ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

ファクタリングというのは一時的な資金調達方法として注目を集めています。その一方で手形割引との違いにイマイチ気付いていない人も多く存在します。

今回は、話題にもあるファクタリングと手形割引の違いをご説明していきます。

1.ファクタリングって?

自社が取引先の会社に対して、サービスや商品を販売した際には、そのサービスや商品に対してお金が支払われます。ですがこのお金が支払われるのは、取引先の都合や経理のスケジュール上一カ月後などのように、すぐに支払われることは少ないのです。この、支払いが決まっているが、まだ回収できていないお金のことを「売掛金」と言います。

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!

ファクタリングというのは、この売掛金をファクタリングサービスを行っている会社が買い取り、取引会社の代わりに、自社に対してお金を支払うことでサービスが成立しています。

自社がまだ取引先からお金が支払われておらず、手元に現金がない場合に、ファクタリング会社を利用し手数料を払うことによってすぐに現金化にすることができる、また、取引会社から支払われるはずのお金は、ファクタリング会社が買い取っているため、取引会社の倒産等がない限り、ファクタリング会社が損をすることもありません。

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!

2.手形割引って?

手形割引をご説明する前に、まず手形(約束手形)というのは、自社が取引先へ行ったサービスや商品について、取引先が現金の代わりに渡すものを言います。この手形に記されている期日を過ぎた後に、金融機関等で手形を現金化にしてもらいます。いわゆる、引換券のようなものになります。ここで間違えてはいけないのが、小切手と手形の違いです。

小切手というのは、すぐに現金にすることができますが、手形は、記載されている期日を過ぎなければ現金にすることはできません。

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!

手形についてご理解いただいたところで、次に手形割引についてのご説明です。

手形を記載されている期日前に現金にしたい場合、その手形を金融機関や銀行、手形割引を専門的に行っている業者へ持っていき、手数料や利息を支払い、現金に換金してもらう事を指します。換金してもらう手形は、取引先からお金を支払われていない状態のものなので、金融機関側は手数料や利息を割り引いた金額のみを支払うことになり、その為手形割引と言われていて、実際に現金化される金額は、手形に記載された金額よりも少なくなります。

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!

3.ファクタリングと手形割引の違い

ここまでのご説明で、「早く現金にしたい」のように、目的が一緒で、一見同じサービスのようにも思えますが、実は詳しく見ていくと全く別のものなのです。次にファクタリングと手形割引の違いについて、より詳しくご説明します。

返済の義務

ファクタリングと手形割引の中で、一番の違いというのがこの「不渡りのリスク」です。取引先が何らかの理由で倒産やお金を支払えないとなった時に、自社も責任を負うことになるのが、手形割引です。その理由として、手形割引の扱いが金融機関からすると融資扱いになっているからです。取引先が倒産をしたら、手形はただの紙にしかなりません。手形の価値が無くなってしまったとしても、手形割引を利用していたら、金融機関から融資を受けている状態、つまり自社には返済の義務があるのです。

それに比べてファクタリングは、売掛金をファクタリング会社が買い取っているため、自社が返済をする必要がありません。この場合、損をするのはファクタリング会社になります。

審査

審査に関して、ファクタリングよりも手形割引の方が審査面で問題があります。これも、手形割引が融資として扱われているためです。取引先が倒産等でお金を支払えないとなった場合に、返済を行うのは自社です。そのため、自社に返済できる能力・保証能力があるのかどうかの判断がされます。

この審査で重要視される点というのが以下の通りです。

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!

これらの問題がある場合は、手形割引を取り扱ってもらえない可能性が高くなります。

それに比べてファクタリングは売掛金(取引先)が信頼できるものかどうかに重点を置き、審査を行います。自社の経営状況等を重要視しているわけではなく、取引先が倒産をしてしまって、損をするのはファクタリング会社になるため、どちらかと言うと、取引先の信頼性が重要視されることになります。

時間

ファクタリングと手形割引の違いで実際に現金化にするまでの時間も変わってきます。

ファクタリングで現金化を行う場合は、早ければ即日可能なところも存在します。現金が欲しい自社にとっては早ければ早いほど嬉しいものはありません。

手形割引に関しても、既に行ったことがある、定期的に行っている、という場合には、時間をかけずに現金化することは可能ですが、初めて金融機関を通して手形割引を利用する場合に限り、自社や取引先の審査があるため、早くても2週間がかかると見ておいた方がいいでしょう。早く現金化したい自社にとっての2週間は、長く感じるかもしれません。

4.ファクタリングを利用するには?

いざ、ファクタリングを利用したい!と思っても、何から始めたらいいのか、どのくらいの金額を資金調達できるのか、分からない方も多いかと思います。まずは、お問い合わせ頂き、実際に調達できる資金がどのくらいなのか、手数料がどのくらいかかるのか、確認してみることが大切です。

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!

まとめ

手数料はかかるものの、早い現金化を狙う会社にとってファクタリングは有難いサービスです。また、内容が似ている手形割引と比べてみても、ファクタリングの方が利用後の価値が高いという事も分かりました。

しかし、覚えておいて欲しい点が、ファクタリングは一時的な資金調達方法としてのご利用以外ではおすすめできないという事です。ファクタリングの利用には10%以上の手数料がかかることや、悪徳業者の存在もあり、しっかり見極めてから利用することが重要です。どうしても現金化にしたい、どうしても資金が必要だ、という場合に限りご検討ください。当サイトと提携しているOLTAのクラウドファクタリングでは、低い手数料での利用が可能、かつ、大手メガバンクとの提携も行っているため、ファクタリングの利用をお考えの方は是非ご相談ください。

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!

株式会社SoLaboがあなたの事業をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

ファクタリングと手形割引の違いとは??分かりやすく解説!