会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

 

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

会社のマーケティングを行う際によく耳にする【SWOT分析】とは一体何なのでしょうか?

設定した目標などを達成するために、4つの視点から正しく分析することで会社経営を成功へ導きましょう。

今回はマーケティングに必要な知識の一つである【SWOT分析】について、行う適切な時期ややり方も併せて詳しくご説明します。

是非ご確認ください。

1.SWOT分析について知ろう!

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

SWOT分析の【SWOT】は【S:Strength 強み】【W:Weakness 弱み】【O:Opportunity機会】【T:Threat脅威】の4つの観点のことを指します。

4つの観点から会社を評価・分析し、会社経営を成功させるための戦略や様々な機会の策定に利用されます。

また、会社経営の際だけでなく、就職活動を行う学生が自分の弱点や長所をしるために利用するケースもあります。

SWOT分析では、会社の内部環境と会社の外部環境を併せて分析し経営戦略などに役立てます。主に内部環境分析として【S・W】、外部環境分析として【O・T】の部分を知ることが必要です。

 

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

(1)内部環境分析とは?

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

【SWOT分析】の【S・W】の部分を指す、

【S:Strength】会社の強み

【W:Weakness】会社の弱み

を分析し理解することで経営戦略の作成や、会社の目標達成に役立てます。主に従業員や会社の資金状況、企業状況などが分析の対象です。

(2)外部環境分析とは?

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

【SWOT分析】の【O・T】の部分を指す

【O:Opportunity】機会

【T:Treat】外部からの脅威

を分析し、市場における自社の需要や社会の流れが自社にどのような影響を与えるかを理解します。主に世論や法改正、技術革新などが対象です。

自社を取り巻く外部環境の変化は、自社にとって有利に働いたり不利に働いたりすることがあるため会社経営を行う上でとても重要と言えるでしょう。

2.SWOT分析はいつ行うの?

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

SWOT分析は、会社のマーケティングや戦略を練る時に利用します。会社の現状を分析することで、ビジネスチャンスを逃すことのない会社運営を行うことが目的です。

SWOT分析をすることで内部環境・外部環境の分析を実施し、事業成功のための必要条件である【成功要因(KSF)】を明確にしましょう。成功要件を知り、会社の事業戦略やマーケティングに活用することで、事業目標の達成をより現実的なものにします。

3.SWOT分析の方法

前述の通り、SWOT分析は4つの要素について分析を実施します。しかし分析する項目を定めずにSWOT分析を始めると、あまりに多くの項目が出てくるので時間や労力の無駄になってしまい結果的に会社に必要な分析が出来な可能性があるので注意しましょう。

(1)項目を選出する

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

SWOT分析では内部と外部の2つの視点から自社の分析を行います。分析を始める際には、どの項目について分析するべきかあらかじめ決めておく必要があるでしょう。

分析項目の例は以下の通りです。

①内部分析

品質・価格・顧客サービス・マネージメント・企業理念・資源・ブランド・環境など

②外部分析

法律・政治・技術革新・競合他社・経済状況・トレンドなど

(2)仮説

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

分析する項目を選出したら、分析を実施する前に外部環境がどのように変化し、外部環境の変化がどのように内部環境に影響を与えるか、仮説をたてます。

仮説を立てることによって、選出した分析項目が本当に必要か、他に分析するべき項目がないか知ることができ、より効率的に会社の現状に合った分析を行うことができるでしょう。

また、仮説を立てるポイントとして【過去の事実に基づくもの】であることが重要です。しかし必ずしも仮説通りの分析結果がでる必要はないので、思いつく仮説を複数考えましょう。

(3)外部分析【O・T】

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

SWOT分析の対象となる項目を決めたら、外部分析から実施します。会社の内部環境は、外部環境の変化の影響を受けることで変化することが多いため先に外部環境分析を行いましょう。

