日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。
日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?

創業するための知識として知っておきたい資金調達方法の一つである日本政策金融公庫からの融資。

日本政策金融公庫の業務には「国民生活事業」「農林水産事業」「中小企業事業」があり、国民生活の向上を目的としています。

今回は日本政策金融公庫の事業である国民生活事業についてご紹介します。

1.国民生活事業とは?

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?

日本政策金融公庫の国民生活事業では、小規模事業者や創業企業・お子様がいる企業の支援を行っています。主に

・小口の事業資金融資

・創業支援や地域活性化支援

・子供の教育ローン、恩給、共済年金等を担保にした融資

など、事業融資にとどまらず教育資金融資などを実施することで国民生活の向上を目指します。

2.国民生活事業:小規模事業者や創業企業の支援とは?

(1)融資

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?

国民生活事業の融資は会社経営を行う方の多くが利用することができます。

既に事業を行っている企業だけでなくこれから創業する方も融資を受けることができ、地域密着型の工務店や飲食店をはじめベンチャー企業まで、幅広い様々小規模事業者に向けた融資サービスです。

現在まで約90万企業に融資を実施しており、融資先企業の9割が従業員9人以下の小規模事業者です。

また、小口融資が主体となっており平均融資額は698万円で、80%以上が無担保で融資を実施しています。

(2)経営支援サービス

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?

日本政策金融公庫の国民生活事業では、事業融資だけでなく経営に関する幅広い情報を提供する経営支援サービスも行っています。

経営に役立つサービスとして会社の財務分析サービスやSWOT分析のサービス、全国各地でのセミナーの開催、創業計画書作成に関するアドバイスなどの創業サポートを実施することで小規模事業者や創業企業をサポートします。

会社のマーケティングに必要な【SWOT分析】とは??実施時期や実施方法を知ろう!

日本政策金融公庫から融資を受けるため、正しい創業計画書を作成しよう!各項目のポイントを解説!

(3)セーフティネット貸付とは?

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?

国民生活事業の融資制度は自然災害や想定外の金融秩序の乱れなどによって受ける影響に対応したセーフティネット貸付を実施しています。

(4)海外展開の支援

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?

国民生活事業では海外展開を目指す小規模事業者への支援を行っています。

(5)商工会議所や生活衛生同業組合などと連携!

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?

商工会議所・商工会や生活衛生同業組合と連携することで、事業者の方の経営改善のほか飲食店などの衛生水準維持・向上を目指しています。

また、認定経営革新等支援機関と連携し税理士や公認会計士、中小企業診断士からの支援を受けることもでき、地域活性化のため地域の金融機関とも連携しています。

3.国民生活事業:子育て支援とは?

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?
日本政策金融公庫の国民制作事業は、事業融資だけでなくお子様がいる家庭への支援も行っています。お子様が高校に入学してから大学を卒業するまで1人あたり約1,000万円の費用がかかることをご存知ですか?国民生活事業の「国の教育ローン」は入学金や授業料だけでなく、定期代など幅広い用途で利用できる資金の貸付を行い、国内に限らず海外の学校に通う場合にも利用可能です。

現在まで多くの方にご利用していただいており、年間約12万件、取扱の実績は35年以上にのぼります。

まとめ

日本政策金融公庫の国民生活事業は、小規模事業者やお子様がいる家庭の支援を積極的に行うことで国民の生活水準向上を目指しています。

特に小規模事業者への融資や経営サポートは充実しているので、ご自身の会社が利用可能な融資制度であるか一度確認しておきましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

日本政策金融公庫(国金)のサービス!国民生活事業とは?