FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?
FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

会社を経営する上で財務分析をすることは非常に大切です。

財務分析をする際に必要なのが経営指標。今回は飲食店を経営する上で知っておきたい経営指標についてご紹介します。

1.飲食店の経営指標とは?

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

飲食店を経営する上で、財務分析を定期的に行うことは非常に重要です。数字の計算が苦手だからと言って毎日の計算をおろそかにしていませんか?

人件費や原価について毎日計算せず、月末にまとめて計算している飲食店経営者も少なくはないでしょう。しかし、開業時に作成した事業計画を達成し順調な経営を行うためには、毎日の人件費や原価率などを計算し把握し、日々のお店の状況を知っておく事が重要です。

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

日々のお店の状況を把握するために必要な計算は、経営指標を用いて行います。飲食店を経営する際の税務分析に必要な経営指標には「FLコスト」と「FL比率」があり、「FL比率」は売上のうち材料原価と人件費率が占める割合を表す指標でFが食材であるFood、Lが人件費であるLaborを表しています。

2.FL比率の管理で儲かる飲食店経営!

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

FLコスト=食材費+人件費

FL比率=(食材費+人件費)÷売上高

FL比率を出すことでご自身のお店が利益を出せているのかを判断することが可能です。

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

飲食店経営において、FL比率の平均は55%~65%の間であることが多く、55%以下を目指すことが上手な飲食店経営の第一歩と言えます。

算出したFL比率が高ければ高いほど経営コストが高い状況であり、お店を継続して経営することが難しくなるでしょう。

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

①【超順調!】FL比率50%以下

食材費、人件費が占める割合が非常に低く、従業員のシフト管理等がしっかりできている状況です。食材比率が30%以下かつ人件費率が20%前後であり、店舗経営は非常に順調であると言えるでしょう。

②【順調!!】FL比率50~55%

食材費・人件費が占める割合が比較的高い水準で管理されています。飲食店開業の際はFL比率50~55%以下に収めることを最初の目標に設定しましょう。

③【少々不安】FL比率55~60%

FL比率55~60%である飲食店の多くが人件費の管理があまりうまくいっていない状況です。一般的なお店と言えますが、人件費率が60%を超えている場合には注意が必要です。

ここで管理を怠ってしまうと売上向上の目標や作成した事業計画の達成が困難になるでしょう。

④【キケン!】FL比率60~65%

人件費にとどまらず食材費の管理もおろそかになってしまっている状況です。

食材比率が35%以上で人件費率も35%程度まで上がってしまっていませんか?一度従業員のシフト管理の見直しや廃棄している食品の把握し経営を見直す必要があります。

⑤【すごくキケン】FL比率65%以上

FL比率が65%以上の状況が続くと、お店を経営していくことはとても難しいです。経営が破たんしてしまう前にFL比率55%を目標に経営を改善しましょう。

※FL比率を計算する際の人件費には毎月の給与の他にボーナスや手当など、従業員に支払う金額の総額で計算しましょう。

3.FL比率を改善するためには???

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

FL比率が高くなっていませんか?お店を継続して経営するためには数値の改善が必要です。

人件費率が高い場合には、パートやアルバイト従業員のシフトを見直し無駄がないか確認しましょう。

食材費率が高く経営がうまくいっていない場合、不要な仕入がないか、廃棄が多い食品は何なのか一度確認しましょう。

その他の対策として仕入原価を下げる方法がありますが、原価を下げると提供する商品の質も下がってしまうので注意が必要です。

反対に使用する食材を変更せずに販売価格を上げる方法もありますが、全ての商品を値上げすることはオススメしません。いくつかの商品にしぼって販売価格の変更をしましょう。

FL比率改善のためにはお店の経営状況を一から見直す必要がありますが、むやみに時給をさげたり勤務時間を削ったりすることは違法です。

また、商品の仕入れ価格を下げる場合も、使用する食材の質を極端に下げてしまうとお客様が離れてしまい逆効果の時もあるので見極めが重要です。

現状を把握し、FL比率の目標数値を具体的に設定することから始めましょう。

4.安定した飲食店経営を行うために

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?

上手な飲食店経営には日々の帳簿付けが重要です。

どれくらいの売上があり、人件費や食材費はいくらなのかを毎日怠らずに記録しましょう。また、お店のFL比率を把握することでご自身のお店の経営状況を知ることができ、改善も明確になります。

FL比率の目標数値を設定し、人件費や食材費においていつまでにどれくらい改善するのかきめましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

融資を受けやすくする方法とは?

ソラボのご紹介マンガ作成して頂きました!

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

FLコストとFL比率!飲食店経営に必要な経営指標とは?