日本政策金融公庫に見せ金は通用するのか?

日本政策金融公庫に見せ金は通用するのか?

融資を受ける際に、見せ金でも融資を受けられると、簡単に考えている方は意外と多いのではないでしょうか? 見せ金でお金を借りることができるのでしょうか?

1.見せ金でお金を借りることはできるのか?

日本政策金融公庫から融資を受けられるかどうかは、自己資金の有無で大きく左右します。自己資金がほぼゼロの方は、融資を受けられる可能性が非常に低いです。 自己資金が少ないと、融資を受けにくいことをわかっている方が、見せ金を使って融資を受けようと考えます、では、見せ金で融資を受けられるのでしょうか?

見せ金で融資は受けられるのか!?イラスト

《見せ金の代表例》

見せ金と疑われる例

今まで通帳には、ほとんどお金がなかったにも関わらず、急に通帳に200万円のお金が入金されました。 この200万円は、誰かに一時的に借りたのでは?とみなされる可能性が高いため、自己資金として認められません。 日本政策金融公庫の融資担当者もどんなケースであれば、見せ金の可能性が高いかのデータを保有しております。 皆さんが安易に思いついた方法で騙せるほど銀行も馬鹿ではありませんので、基本的に見せ金では、お金を借りられないと考えましょう。

2.見せ金かどうか、判断が難しいケース

通帳には、200万円程度の貯金がある方があります。その方はさらに、500円玉貯金をして、現金で200万円を貯めました。 この200万円を通帳に入金した場合には、この200万円が一時的に誰かにもらったのか、それともご自身で貯めたのかを判断するのは難しいでしょう。

その方の毎月の収入を見て、毎月500円玉貯金で貯められそうな方であれば、自己資金に認められることもあります。 手元現金が自己資金に認められる可能性もありますが、ちゃんと自己資金だ!と主張できるように、通帳に毎月お金を貯めていくことをオススメします。 貯金箱でお金を貯めている方も、定期的に通帳に入金しておくべきでしょう。

コツコツ貯金を見せ金と思われないための対策

注意点

通帳にお金がほとんどない方が、500円玉貯金で100万円貯めた!と主張しても自己資金として認められない可能性が高いです。 500円玉貯金できる方であれば、多少のお金は通帳に入っているだろう!と判断するケースがほとんどだからです。

3.最も評価される自己資金の貯め方は?

3年後に開業しようと考え、3年間で180万貯めようと考えたとします。 毎月5万円を貯金し、3年で180万円を貯めた方が最も評価が高いです。 言い方を変えれば、計画的に、毎月少しずつお金を貯めてきた方が最も評価されるということです。

4.自己資金の何倍まで借りられるのか?

自己資金で受けられる融資の最大金額

以前は、制度上、自己資金の2倍までしかお金を借りることが出来ませんでした。 現在は、制度が変更し、最大で、自己資金の9倍までお金を借りることができます。 100万円の自己資金を貯めた方は、最大で900万円まで借りられます。 しかし、9倍まで借りるのは非常に難しいことですので、自己資金の2倍から5倍が平均的に借りられる額だと思っておいてください!

まとめ

見せ金で融資は受けられないイラスト

見せ金で、日本政策金融公庫からお金を借りられるのかをご説明しましたが、基本的に、見せ金は通用しません。お金を借りたいのであれば、早めに計画を立てて、自己資金を少しずつためていきましょう!!

お知らせ

日本政策金融公庫に見せ金は通用するのか?