ティーチングとコーチングの違いとは?

ティーチングとコーチングの違いとは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

皆さんはティーチングとコーチングの違いをご存知でしょうか?両方似たようなものだと認識している方が多いのではないでしょうか。実はこの2つ、特徴や指導に活かせるシチュエーションに違いがあります。今回はティーチングとコーチングの違いについて説明します!

1.そもそもティーチング・コーチングとは

ティーチングとは、知識・スキルを持っている者が、一方的に相手に知識・スキルを教えることです。基本的な知識・スキルを相手に身につけさせるには、効果的な方法です。

一方コーチングとは、知識・スキルを持っている者でもすぐに教えたりせず、相手との対話を通じて、相手自身が考え・アイデアに気づき、自ら行動するように促すことです。相手の持っている能力を引き出すには、効果的な方法です。

それぞれのメリット・デメリットはこちらです。

ティーチングとコーチングの違いとは?

2.こんな時はティーチングorコーチング

ティーチング・コーチングのメリット・デメリットを知ったうえで、状況に合わせて使い分けることが大事です。

★こんな時はティーチング!

ティーチングとコーチングの違いとは?

・新人に基本的な知識(パソコンスキル等)を教える

・会社のルールなどを守ってもらいたいとき

・緊急な状況のとき

★こんな時はコーチング!

ティーチングとコーチングの違いとは?

・部下が自信をもって自発的に行動できるようになってもらいたいとき

・ある程度能力が備わってきた部下を、さらに成長させたいとき

・部下の持っている能力・個性を活かしてみたいとき

★ティーチングとコーチングの二刀流

またティーチングとコーチングの二刀流をする(2つの特徴を活かす)ことができます!

〈例〉

会社のルールなどを教えた(ティーチング)あとに、「どうしてこのようなルールが必要だと思う?」というように問いかける(コーチング)。

→→相手が会社のルールを身につけられるだけでなく、「ルールを守ろう」という意識が生まれやすい。

 

まとめ

ティーチングとコーチングは一見似ていると思われがちですが、特徴や活かせるシチュエーションが異なります。ティーチングとコーチングそれぞれの特徴を上手く指導に活かせると、相手との信頼関係を強めることができます。ぜひティーチングとコーチングを意識して、指導してみましょう!

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

ティーチングとコーチングの違いとは?