創業するために身につけておくべき基礎知識をご紹介

創業するために身につけておくべき基礎知識をご紹介

創業する方は、お金を借りる方法や、倒産しないようにするためには、何が必要なのか、銀行口座は1つで良いのか、など様々な知識を必要にしているでしょう。 この記事では、創業するために身につけておきたい様々な知識をご紹介していきます!

目次

1.初めて融資を受ける方にとって重要な知識

(1)創業時に最もお金を借りている方が多い金融機関ってどこ?

民間の金融機関と政府系金融機関

創業してから初めてお金を借りる場合は、『日本政策金融公庫』という金融機関でお金を借りる方が最も多いです。日本政策金融公庫という名前を今まで聞いたことがないと言う方もいると思います。 日本政策金融公庫とはどのような金融機関なのでしょうか?

日本政策金融公庫の説明

日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

(2)日本政策金融公庫で創業融資を受ける場合、どの制度を利用すべき?

創業時に日本政策金融公庫からお金を借りる場合には、『新創業融資制度』と『中小企業経営力強化資金』という制度のいずれかを利用してお金を借りるのですが、それぞれどのような制度なのでしょうか?

新創業融資と中小企業経営力強化資金

詳細は、下記をご参照ください。

日本政策金融公庫の新創業融資制度とは?

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

(3)初めてお金を借りる場合どれくらいお金を借りられるのかご説明致します。

最大の融資可能額

初めてお金を借りる場合には、自己資金の2倍から5倍程度借りられるのが一般的です。

詳細は、 初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる?

(4)日本政策金融公庫でお金を借りるのは簡単なのか?

日本政策金融公庫は審査が甘いと言われておりますが、その噂って本当なのでしょうか?

日本政策金融公庫の審査は甘いという噂は本当か?

(5)見せ金を自己資金にしてお金を借りることってできるの?

見せ金は通用しません

見せ金とは、他人から一時的にお金をもらい、融資が通ったらすぐに返金する予定のお金ですが、見せ金がいくらあったとしても基本的にお金を借りることはできません。

日本政策金融公庫に見せ金は通用するのか?

(6)日本政策金融公庫でお金を借りられない方はどんな人?

借りれる人と借りられない人

日本政策金融公庫はお金を借りやすいと言われておりますが、もちろん借りられない方もおります。では、どんな方がお金を借りられないのでしょうか?

日本政策金融公庫の融資に失敗する方の特徴は?

(7)お金を借りる際に、返済期間や据置期間はどのように決めればよいの?

融資を受ける場合、借入期間と据置期間は、しっかり検討して決めるべきでしょう。 どのように決めればよいのかを下記サイトでご説明致します。

借入の返済期間や据置期間は、どうやって決めるべき?

(8)登記場所がレンタルオフィスや自宅でもお金は借りられるの?

登記の場所

日本政策金融公庫からお金を借りる場合には、レンタルオフィスや自宅であってもお金は借りられます。

詳しくは、 自宅や、レンタルオフィスで会社の登記しても融資は受けられるのか?

2.独立するなら知っておいたほうがよい知識

(1)個人で独立する場合、税務署にどんな資料を提出すればよいの?

税務署の書類

個人で独立開業する場合には、税務署に提出しなければならないものがあります。

詳細は、 個人事業主として、独立する場合、税務署に何を提出すればよいの?

(2)個人事業主は、確定申告のためにどんな資料を集めておけばよいの?

個人で独立した場合には、毎年1月1日から12月31日までの資料を集め、翌年の2月16日から3月15日までに確定申告をしなければなりません。では、確定申告するためはどんな資料を集めておけばよいのでしょうか? 個人は確定申告のためにどんな資料を集めればよいのか?

(3)開業費用を少しでも安くなるための工夫の仕方は?

独立する際に、初期投資が多くなる業種もあるでしょう。経営者は独立当初、使うお金を少しでも減らす努力をしている方が多いです。では、開業費用を抑えるためにどのようなことをしているのでしょうか?

詳しくは、 開業費用を抑えるために、経営者がやっていることは何か?

(4)起業したら通帳は3つ合ったほうがよいってご存知ですか?

通帳は3つ

起業した際に、通帳を1つしか作らない方がいらっしゃるようですが、運営していくにあたって、絶対に3つ合った方が良いです。

詳しくは、 起業してから、銀行口座は3つあったほうが良い?

(5)要件満たせばもらえる助成金の存在をご存知でしょうか?

助成金と補助金

お金を借りた場合には、もちろん返済しなければなりませんが、助成金はお金をもらえて返さなくて良いものになります。国から貰えるお金の知識を身につけましょう。

詳しくは 要件満たせばタダでもらえる助成金をご存知でしょうか?

(6)最低賃金をご存知ですか?守らないと罰金50万円?

開業した際に、バイトを雇う方のいらっしゃると思いますが、最低賃金以下で雇用した場合には、最大で50万円の罰金を支払う可能性があることをご存知でしょうか? 罰金を支払わないためにも、最低賃金を把握しておきましょう。

平成29年6月減税の東京都の最低賃金

詳しくは、 最低賃金を守らないと罰金50万円の可能性も?

(7)従業員の食事代は、全額経費にしてもよいの?

従業員の食事代は、全額経費にならない可能性があります。

詳しくは 従業員の食事代は、全額経費になるのか?

(8)会社設立した場合のメリットとデメリットとは?

会社設立しようと検討している場合には、メリットとデメリットを正確に把握しておく必要があるでしょう。

詳細は、 会社設立のメリット8個とデメリット5個

(9)倒産しないために確認しておくべき知識とは?

倒産しないためには、10のチェックしておくべきポイントがあることをご存知でしょうか?

詳しくは、 倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

(10)1度でもお金を借りておくと、2回目の融資が楽になります

1回でも融資を受けることで会社の信頼度があがり、融資を受けやすくなるということをご存知でしたでしょうか?

詳しくは、 融資を受けることで会社の信頼度があがるという噂は本当か?

3.社会保険料削減テクニックをご紹介します。

法人を設立した場合には、社会保険に加入義務があります。社会保険料は会社も負担しなければなりませんで、少しでも安くしたいと考える方も多いでしょう。 少しでも社会保険料を安くしたい方のために、削減テクニックをご紹介致します。

関連記事

4月から6月の給与に一工夫するだけで社会保険料削減可能!

パート社員を上手に雇用することで、社会保険料が大幅削減

常勤役員を非常勤役員にするだけで、社会保険料が削減に!

残業代を固定給に含めるだけで、社会保険料削減に!?

入社日は月初、退職日は月末前日にするだけで社会保険料削減

個人事業は、法人を設立すれば社会保険料が削減できる

70歳以上を雇用して、社会保険料を削減するテクニックとは?

100円の給与削減で月数千円の社会保険料の削減方法公開

まとめ

創業する際に知っておくと役に立つ情報をまとめましたがいかがでしたでしょうか? 知らなければ損する情報もあったと思いますので、定期的に確認してください。 この記事も、もっとボリュームを増やして有用な情報を定期的にUPしていく予定です。

お知らせ

創業するために身につけておくべき基礎知識をご紹介