ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?

ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?

皆さんはベンチャー企業という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?

新しい技術や企業は年々増加しています。

ベンチャーとは冒険、つまりベンチャー企業とは冒険的な企業のことを言います。

新しいものを開発し上場を目指し仕事にしていく、そのような若者も今や少なくありません。

そんなベンチャー企業を支える役割にもなっているのがベンチャーキャピタル。

今回はベンチャーキャピタルのことを詳しくご説明します。

1.ベンチャーキャピタルって?

ベンチャーキャピタルとは簡単に言うと、経営に積極的に参加する投資家組織のことです。お金を貸すわけではなく、出資を行います。

お金の貸し借りとなると、具体的な返済期間が設定されますが、出資には返済期間の取り決めはありません。

ベンチャーキャピタルは、将来発展していくであろう企業に対し出資、投資を行う組織のことを言います。

ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?
【ここまでの注意点】

借入は、返済義務がある。

出資は、あくまで投資なので、返済義務はない

 

先ほどお話しした「ベンチャー企業を支える役割」というのはどういうことなのか。

今後私たちの生活が快適になるように作られていく様々なベンチャー企業。

事業内容がすばらしく、十分発展していく可能性は高いのに、お金に余裕がないので実行できないことがあります。

そこでベンチャー企業の発展を見込んで投資をしているのがベンチャーキャピタルなのです。

企業にとって投資者がいるのは非常に有難いことですが、ベンチャーキャピタルの利益はどこから来るのか・・・

次に、ベンチャーキャピタルの仕組みをご説明していきます。

2.ベンチャーキャピタルの仕組み

企業への投資を行うベンチャーキャピタルの利益はどこからくるのか。

投資をした企業が発展に伴い株式の公開をし、その公開した株式を高い値段で売り抜くことで利益を得ています。

ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?

その為、投資をした企業がなかなか発展せず株式を売ることができなかった際や、他会社へ事業を売ることができなかった際は、ベンチャーキャピタルの投資が失敗ということになり、利益を得ることはできず、悪く言うと損失ということになります。

ベンチャーキャピタルが投資している会社は、将来的に、上場するであろうと見込まれる会社が多いです。

上場前の中小企業に出資し、株主となり、上場後に、その株を売却することで、多額の利益を受け取ることができます。

3.日本のベンチャーキャピタル

ベンチャー企業を近年耳にするようになりましたが、日本のベンチャーキャピタルは50年もの歴史があります。

広く知れ渡った始まりは1972年に京都で発祥したベンチャーキャピタル会社です。

その後、色々な民間企業が立ち上げ日本にも50社以上ものベンチャーキャピタルが存在していることから、日本にとっても大きな役割を果たしていることが分かります。

4.キャピタリストについて

ベンチャーキャピタルにおいて、その中で働いている社員のことをキャピタリストと言います。

ベンチャーキャピタルと投資先の企業の経営者を結んでいるのがキャピタリスト。

その為キャピタリストは非常に重要な役割を持っているのです。

人と人ですから当然相性の問題はでてきます。

経営者にとっても会社のトップとしてなかなか言えない悩みや愚痴もキャピタリストには気軽に話せたりすることも少なくありません。

良きビジネスパートナーとなってくることでしょう。

ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?

相性が合わず交代をしてもらうことも可能ですが、大半は最初に出会うキャピタリストと付き合っていくことになります。

良好な関係を築き上げていくために、知り合いの経営者を通じて紹介をしてもらったりする方が一番いいのではないかと思います。

5.メリットとデメリット

ベンチャーキャピタルからの投資受ける企業にとってのメリットとデメリットはなにか、まとめてみました。

メリット面

ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?
  • その後の資金調達

ベンチャーキャピタルが入ることにより、”ベンチャーキャピタルから評価をされている“とみられ、出資追加がしやすくなり、また、企業が発展していき結果を出すことで更なる信頼を受け、今後の資金調達は進んでいけることでしょう。

また、ベンチャーキャピタルから資金調達に成功すると、金融機関からの資金調達もしやすくなるケースがあります。

  • 事業提携先の紹介

ベンチャーキャピタルの投資は一社にとどまらずあらゆる企業へ投資を行います。

そのため各企業が発展していくように、各会社の繋がりも考えているはずです。

その為自身の企業の発展に役立つ他会社と新しく繋がるための糸口にもなってくることでしょう。

  • 経営支援を直接受ける

多くの企業と関りを持つベンチャーキャピタルだからこそ、経営面で悩んだ時にあらゆるヒント等を受けることができ、企業が発展していく為の道が開けたり、役立つ情報を仕入れることができるかもしれません。

  • 損失が少ない

企業の発展がうまくいかず失敗してしまっても、出資を受けている側の為、資金の返済をするわけではありません。

その為損失は少ない状態にあります。

デメリット面

ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?
  • 自由に経営を行えない

出資を受ける側の為、ベンチャーキャピタルからは企業の発展のために経営面での注文は少なくありません。

企業側も出資を受けているため、なかなか逆らうこともできず、自分が描いていた経営プランを行えずに進めていかなくてはならなくなります。

社長だから、自分のやりたいことをやりたい!と考えていても、ベンチャーキャピタル(出資者)の意見に従わざるを得ないケースもあります。

  • 早い段階で資金回収

「企業の発展が厳しくなってきた」「経営がうまく進まない」と判断された場合、他の企業へ出資を行うようになるため、自社への出資がなくなり、急に資金が回らなくなり、経営が難しくなっていきます。

  • 間接費用が多い

株式公開を焦るがあまり、費用の負担が多くなり逆効果になってしまう可能性があります。

企業自体にまだ資金的体力がない場合にベンチャーキャピタルを取り入れて発展を目指すことはあまり良いとは言えません。

また、儲けがでた場合には、多くの配当を払うことになります。配当金は、借入金の利息と比べると大差があるため、借入の方がよい!と考える経営者もおります。

6.まとめ

ベンチャーキャピタルは日本にとって今や欠かせないものになってきています。

ですがその反面デメリット部分も少なくないことは頭に入れておくべきと言えるでしょう。

どんなことに関しても、会社の発展を焦ることは良いことではありません。

会社がいい方向へ向くように考えるのは経営者として当然のことですが、そのためにどんなことをしていったら発展に繋がっていくのかをしっかり考え、その一つとしてベンチャーキャピタルの存在があることを知っておくと便利かもしれません。

NEWTVに取材して頂きました

お知らせ

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?