ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

日本人の2人に1人は、好きなものであるラーメン。

ラーメン屋も今となっては身近にあり1人でもすぐに入れてすぐに食べることができるのが人気の理由の一つではないでしょうか。

常に人気であるラーメンですが、思い切ってラーメン屋を開業するとなると、「いったいいくらかかるのか」「何を用意するのか」「どのように進めていくのか」など、気になるところだらけです。

ラーメン屋の開業を考えている方には是非読んでほしい!

気になるラーメン屋の開業資金から、開業までにやるべきことまで全てお教えします。

1.開業に必要なこと

Ⅰ.平均的な開業資金

開業条件をいくつか設定すると、どうしても高額に至ります。

例えば…

・店内の広さは10坪

・空き物件

この2つの条件だけでも、都内では1,000~1,200万円もの金額が必要となります。

こんなにも金額がいくとは…と、思った方も多いのでは?

ですが条件を変えればこの金額が大幅に減る可能性も考えられます。

店内の広さを狭くし、前のテナントの内装がそのまま残っている居抜き物件、また、立地条件も好条件を希望しなければ、1,000~1,200万円の開業資金が半分になることもありうるのです。

開業資金が下がる理由の一つとして、居抜き物件を選んだことです。

 

前のテナントの状態が残っているため、内装工事にかかる費用が大幅に安くなるためです。

前のテナント側との交渉次第では必要な機材をそのまま引き継ぎ、利用することが可能なため何もないところから始めるよりは安心できる部分でもあります。

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

などを考えたうえで、必要な開業資金は大きく変わってきます。

Ⅱ.資格

開業となると、「資格が必要」と考える方も多いのではないでしょうか?

ラーメン屋の開業にも、実は一つ、必要となる資格があります。

 

飲食店を経営するにあたり、必ず必要となるのが、飲食店の営業許可証。

この営業許可証はどうしたら取得可能なのか、以下にまとめました。

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

全国各地の食品衛生協会が行っている講習会を受講し、取得が可能となります。

取得条件にもあるように、資格を取得しなくてはなりませんが、この中でも‘食品衛生責任者’に関しては、皆さんが考えている資格取得のための勉強をする必要がないのです。

講習会の内容については以下の通り…

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

資格に関しては、あんまり深く考える必要もなさそうですね。この講習会の受講で、資格を取得することができ、営業許可所も申請できるようになります。

Ⅲ.経験年数

経験年数に関しては、正直なんとも言えません…

年齢や用意可能な資金によっても変わってきます。

ラーメン屋開業となると「修行」「厳しい」というイメージがあり、そこでの修行の末に開業へ至るというケースを想像しがちですが、近年の調理学校では、最新レシピはもちろんのこと、経営の手法までも教わることが可能なところもあり、学校卒業後に開業し、短期間で成功に至ったという方も少なくありません。

修行することが開業に最も早く近づけるわけではないのです。

Ⅳ.店舗の広さ

関係ないと思われがちな店舗の広さですが、ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

30坪以上となると、資金も多く持っていないと開業には難しいので、経営するのは大手企業等が多くを占めるでしょう。

20坪未満となると、個人で開業をすることもできるでしょう。

中途半端にテーブルがあっては、効率の良さは軽減されます。

内装に気を付け、考えて工事をする必要があります。

広さは狭くても効率の良さを考えてカウンターのみにするのか、お客さんのことを考え、広さをある程度確保しカウンター+テーブルにするのか、広さが中途半端では運営していくのは難しいと言えるでしょう。

 

2.開業資金について

Ⅰ.資金区分の内容

開業に必要な資金を細かく分けると沢山ありますが、大きく分けると2つに分けられます

融資を受けることを前提として理解しておくべきことを表にてご説明します。

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

このように大きく分けたら2つになることを覚えておいてください。

 

次に、それぞれ設備資金と運転資金に分けて、各いくらの費用が掛かるのかを、都内で10坪の店舗を例にあげ解説します。

Ⅱ.設備資金と運転資金

設備資金:934万円

■保証金(敷金):84万円(家賃14万円×6ヵ月分)

