創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。
創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

会社を創業してからどのタイミングで顧問税理士を付けるべきか悩んでいませんか?

創業時、創業初期に顧問税理士をつけることで様々なメリットがあります。

具体的な税理士が実施する業務内容と税理士を付けるタイミングについて見ていきましょう。

1.税理士ができる業務とは?

税理士が実施できる業務として

「税務代理」

「税務書類の作成」

「税務相談」

があります。

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

「税務代理」…税金に関わる申告や申請を代わりに実施

「税務書類の作成」…確定申告や相続税申告などに必要な書類作成の実施

「税務相談」…依頼人からの税務に関する相談を受ける

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

これらの税理士業務は税理士の有資格者でなければ行うことができません。

近年、無資格者による被害が増えているので注意しましょう。

2.顧問税理士に依頼できる業務内容とは?

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

顧問税理士を付けることで依頼することができる詳しい業務内容を確認していきましょう。

また、税理士は「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の他にも会社をサポートするために様々な業務を行ってくれます。

(1)税務代理

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

税金の申請業務や申告を代わりに行ってくれます。確定申告や税務調査立ち合い、税務署に対する不服申し立てなどの税金に関する業務を代行してくれるので、複雑な税金の制度などで頭を悩ませる必要がなくなるでしょう。

また、節税に関するアドバイスも行ってくれます。

(2)税務書類の作成

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

税務に関する書類作成を代行してくれます。

確定申告や相続税申告をする場合、書類の作成は必須です。税理士に依頼することで必要書類の作成から提出までを代行してくれ、複雑な書類作成の手間が省けます。

会社設立後に納めなければならない税金と納税の時期。

(3)税務相談

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

顧問税理士には税務に関する相談をすることができます。

どれくらいの税金が必要なのか、帳簿についての質問など、普段の税務について回数等の制限なく気軽に相談することが可能です。

(4)会計・経理

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

創業時の経理や会計について指導をしてくれます。

経理処理の方法だけでなく、会計ソフトの使用方法や仕訳方法について教えてもらいましょう。創業時に会計や経理についての知識がなかった場合であっても顧問税理士を通して定期的に指導をしてもらうことで、正しい知識を身に付けることができます。

経理や会計について知識をつけることができると、会社経営における業績や経営状況・資金繰り状況について自身で正確に判断できるようになるでしょう。

会社の資金繰り状況を正確に把握しておくことは安定した会社経営を続けていく上で非常に大切です。

(5)記帳代行

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

確定申告の際に帳簿への記帳は必須です。

領収書などをもとに作成した伝票や仕訳帳等を参考に「総勘定元帳」を作成する必要があります。

しかし創業時などの事業に集中したい時に経理業務を兼任し帳簿を作成することは手間になってしまうため、作業がおろそかになってしまったり、間違った方法で記帳してしまったりなどのリスクがあります。

顧問弁護士を付けることで面倒な記帳業務や会計ソフトへの入力まで行ってくれます。

顧問税理士に依頼することで、創業時に経理に頭を悩ませることなく事業に専念することができるでしょう。

(6)起業時のサポート

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

税理士は決算だけでなく、会社設立時のサポートも行ってくれます。

会社を設立した場合、様々な申請や手続きが必要になります。全く知識がない状態で起業した場合、申請等に漏れがでてしまう可能性もあるでしょう。

しかし税理士に相談することで漏れなく会社設立に関する申請や手続きを代行してくれます。

また、手続きや申請だけでなく、創業してからの資金繰り計画や事業計画を作成し会社経営をサポートしてくれる税理士もいます。

会社設立を依頼する士業はどこがベスト?行政書士・司法書士・税理士選ぶためのポイントとは?

(7)資金調達の味方!

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

会社を経営する上で資金調達を上手に行うことはとても大切です。会社に資金がなければ事業をスムーズに行うことができません。税理士には資金調達についても相談することが可能です。

創業時に積極的に融資を行ってくれる日本政策金融公庫からの融資や、助成金や補助金による資金調達について相談しましょう。

日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるの?

(8)年末調整・給与計算

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

年に1度の年末調整や毎月の給与計算まで、税理士に依頼することができます。

年末調整をする場合、所得税の計算や書類の記入まで複雑な点が多いので税理士に依頼しましょう。

また、従業員のタイムカードなどの記録を提出することで、保険料や源泉所得額の計算を行い毎月の給与額計算を代行してくれます。

(9)経営アドバイス

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

会社の経営について税理士からアドバイスを受けることができます。会社の資金繰り状況等を分析し、どこの項目を克服するべきかなど、細かく指導してくれるでしょう。

3.会社創業!顧問税理士を付けるタイミングは?

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?

前述の通り、税理士に依頼できる業務は沢山あります。

税理士は決算だけでなく、会社創業時の手続き代行や創業資金の調達方法についてアドバイスを行ってくれます。創業時、税理士に相談することで事業に専念し安定した会社経営をすることができるでしょう。

決算期に税理士に相談しようとしても、税理士が最も多忙な決算期に業務を依頼してもお断られる可能性もあるので注意が必要です。

顧問税理士は創業時に依頼することが最も良いと言えるでしょう。

4.自分にあった税理士を見つけよう

創業時に自分に合う税理士を見つけることはとても大切です。

税理士にもそれぞれ得意分野があり、融資に精通した税理士などもいます。

創業時の状況に合わせて信頼できる税理士を選ぶことで、会社経営における良いパートナーになってくれるでしょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

創業時の税理士顧問契約は必要なのか?顧問契約するとどんなメリットが?