸資産は、まだ売れていない商品や製品または仕掛品、材料在庫を表します。そのほとんどが翌年1年間で短期的に現金化されますので特に問題はありません。

ただし、過剰に在庫を抱えている場合や売れ行きが悪い場合などはなかなか棚卸資産が売れず、代金の回収に時間がかかることも考えられます。したがって、このような状況で流動比率の値が良かったとしても、実際には資金繰りに苦労してしまうことも考えられるのです。より厳密に会社の支払能力を分析したい場合は、流動比率ではなく当座比率で会社の安全性を測ります。会社の実情と照らし合わせ、より精細な分析ができると良いですね。

6.まとめ

○ 流動比率は会社の短期的な支払能力を測り安全性測定する指標

○ 流動比率は150%~200%くらいが理想

○ より厳密に会社の支払能力を分析する場合は当座比率を用いる

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

融資を受けやすくする方法とは?

ソラボのご紹介マンガ作成して頂きました!

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

流動比率で見る企業の返済能力とは?流動比率を理解するための6つのポイント