場所によっては家賃の6~10カ月の保証金の支払いが必要となります。

■厨房機器・食器・調理機器・製麵設備費:450万円

新品なのか中古なのかによって、資金は変わってきます。

また、製麵設備は300万円近くかかるものなので、麺を一から作るのか、出来上がっている麺を仕入れるのか、でも変わってきます。

麺を仕入れるのならば製麺設備費はかかりませんが、ここでは買うこととして計算しています。

■内外装費・電気・ガス・水道等の設備工事:400万円(坪単価40万円×10坪)

都内での坪単価は40~50万円が平均ですが、居抜き物件を検討するのであれば、改装の必要はそれほどない為、安く済みます。

運転資金:465万円

■初月のみ発生:42万円(礼金・仲介手数料・前払い家賃、それぞれ各1ヵ月分)

(1)礼金:14万円

礼金がない物件もありますが、礼金が必要な物件もまだまだ多いようです。

(2)不動産仲介手数料:14万円

仲介手数料はだいたい1ヵ月分。

利用する不動産屋さんが知り合いや、長年の付き合い等があると手数料を下げてもらえる可能性はあります。

(3)前払い家賃:14万円

家賃は通常、入居の1ヵ月前に支払います。

■毎月発生:141万円×3ヵ月分=423万円

経営をしていく中でも大切なものになります。

収支計算に関しては目次4.でご説明します。

Ⅲ.開業資金の総額

設備資金と運転資金を合計して、ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

合計でこれだけの開業資金がかかります。

ですがあくまで、空き物件や製麺設備といった条件を入れたうえでの総額になる為、開業資金を抑えることは十分に可能です。

 

3.資金調達の方法

Ⅰ.貯金

開業を夢においてコツコツと貯金を重ねること。

貯金と言っても限度はあります。1,000万円貯めるのに何年かかるのか…

考えただけで気が遠くなるような感じですよね。

ですが、この貯金は融資を受ける場合にも重要になってくるのです。

融資を受けるとしても、自己資金が、開業総額の3分の1以上はあることが最も理想です。

3分の1に達していない場合、融資を受けにくくなります。

Ⅱ.家族や友人から借りる

自分に最も身近な方たちから借りるという手も1つあります。

ですがこの場合、人間関係が崩れる危険性も…

家族はまだしも、友人となると、信頼のできる関係性でなければトラブルになる可能性も考えられます。

お金は返すつもりでも、急遽返せなくなってしまった場合や、返すのが遅くなってしまうと、友人からは良い印象を受けません。疑われたりする可能性もあるかもしれません。

友人に話をするならば、十分な信頼関係を気付いたうえで、話をするようにしましょう。­

Ⅲ.金融機関から借りる­

金融機関と言っても様々です。大手企業から消費者金融まで。

金融機関から融資を受けるとなると、厳しい審査に通らなければ融資を受けることができません。

また、融資とともに高めに設定された金利で、利息も支払う必要があります

借りた分の返済の上に余分にお金を払うとなると、損をしている気にもなります。

ですが、即日融資を行っているところもあるためすぐにお金が手に入るという点では好条件かもしれません。

Ⅳ.日本政策金融公庫から借りる

金融機関の一つとして日本政策金融公庫もございます。

日本政策金融公庫は創業時の融資に進んで取り組んでいるため、企業者がもっとも利用する金融機関です。

融資を受ける理由や状態にもよりますが、金利は比較的低く、支払う利息も他に比べたら安いと言われています。

新たに起業を考えている起業者にとっては強い味方となります。

日本政策金融公庫からの借入ノウハウについては、下記サイトでご確認ください。

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

 

 

Ⅴ.クラウドファンディングを利用する

開業や夢を叶えたい方は、知っておいた方が今後に役立つかもしれません。

専門サイトを利用し自分の夢を発信します。

支援者から支援金を受け取ることで開業資金を集め、開業へ近づける大きな一歩となるクラウドファンディング。

また、クラウドファンディングの利用で、お店の宣伝にもなり開業成功にも繋がるかもしれません。

ただ、支援金を集めるために、自分の熱い思いを写真や動画、文章で伝える必要があります。

 

