自分に合う税理士の選び方とは?

自分に合う税理士の選び方とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

自分達ではなかなか厄介な税金の事ですが、税金に関する専門的なことを行うのが税理士の方です。

個人的に税理士を付けている方もいれば、会社に税理士を付けている方も多く見かけます。

税理士にお願いすると言っても、どのような税理士がいいのか、お願いするなら信頼できる人がいいと思うのは普通の事です。

今回は、自分に合う税理士の選び方についてご説明します。

1.税理士って?

税理士は簡単に言うと「税金のプロ」です。

税金に関する国家資格を持っているため、会社経営者は会社の面倒な税金関係を税理士の方にお願いしているところがほとんどです。

税理士は私たちが納税をしなければいけない多くの税金や税金に関する複雑な法律も把握しているため、スムーズに納税を行えるように助けてくれるのです。

税金に対して無知な人でも、税理士にお願いをすることで自分たちが後々痛い目を見ないように助けてくれるのは、有難いことです。

ですが、税理士だったら誰でもいいのかというと、そうではありません。

数ある税金の種類で、税理士にも得意な分野と不得意な分野はあります。

自分に合う税理士を選ぶには、自分自身がまず何を求めているのか、この人だったら信頼できる、という判断が大切です。

自分に合う税理士を見つけるためのポイントをいくつかお教えします。

2.自分に合う税理士の選び方

自分に合う税理士の選び方とは?

Ⅰ.直接会い話をする

お願いする税理士には直接会うようにしましょう。

事務所があるのであれば、その事務所に直接行き、事務所の雰囲気等やスタッフの様子を目で見ることも大切です。

税理士や事務所の様子から感じ取れることもたくさんありますので、面倒とは思わずに直接足を運ぶようにしましょう。

Ⅱ.相性の良さ

今後関わっていくのだから、話しやすさは重要です。

税金の事だけでなく、世間話や趣味の話も気軽にできるような関係になれることが理想ですが、まずは第一印象で持った自分の感覚は大事にした方がいいでしょう。

Ⅲ.対応の早さ

こちら側が連絡した内容に、どのくらいの速さで返信が来るのか、対応をしてくれるのかを注意して見ておいた方がいいでしょう。

例えば連絡をしても24時間以内に何も返信が無いとなると、税理士側が現状忙しい状態で、緊急時でも対応をしてもらえないという恐れがあるのです。

そうならない為にも、最初に会う約束の段階で対応の速さを見抜くことが大切です。

Ⅳ.説明の内容

税理士にお願いするにあたって必要となる費用をきちんと説明してくれる税理士の方を選びましょう。

中には金額のみを言い、詳細は言わない、といった方もいますが、お金に関わることなので、説明を受け、こちらが理解できるように分かりやすく説明をしてくれる税理士を選ぶ方がいいでしょう。

3.選ばれる税理士はそれなりの人脈がある

多くの業種と関りがある税理士だからこそ、選ばれている税理士ほど多くのつながりがあることは確かです。

例えば、自分が困っていることを相談し、税理士のつながりの中で力になる人を紹介してもらえることにも繋がります。

選ばれているからこそ、広い人脈を持ち、紹介してもらった人も信頼できます。

税金以外で困っていることがあれば、税理士に相談してみるといい情報を得られるかもしれません。

自分に合う税理士の選び方とは?

4.資金調達に詳しい税理士

中小企業の多くは、数年以内に融資を受けたい!と考えます。

節税も大切ですが、会社を存続させるためや、会社を大きくさせるためには、融資が非常に大事になってくるでしょう。

そのため、税理士を選ぶ際には、融資に詳しい専門家かどうかも確認しておくとよいでしょう。

まとめ

お願いするからには、自分に合う税理士を探すことが重要です。

話した感じの相性だったり、対応の速さだったり、中途半端に決めてしまうと後々自分が大変になることも少なくありません。

自分が痛い目に合わない為にも、税理士選びは慎重に行うようにしましょう。

資金調達に強い税理士もいれば、相続や所得税に強い税理士もおります。

相続が得意な税理士の見つけ方の記事もありますので、ぜひご参考にしてください。

損したくない方必見!相続専門税理士の正しい選び方とは?

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

自分に合う税理士の選び方とは?