未経験のビジネスモデルで創業する場合、融資は受けられるか?

未経験のビジネスモデルで創業する場合、融資は受けられるか?

過去に経験したことで、独立するという方は、過去の実績が評価されるため、融資を受けやすいですが、過去に経験のないビジネスモデルで創業する場合、融資は受けられるのでしょうか?

未経験で独立したいけど融資は受けられる?

1.未経験のビジネスモデルで、融資を受けるためには?

融資を受けるために大事なことは、 ①人脈 ②過去の経験 ③やる気 ④自己資金 ⑤計画性 こちらの5つがあるかどうかです。

融資を受けるための大切なポイント5つ

私のお客様の例をご紹介します。 ずっとサラリーマンをしていた方が、脱サラをして、お弁当屋さんを開業しました。この方は、過去に弁当屋をやったことは一度もありませんでしたが、自分の店を持ちたいという強い意思を持って開業しました。

もちろん未経験の業界だったので、ノウハウを提供してくれる先輩がいました。 その先輩の言うとおりに商売をした結果、大成功した方もおります。

未経験で融資成功の成功事例

このお客様は、上記のように融資を受けるために必要な5つをすべてクリアしていたため、お弁当屋さんを開業するために800万円の融資を受けることに成功しました。

未経験だとしても、ポイントさえ押さえておけば融資は受けられます。 融資を受けたことで、開業することができ、その結果大成功しております。

2.経験も大事ですが、経験だけでは融資は通りません。

過去の経験がある方とない方では、もちろん過去に経験や実績がある方のほうが融資は通りやすいです。

しかし、その経験だけでは、融資は通りません。 経験がある人でも、 ①人脈 ②やる気 ③自己資金 ④計画性 は必要になります。

経験があるから、何も努力しなくても融資は受けられると考えるのはやめましょう。

経験だけでは融資は通らない

3.独立する方の15%の方は、未経験の分野で独立しております!

未経験で独立する人の割合

2014年新規開業実態調査を日本政策金融公庫総合研究所が行っているのですが、経験がある業務内容で独立する方が約85%、未経験の分野で独立する方が約15%となります。 この15%の中でもしっかり計画をして融資を申しこめばもちろん融資は受けられます。

4.可能であれば、経験を積むべき?

未経験の分野で独立する方も多く、そこで融資を成功する方もおりますが、やはり経験者の方が融資の成功確率が高くなるのも事実です。 そのため、融資を検討しているのであれば、1年程度、独立したい業務内容で修行しておくべきではないでしょうか。

さらに融資の成功率を上げるポイント

まとめ

未経験でも融資は受けられることをご理解頂けたでしょうか? 今回の記事では、未経験でも融資は受けられるということを覚えておいてください。

未経験での独立でも融資は受けられます

関連記事

融資を受けて、フランチャイズオーナーになる方法

創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法

お知らせ

未経験のビジネスモデルで創業する場合、融資は受けられるか?