お金は、借りられる時に借りておくことが一番大事です!

お金は、借りられる時に借りておくことが一番大事です!

起業後、お金は借りたくなったら、借りればよいとお考えの方も多いと思いますが、借りたくなった時には借りられない状況になっている可能性もあります。 そのため、借りられる時に借りることが最もオススメです。  

1.お金は創業時が借りやすい!

創業してすぐにお金を借りる場合には、過去の経験値と自己資金があればお金を借りやすいです。 融資を受けにくい方についてはこれに当てはまると融資を受けることは厳しい?をご参照ください。 上記の記事に該当していなければ、創業してすぐであれば、高い確率で日本政策金融公庫から融資を受けることができます。

2.創業から業績が悪い状態だと.融資を受けにくい!

創業してすぐであれば、すべて予想で話ができるので融資を受けやすいのですが、創業して半年から1年程度期間が経過していると毎月の売上がどれくらいなのか、融資を受ける際の面談時に把握されてしまいます。 融資の面談の際には、直近半年の通帳を見られますので、どれだけ売上があるのかがすぐバレてしまいます。 毎月ほとんど売上が上がっておらず、資金が少なくなってきたことを理由に融資を申し込む場合、融資を受けられる可能性が非常に低くなります。

3.業績が良ければいつでも融資は受けられる

当たり前の話ですが、業績がよい会社であれば、いつでも融資は受けられます。しかし、業績が悪くなってからお金を借りたいと考える方が多いのが現在の状況です。

まとめ

将来、何が起きるかわかりません。何か起きてからではお金を借りられませんので、早めに融資を受けておくことが大事だということを覚えておきましょう!

関連記事

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

開業前に融資を受けるためのチェックリスト

お知らせ

お金は、借りられる時に借りておくことが一番大事です!