3C分析って?その必要性と企業での活かし方について解説!!

3C分析って?その必要性と企業での活かし方について解説!!

「3C分析」と聞いて、意味を正確に説明できる方はいますでしょうか?

実は企業にとっては経営を進めていくうえで大切なことなのです。

今会社の業績に思い悩んでいる方は3C分析を使って新たな道を開くチャンスになるかもしれません。

今回は、あまり知られていない3C分析の意味と、その必要性と企業での活かし方について解説します。

1.3C分析って?

まず、3C分析の「3C」の部分をご説明します。

◆Customer―市場・顧客

◆Competitor―競合

◆Company―自社

3C分析の「3C」とは、上記の英単語の頭文字の「C」からきています。

多く読まれる読み方は「さんし―ぶんせき」です。

この3つの単語を見たら、なんとなく意味がお分かりいただけましたでしょうか?

3C分析というのは、外部の環境である「Customer」、競合の状況にいる「Competitor」、自社企業である「Company」の3つの観点から、自社が成功するためにはどうしたらよいか、という事を導き出すための分析方法の1つとして用いられているのです。

3C分析って?その必要性と企業での活かし方について解説!!

事業を成功させるためには重要な3C分析ですが、その必要性や実際に企業に活かすにはどうしたらよいかなど、あまり知られていないことが多いのが現状です。

次に3C分析の必要性についてご説明します。

2.3C分析の必要性について

3C分析を行うことで分かってくることというのが、事業が進んでいく方向性です。

本来でいうマーケティングの意味を、例えを出してご説明します。

まず、数多くある同じ掃除機でもその中から選ばれるように何らかの工夫をして商品として市場に出します。

そして自社の商品をお客さんに選んでもらい、売り上げを達成することが出来るようになる、というこの流れを作っていくことがマーケティングです。­

このことから「Customer=市場・顧客」「Competitor=競合」「Company=自社」の3Cの関係性を明らかにさせることが必要なのです。

会社内では分かりきれない外部の事が「Customer=市場・顧客」「Competitor=競合」、この2つに内部的な「Company=自社」を照らし合わせ、自社にとって何が必要となり、何が強みになっているのかが分かるようになるのです。

3C分析って?その必要性と企業での活かし方について解説!!

3.3つのCで確認すべきこと

ここで、3C分析を使い、結果を出すためには、3つのCでそれぞれ何を確認していったらいいのかを明確に把握しておきましょう。

 

3C分析って?その必要性と企業での活かし方について解説!!

3Cでそれぞれの目的を明らかにして分析を行っていくことで、解決できるポイントを定めることができ、方向性の統一を目指すという狙いがあります。

3C分析を行うとしてもなんとなく行うのでは、結局まとまらず、成功への糸口が見つかりません。

それぞれの観点で確認すべきことをしっかり押さえ、3C分析を行う必要があります。

4.3C分析の作成方法

いざ、やるとしても何から始めていいのか分からないという方もいると思います。

多くの企業が3C分析で用いるものが以下のようなテンプレートです。

3C分析って?その必要性と企業での活かし方について解説!!

このテンプレートは会員登録が必要ですが、ネット上から無料でダウンロードすることが出来るため、初めての方でも簡単に始めることが出来ます。

書式テンプレート

5.企業経営していくうえでの活かし方

企業が3C分析を用いる主な理由は、事業として戦っていく方法を企画する際に現在の状況や実際に起こっていることを詳しく正確に説明する為です。

事業が上手くいっていないとなれば、その原因を見つけ出すために「3C分析」を使ったり、新しい事業アイデアが浮かんだのなら、そのアイデアを進めていくことは本当に正しいのかどうかを確かめるために使ったり、利用方法は様々です。

知識として知っていても、実際の良さは使ったからこそ分かるものです。

企業が発展していく為の一つの方法として、活用できることには間違いありません。

まとめ

会社経営者であれば必ず、企業で働く一人としても知っておいてほしい「3C分析」ですが、やり方は企業によって様々です。

事業が上手くいっているのなら、更なる発展を目指し、上手くいっていないのなら、その原因を見つけ出すための一つの方法としても使うことができます。

多くの情報を一つに絞り、その先でやるべきことを発見し、会社のレベルアップを目指しましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績400件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWTVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

融資を受けやすくする方法とは?

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

3C分析って?その必要性と企業での活かし方について解説!!