借りられる時に資金を借りておくことの重要性を解説

借りられる時に資金を借りておくことの重要性を解説
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
お客様の融資支援実績は、累計4,500件以上(2021年7月末現在)
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

起業してすぐは「お金を借りる」選択肢はなかなか思い浮かばないかもしれません。お金を借りることにあまり良いイメージがないという方もいらっしゃるでしょう。

「借りる必要ができたら借りればいい」と多くの方が考えていますが、借りる必要ができた時には借りられない状況になっている可能性があるのです。

では、お金を借りやすいタイミングはいつなのでしょうか?

創業してすぐの融資

日本政策金融公庫で融資をご検討されているのであれば、「創業してすぐ」が借りやすいタイミングです。

創業直後で重要視されるポイントは過去の経験と自己資金の有無です。

もちろんそれ以外にも必要なことはありまし、上記が揃っていても、融資を受けることが難しい場合もあります。

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?

創業してすぐの場合、予測で話をすすめていくことが出来ます。しかし、創業半年から1年程度の期間が経過していると、売上等の会社の業績を面談時に把握されてしまいます。

融資の面談では必ず直近半年間の通帳を確認します。通帳をみれば売上がどうなっているかすぐにわかってしまいますね。

毎月、ほとんど売上が上がっておらず、資金が少なくなってきたことを理由に融資を申し込む場合には融資を受けられる可能性が見込みにくい傾向です。

借りられる時に資金を借りておくことの重要性を解説
業績がよい会社であればいつでも融資は受けられます。しかし、業績が悪くなってからお金を借りたいと考える方が大半です。

まとめ

将来、何が起きるかは予測することができず、どのタイミングで資金が必要かも予測不可能です。一方で、何か起きてからではお金を借りられませんので、創業後早めに融資を受けておくことが大事だということを覚えておきましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

借りられる時に資金を借りておくことの重要性を解説