代表は、倒産させないために、毎月の預金残高をメモしてください!

代表は、倒産させないために、毎月の預金残高をメモしてください!
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

開業して、数字が苦手だからといって、すべて経理担当にまかせてしまったり、税理士に任せていたりしませんか?

もちろん、経理担当や、税理士が優秀であれば的確なアドバイスをしてくれるので、問題ないと思いますが、もし、的確なアドバイスをしてくれないのであれば倒産する可能性もあるのです。

倒産リスクを軽減させるために、毎月の預金残高をメモする方法があります。

会計の知識がなくてもできる方法なので、管理が上手く出来ていない方は、必ず実践してください。

1.なぜ毎月預金残高をメモする必要があるのか?

経理は担当に任せている!

税理士に頼んでいるから大丈夫!

などという代表の方がおりますが、これだけだとかなりリスクがあります。

何がリスクなのかというと、経理上、利益が出ていたとしても預金残高はマイナスになっていることがあるからです。

利益が出ていても預金残高がマイナスになるのはどんなときか?

簡単な例でご紹介します。

現金売上100万円

現金仕入50万円

現金で払った経費40万円

借入金の返済15万円

上記の取引を行っている会社は、

売上100万円-仕入50万円-経費40万円=利益10万円

これだけ見ると利益が10万円出ているので、安心!と考える方もいるでしょう。

しかし、利益10万円-借入金の返済15万円=▲5万円

利益は出ていますが、上記の取引のみであれば、結果的に現金が5万円減少します。

 

利益が出ているから大丈夫!と考えていても結果として、預金残高が減少し、倒産寸前まで追い込まれている会社は意外にも多いのです。

 

つまり、利益が出ていても、利益が出ていなかったとしても毎月末の預金残高の増減をチェックし、増減の理由を確認することが大切です。

2.預金残高のみメモして何をすればよいのか?

経営の上級者は、利益がいくら出ているかをチェックし、キャッシュフロー表も見つつ、資金繰りを管理するでしょう。

しかし、最初から、そこまでできる経営者はおりません。

まずは、預金残高のみを毎月月末にメモして、毎月の増減理由を考えましょう。

細かくやりすぎると大変なので、最初は、大体の感覚でやって頂ければそれだけでも倒産リスクを減少させることができます。

毎月の預金をメモして何をする?

例を使って解説します。

2月末 預金残高合計 500万円

3月末 預金残高合計 550万円

4月末 預金残高合計 450万円

5月末 預金残高合計 400万円

上記のようにメモした場合、毎月の増減の横に1ヶ月を振り返りながら増減理由を記載しておくとよいでしょう。

メモの例

2月末~3月末で、50万円増加した理由は、◯◯商品の販売が好調で、業績がよくなり、結果的に預金も増加した。

3月末~4月末で、100万円減少した理由は、新しいビジネスモデル構築のため、投資したことが原因

4月末~5月末で、50万円減少した理由は、採用するための広告費を支出したため、預金が減少した

上記は、あくまで例ですが、1ヶ月の振り返りをしながら、なぜ預金が増減したのかを考えるだけでも倒産リスクを大幅に軽減できます。

気づいたらお金がほとんどなく、何も対策が取れなかった!とならないためにも、毎月末の預金残高をメモすることが大切です。

もちろん、もっと細かく管理できる方であれば、その細かい管理方法を実践しつづけてください。

この方法はあくまで最低限やってほしい方法になります。

3.預金残高が減少傾向であれば早めに対策を!

預金残高が多い状況であれば、対策を打つことができますが、預金がかなり少なくなった状況では、対策を取りたくても取れない状況となります。

特に、資金調達の1つである融資は、お金があるときは比較的借りやすいですが、お金がなくなってからは、かなり借りにくいです。

つまり、融資計画については、余裕があるときに行いましょう!

融資のタイミングを一歩間違えると会社が倒産する可能性もありますので、早めにおこなうことが非常に大切です!

まとめ

会社を経営するうえで、お金の管理は非常に大切です。

当たり前ですが、お金があれば倒産しませんし、お金がなくなれば、倒産します。

毎月お金がいくらあるのかだけをチェックするだけでも倒産リスクは確実に軽減できます。

中国では、【総経理】と書いて、代表取締役を意味します。

経理ができる人が経営者であるべきだ!という意味ですので、今回は、経理の大切さを少しでも感じて頂ければ幸いです。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWSTVに取材して頂きました!

代表は、倒産させないために、毎月の預金残高をメモしてください!