外部環境分析ではフレームワークを利用して行うことが一般的で、いくつかのフレームワークを利用することで項目の重複などを防ぐことができます。

フレームワークの詳しい活用方法については後ほどご紹介します。

(4)内部分析【S・W】

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

外部環境分析が終わったら、内部環境分析を実施します。

まず考えられる自社の強みと弱みを捻出します。次に競合他社と比較することで、捻出した強みと弱みにズレがないか確かめましょう。

内部環境分析の注意点として、主観的になりすぎないこと、が挙げられます。

主観的な内部分析は意味をなさないので、競合他社との比較は必須で、社外の意見を取り入れるとより精巧な分析をすることができます。

(5)分析結果の見直し

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

外部環境分析・内部環境分析が終了したら分析結果の見直しをしましょう。

SWOTの4つの分析結果に矛盾がないか確認しましょう。

見直しを行う際は

①いつまでに、どのように、などの目標

②対象商品

③競合他社

④顧客

の4つの点について正確に分析されているかの確認をすることがポイントです。

(6)クロス分析

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

(5)までの工程では、SWOTに関する情報を収集しただけになってしまい、経営戦略やビジネスチャンスなどの詳しいマーケティング案を立てることができません。

SWOT分析を完了させるためには、収集した情報をもとに【クロスSWOT分析】を行う必要があります。

会社経営の成功要因であるKSFを見つけるために、収集したSWOTの情報を掛け合わせ、以下、4つの質問の答えを出しましょう。

①強み×機会

強みを活かし機会を勝ち取る方法とは?

②強み×脅威

強みを活かし脅威を機会に転換する差別化とは?

③弱み×機会

弱みを補強し機会を手に入れる施策とは?

④弱み×脅威

弱みから脅威に打ち勝つ方法とは?

優先順位として①の強みと機会について考えましょう。

マーケティングを行う際、会社の強みを最大限に活用しビジネスチャンスをつかむことが最も重要です。

4.分析に利用するフレームワークって何?

会社経営のマーケティングにおいて利用される【フレームワーク】とは、経営戦略・問題解決等に活用する枠組み・分析ツールのことを指します。

SWOT分析を実施する場合、フレームワークの利用が一般的です。複数のフレームワークを利用して分析を行うことで、収集した情報を完結にまとめることができ、項目の重複や漏れを防ぐことができます。

SWOT分析で利用するフレームワークは【PEST分析・5F分析・PLC分析・PLC・ポジショニング・バリューチェーン】などが主流で、外部環境分析の際に利用しましょう。

PEST分析

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

マクロ分析のフレームワークで【P:政治】【E:経済】【S・社会】【T:技術】を表します。

5F分析

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

業界の収益性を把握するため、業界の各プレーヤーの交渉力の高さを分析します。新規参入・買い手・売り手・競合・代替品の5つの面から【O:機会】【T:脅威】を分析し業界構造の特徴を把握します。

PLC分析

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

製品ライフサイクル理論(PLC)は製品の【導入期】【成長期】【成熟期】【衰退期】の4つの段階を経ることを指し、市場のニーズや競合他社の変化が製品のライフサイクルに与える影響を分析します。

イノベータ理論

新しい革新であるイノベーションの普及に関する理論を指します。消費者を5種類に分けて新商品の普及を明らかにし、PLC分析の結果と併せて【O:機会】【T:脅威】の面で分析します。

・バリューチェーン:競合他社と比較し、自社の強み弱みを明確にします。

VRIO

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

【V:経済価値】【R:希少性】【I:模倣可能性】【O:組織】の4つの面から分析し自社の経営資源や、経営資源を活用する能力を分析します。

7つのS

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

組織の要素を【戦略・組織・システム・価値観・スキル・人材・スタイル】の7つのSで示し、それぞれの関係性を分析することで競合他社の経営絵資源、運営を評価します。

 

これらのフレームワークを利用し、マクロ環境分析、ミクロ環境分析、競合他社の分析を行いましょう。

SWOT分析・クロスSWOT分析|例文付きテンプレート(パワーポイント/無料)

5.会社の目標達成のために

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

SWOT分析、クロスSWOT分析を実施することで、目標達成のためにするべき対策が見えくるでしょう。

分析した項目に優先順位をつけ、改善策を練るなど目標達成に近づける必要があります。項目の優先度を測る指標として【SMARTの法則】の活用をオススメします。

S:Specific・・・具体的な、わかりやすい

M:Measurable・・・計測できる

A:Agreed upon・・・達成できる

R:Realistic・・・現実的な

T:Timely・・・期限が明確な

この条件を満たす改善策や対策が作成できる項目を優先して解決しましょう。

まとめ

今回がマーケティングの際に良く活用される【SWOT分析】についてご説明しました。分析する項目わけ、仮設立てを行うことで効率よく明確な分析を行いましょう。

会社の現状を把握し、戦略を練りビジネスチャンスをつかむために分析することは、会社経営を成功に導く第一歩です。

 

お知らせ

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!