4.収支計算表とその見方

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

Ⅰ.売上高の見込みの立て方

ここでは

・店舗の広さを10坪

・座席数を9席

・一人当たりの単価を800~900円

・従業員数1人

・営業日数26日

・目標売上高を200万円  と設定をし、表を作っています。

これがどのくらいのお客さんの数で達成するのかを計算していきましょう

計算式は、

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

となります。

設定を元に計算をすると、200/(800×26×10)=9.6人/日、となります。

目標とする1席当たりのお客さんの数は、およそ10人と見た時に、この人数を維持するのはなかなか難しいと言えるでしょう。

次に、単価を900円に上げて計算、営業日数を増やして計算、などのように、数字を変えていき、1日の1席当たりのお客さん数の目標が7人程度になってくると、現実的かと思います。

色々な数を変えて計算を繰り返し、自分の経験や予想から、実現が可能かどうかを考えていきましょう。

Ⅱ.各項目の説明と適正額

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

Ⅲ.融資関連項目

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?

収支計算表の番号12と15についてですが、ここでは融資額を500万円と設定し、5年返済、金利を2%として計算しています。

その為12は、【融資額×金利=利息】となり、15に関しては、5年返済を契約しているため【融資額÷返済年数=毎年の返済額】となり、1年で100万円の返済となります。

融資を受けている以上は、返済を行わなければなりません。

融資の額、金利、返済年数により金額は変わってきます。

開業当初の経営は、利益がそこまでないと考えておいた方がいいでしょう。

何事も余裕を持つ事が大事なので焦らず計画的に行うことが第一優先です。

Ⅳ.純キャッシュフロー

お店の売り上げから、営業経費や税金等すべて差し引いた時に残る金額のことを指します。

ある定められた期間に、お金が入ることをキャッシュ・イン・フローと言い、お金が出ることをキャッシュ・アウト・フローと言います。

これら二つの言葉を総合して、呼ばれることになったのがキャッシュフロー。

お金の流れに関しての言葉です。

純キャッシュフローは、正味キャッシュフロー(NCF)とも言われています。

このお金こそが経営者のお給料となり、生活費・改装費などに使用可能となります。

 

 

5.黒字経営を続けるためには

いざお店を開業したならば、誰もが黒字を目指すはずです。

もっと欲を言うと、利益が上がることに越したことはありません。

その為にはどうしたらいいのかを、ポイントを上げながら見ていきましょう。

☑ ベースとなる固定費

固定費というのは、毎月必要となる費用のことを言います。つまり支出額。

この固定費には2種類があり、売上が全くなくても必要となることがありますのでしっかり確認してきましょう。

4.の中の表から見ると、

固定費(現金あり)         固定費(現金無し)

店舗家賃:14万円        減価償却費:5万円

となり、合計して月々の固定費は19万円です。

☑ 売上高の想定

次に、固定費を元に経営を黒字にするための売上高を考えていきましょう。

ここで必要なことが変動費。この変動費は文字にもあるように毎月決まった額ではなく変化する支出のことを言います。

区分としては、原材料費・人件費・光熱費がこれにあたります。

売上で10%の利益を出すことを考えて、毎月の売上高の中で変動費の合計が75%前後になることが理想です。

計算式は、【固定費÷(1-変動比率)=10%の利益を出す売上高】となります。

 

まとめ

ラーメン屋を開業するにあたり必要なこと、お分かりいただけましたでしょうか?

開業するには色々と準備しなくてはならないことがあります。

また、開業の知識もある程度は必要です。

店舗の広さから自分のイメージや雰囲気は非常に大切です。

思い描く理想のお店を実現できるように、余裕を持って行動し、計画を行うことが大切です。

お知らせ

ラーメン屋を開業!!その為の開業資金とやるべきこととは?