導入すると最大60万円の助成金!セルフ・キャリアドック制度とは?

導入すると最大60万円の助成金!セルフ・キャリアドック制度とは?

利用しやすい助成金の一つである「キャリア形成支援助成金~制度導入コース~」では、セルフ・キャリアドック制度を導入し適用すると最大50万円の助成金を受給することができます。セルフ・キャリアドック制度の概要や要件について確認しましょう。

1.セルフ・キャリアドック制度とは

セルフ・キャリアドック制度は、キャリア形成支援助成金の制度導入コースの支給対象となる制度の一つです。セルフ・キャリアドック制度を導入し適用し、助成金支給の要件を満たした場合に助成金を受給することができます。

セルフ・キャリアドック制度では従業員にジョブカードを利用したキャリアコンサルティングを提供する制度です。管轄の労働局へ提出した「セルフ・キャリアドック実施計画」に沿って実施し、会社の就業規則か労働協約へ定める必要があります。

セルフ・キャリアドック制度を適用することで従業員の働く意欲の向上、それに伴う会社の生産性の向上を目的としています。また、制度を導入し支給要件を満たすことで最大60万円も受給することができるため会社の資金調達にもなるでしょう。

導入すると最大60万円の助成金!セルフ・キャリアドック制度とは?

2.セルフ・キャリアドック制度導入・適用の流れ

導入すると最大60万円の助成金!セルフ・キャリアドック制度とは?

セルフ・キャリアドック制度の導入から適用の流れを確認しましょう。

(1)制度作成

キャリアコンサルタントと相談し作成したセルフ・キャリアドック制度を会社の就業規則または労働協約へ規定。規定したセルフ・キャリアドック制度の実施計画書を作成する。

(2)制度導入

セルフ・キャリアドック制度の内容が入った制度導入・適用計画届を管轄の労働局へ提出。

(3)認定

管轄の労働局へ提出した制度導入・適用計画届の認定を受ける。

(4)制度導入

セルフ・キャリアドック制度の内容を規定した就業規則または労働協約の届出を行い締結する。また、新しい就業規則、労働協約、セルフ・キャリアドック実施計画書の従業員に対する周知が必要。

(5)制度実施

キャリアコンサルタントにより、実施計画書に沿ったキャリアコンサルティングを実施。従業員がキャリアコンサルティングに沿ってジョブカードの作成を行う。

(6)支給申請

導入すると最大60万円の助成金!セルフ・キャリアドック制度とは?

セルフ・キャリアドック実施計画の最低適用人数を満たす従業員に対し、制度を実施した日の翌日から6ヶ月経過した日から2か月以内に申請が必要。

3.セルフ・キャリアドック制度の要件

制度を導入し助成金を受給するためには以下の要件を満たすセルフ・キャリアドック制度を適用する必要があります。

①キャリアコンサルティングは、国家資格であるキャリアコンサルタントが行う必要がある。

②キャリアコンサルタントによる面談を個別に行う必要がある。以下の方法によるキャリアコンサルティングは助成金の受給対象にはならないので注意が必要。

導入すると最大60万円の助成金!セルフ・キャリアドック制度とは?

③キャリアコンサルティングに必要な費用を、助成金を申請する事業主が負担する必要がある。

④従業員全員に対し、職業能力の向上や従業員のキャリア形成を目指すために有効な節目でキャリアコンサルティング実施計画を作成する必要がある。

⑤作成するセルフ・キャリアドック実施計画の内容を、キャリアコンサルタントと相談し作成すること

⑥ジョブカードを活用し行うキャリアコンサルティングであること。

4.受給額

セルフ・キャリアドック制度を適用し、人材加発支援助成金を利用した場合の受給額は生産性要件を満たす場合最大60万円まで受給することができます。

導入すると最大60万円の助成金!セルフ・キャリアドック制度とは?

まとめ

今回は人材開発支援助成金~制度導入コース~を活用する際にセルフ・キャリアドック制度を導入するケースをご紹介しました。セルフ・キャリアドック制度を導入し適用することで従業員の仕事に対するモチベーションを向上させ、会社の生産性も向上するでしょう。人材開発支援金の制度導入コースでは生産性要件を満たした場合最大60万円受給することができます。返済不要の資金調達方法の一つである助成金を上手に活用し会社運営に役立てましょう。

お知らせ

導入すると最大60万円の助成金!セルフ・キャリアドック制度とは?