低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?
低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

起業する場合などの資金調達方法の一つである「制度融資」をご存じですか?

創業時に融資を受ける場合、日本政策金融公庫の融資制度が有名ですが、同時に地方自治体が実施する「制度融資」にも多くのメリットがあります。

これから創業をお考えの方や運転資金の借入をお考えの事業主の方必見の資金調達方法です!今回は「制度融資」の仕組みや金利、申請方法についてご紹介します。

1.そもそも制度融資ってなに?

制度融資とは、創業を行う方に多く利用される地方自治体による資金調達方法の一つです。

制度融資を利用することで、連帯保証人なし・低金利での資金調達が実現します。

各地方自治体によって詳しい申込み方法や条件は異なりますが、制度融資を行う管轄内の住民や事業所がある企業の事業主の方が申請可能で、公的機関である信用保証協会が保証行い、直接の融資業務は自治体からの委託金をもとに銀行などの金融機関が行います。

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

2.制度融資を利用するメリットとは?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

・1%程度の低金利

・自治体の金利負担制度が利用可能

・信用保証協会を利用することで金融機関の審査が通りやすい

・連帯保証人不要

・日本政策金融公庫と併せて利用可能

3.金利が低いってほんと?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

自治体が行う制度融資の金利は1%程度となっており日本政策金融公庫からの融資と同様に公的機関の融資であるため低く設定されています。

また、利子補給制度や信用保証料補助制度の利用も可能で、申込を行う自治体によっては金利が1%以下になる場合もあるのです。

4.申請方法や制度融資の仕組みを知ろう

制度融資を利用する場合、「地方自治体・金融機関・信用保証協会」の3つの機関を経由します。申請の流れと仕組みを確認しましょう。

(1)地方自治体へ申請

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

融資の申し込みを行う方は、管轄の地方自治体の窓口へ相談し制度融資の申請を行います。

都道府県単位だけでなく地区町村規模の制度もあるので、ご自身の管轄の自治体のHPや窓口で直接確認しましょう。

事業計画書等の必要書類を作成し自治体で添削・審査を終え金融機関への紹介状である【あっせん書】を発行してもらいましょう。

(2)金融機関へ融資の申請

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

あっせん書を受け取り、管轄の金融機関へ融資申請を行います。制度融資では、通常の銀行融資とは違い自治体指定の取り扱い金融機関からの融資のみ利用でき、自治体が指定の金融機関に支払う「委託金」をもとに融資が実施されます。

金利が低く設定されている理由としても、公的機関である自治体から委託金などの支援を受けた指定の金融機関の融資を受けることができる、という点があります。

(3)信用保証協会への申し込み

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

制度融資を利用する場合、連帯保証人を立てる必要がない代わりに信用保証協会への加入が必要になります。

信用保証協会へ加入し一定の保証料を支払うことで、借入金額の返済ができなくなった場合に保証協会が代わりに返済を行ってくれます。都道府県の公的機関である信用保証協会での審査に通ると保障を受けることが出来るようになります。

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

また、自治体によっていくつかの融資制度があり、申請方法や詳しい要件が異なるので、管轄の自治体に直接確認しましょう。

(4)主な申請要件とは?

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

各自治体で設定されている制度融資を利用するための条件として、共通する一般的な要件をいくつかご紹介します。

・中小企業者

・融資の申し込みを行う自治体で定めあれた期間以上事業を経営していること

・税金の未納や滞納がないこと

・以前融資を受けた経験がある場合、返済の滞納や遅延といった金融事故を起こしていないこと

・行う事業に認可が必要な場合、許認可を得ていること

地方自治体ごとの詳しい条件は管轄の自治体の窓口で確認しましょう。

5.制度融資のデメリットや注意点は?

低金利で融資を受けることができる制度融資おデメリットや注意点を知っておくことで、ご自身の状況にあった資金調達方法か見極めるヒントになるでしょう。

(1)融資を受けるまでの期間が長い

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

制度融資を利用して資金調達を行う場合、地方自治体の審査・金融機関の審査・信用保証協会の審査を受ける必要があるため、全ての審査を終え実際に融資を受けるまでに2~3か月ほど要します。時間をかけずに融資を受けたい場合は比較的迅速な融資を受けることができる日本政策金融公庫や銀行等の金融機関からの融資をおススメします。

(2)連帯保証人になる必要がある?!

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

制度融資を利用する場合、信用保証協会の保障を利用することで他に連帯保証人を立てる必要はありませんが、金融機関を通す融資であるため融資を申し込む経営者が連帯保証人として契約する必要があります。融資を申請する経営者が連帯保証人となるので、リスクが大きくなる可能性があります。

(3)自己資金がたくさん必要?!

 

起業の際などに融資を受ける場合、一般的に自己資金が必要になります。

例えば日本政策金融公庫で融資を受ける場合、借りたい金額の1/10程度の自己資金は必要になるでしょう。しかし制度融資を利用する場合、借入金額の1/2程度の自己資金が必要と言われています。

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?

制度融資を利用する場合には、会社の資金繰りがうまくいき、自己資金を多く提示することができる時期の追加資金として融資を受ける方がより高い金額の融資を受けることが可能でしょう。

まとめ

今回は地方自治体が行う制度融資についてご紹介しました。

資金調達を行う事業主の方にとって、保証人不要で低金利の借入が可能な制度融資はオススメの資金調達方法の一つです。

しかし、融資まで時間が掛かってしまう点や自己資金の要件が厳しい点などの注意点もあります。

地方自治体によって必要な書類や申請方法もことなるため、専門家である税理士等に相談し、ご自身にとってよりメリットが多いタイミングと方法での資金調達を目指すことをオススメします。

低金利融資で資金調達!「制度融資」ってなに?