ファクタリングと手形割引の違いとは

ファクタリングと手形割引の違いとは
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

ファクタリングは一時的な資金調達方法ですが、手形割引と混同されやすいです。今回の記事では、ファクタリングと手形割引の違いを解説します。

ファクタリングとは

自社が取引先の会社に対して、サービスや商品を販売した際、そのサービスや商品に対してお金が支払われます。ですがこのお金がすぐに支払われることは少ないのです。このように、「支払いが決まっているがまだ回収できていないお金」のを売掛金と言います。

ファクタリングと手形割引の違いとは

ファクタリングは、この売掛金をファクタリングサービスを行っている会社が買い取り、取引会社の代わりに、自社に対してお金を支払うというサービスです。

まだ取引先からお金が支払われておらず、手元に現金がない場合に、ファクタリング会社を利用し手数料を払うことによってすぐに現金化にすることができます。また、取引会社から支払われるはずのお金は、ファクタリング会社が買い取っているため、取引会社の倒産等がない限り、ファクタリング会社が損をすることもありません。

ファクタリングと手形割引の違いとは

手形割引とは

手形割引を説明する前に、まず手形(約束手形)を理解しましょう。手形は、自社が取引先へ行ったサービスや商品について、取引先が現金の代わりに渡すものを言います。この手形に記されている期日を過ぎた後に、金融機関等で手形を現金化にしてもらいます。いわゆる、引換券のようなものになります。ここで間違えてはいけないのが、小切手と手形の違いです。

小切手はすぐに現金化できますが、手形は記載されている期日を過ぎなければ現金にすることはできません。

ファクタリングと手形割引の違いとは

次に手形割引についてのご説明です。

手形を記載されている期日前に現金にしたい場合、その手形を金融機関や銀行、手形割引を専門的に行っている業者へ持っていき、手数料や利息を支払い、現金に換金してもらう事を指します。換金してもらう手形は、取引先からお金を支払われていない状態のものなので、金融機関側は手数料や利息を割り引いた金額のみを支払うことになり、その為手形割引と言われていて、実際に現金化される金額は、手形に記載された金額よりも少なくなります。

ファクタリングと手形割引の違いとは

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングと手形割引は、「早く現金にしたい」という目的は一緒で、一見同じサービスのようにも思えますが、実は全く別ものです。次にファクタリングと手形割引の違いについて、より詳しく説明します。

返済の義務

ファクタリングと手形割引との間で、一番の違いがこの「不渡りのリスク」です。取引先が何らかの理由で倒産やお金を支払えないとなった時に、自社も責任を負うことになるのが、手形割引です。その理由として、手形割引の扱いが金融機関からすると融資扱いになっているからです。取引先が倒産をしたら、手形はただの紙にしかなりません。手形の価値が無くなってしまったとしても、手形割引を利用していたら、金融機関から融資を受けている状態、つまり自社には返済の義務があるのです。

それに比べて、ファクタリングは売掛金をファクタリング会社が買い取っているため、自社が返済をする必要がありません。この場合、損をするのはファクタリング会社になります。

審査

審査に関して、ファクタリングよりも手形割引の方が審査面で問題があります。これも、手形割引が融資として扱われているためです。取引先が倒産等でお金を支払えないとなった場合に、返済を行うのは自社です。そのため、自社に返済できる能力・保証能力があるのかどうかの判断がされます。

この審査で重要視される点は、債務超過や赤字決算等の問題の有無です。

それに比べてファクタリングは売掛金(取引先)が信頼できるものかどうかに重点を置き、審査を行います。自社の経営状況等を重要視しているわけではなく、取引先が倒産をしてしまって、損をするのはファクタリング会社になるため、どちらかと言うと、取引先の信頼性が重要視されることになります。

時間

ファクタリングと手形割引の違いで実際に現金化にするまでの時間も変わってきます。

ファクタリングで現金化を行う場合は、早ければ申し込んだその日に審査・融資が可能な業者も存在します。現金が欲しい自社にとっては早ければ早いほど嬉しいものはありません。

手形割引に関しても、既に行ったことがある、定期的に行っている、という場合には、時間をかけずに現金化することは可能ですが、初めて金融機関を通して手形割引を利用する場合に限り、自社や取引先の審査があるため、早くても2週間がかかると見ておいた方がいいでしょう。

ファクタリングを利用するには?

何から始めたらいいのか、どのくらいの金額を資金調達できるのか、分からない方も多いかと思います。まずは、お問い合わせ頂き、実際に調達できる資金がどのくらいなのか、手数料がどのくらいかかるのか、確認してみるのも手です。

ファクタリングと手形割引の違いとは

まとめ

、ファクタリングは一時的な資金調達方法として利用以外ではおすすめできません。ファクタリングの利用には10%以上の手数料がかかることや、悪徳業者の存在もあり、しっかり見極めてから利用することが重要です。どうしても現金化したい場合に限り検討ください。当サイトと提携しているOLTAのクラウドファクタリングでは、低い手数料での利用が可能、かつ、大手メガバンクとの提携も行っているため、ファクタリングの利用をお考えの方は是非ご相談ください。

ファクタリングと手形割引の違いとは

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

ファクタリングと手形割引の違いとは