今話題のクラウドファンディング。起業を目指す人にとってのデメリットとは?

今話題のクラウドファンディング。起業を目指す人にとってのデメリットとは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

クラウドファンディングとは、実現したいプロジェクト・アイデアを公開し、多くの人々(支援者)から実現するための資金を集めることです。インターネットで資金調達ができること・クラウドファンディングで資金調達した映画の大ヒットにより、最近さらに注目されるようになりました。

起業を目指す方でも、クラウドファンディングを活用してみたいと考えている方はいるのではないでしょうか?

しかし、クラウドファンディングにもデメリットは存在します。今回は、起業を目指す方向けのクラウドファンディングのデメリットについてご説明します!

1.クラウドファンディングのデメリット

今話題のクラウドファンディング。起業を目指す人にとってのデメリットとは?

①資金調達の時間がかかる

創業融資の場合、融資実行される期間は約1か月。一方、クラウドファンディングはプロジェクトの申込から入金されるまで約4~5か月かかると言われています。

そのためクラウドファンディングで資金全部を調達しようとするのではなく、資金の一部を調達するつもりで行うのが賢明です。

②支援者に対する管理が大変

クラウドファンディングは、プロジェクトの支援者に対してリターン(支援してもらった感謝の証としての商品・サービス・お金など)をあげる仕組みになっているものが多いです。そのためリターンの発送振込・支援者の個人情報等の管理もしっかり行わなければならないことも、念頭に置きましょう。

③プロジェクトが失敗した場合、返金等の対応に追われる

クラウドファンディングで資金が集まったとしても、プロジェクトが失敗することも充分にあり得ます。プロジェクトに失敗した場合、返金をする等の対応をとらなければならないこともあります。

アイデアが良くても、技術的に実現できないようなプロジェクトであれば失敗します。

プロジェクトの成功・支援者からの信頼を得るためにも、プロジェクトの計画は実現可能なもので・綿密にたてていきましょう。

④アイデアが盗まれやすい

クラウドファンディングでは、実現してないアイデアを使用したプロジェクトを公開することになります。

さらに一度公開したプロジェクトは、実現しなかった場合もWeb上でずっと残ります。

そのため、他人にアイデアが盗まれてしまう可能性が高いです。

大事な自分のアイデアを守るためにも、特許申請をしてみる等の対策をとりましょう。

 

まとめ

クラウドファンディングは、画期的なアイデアと綿密な計画・そしてプロジェクトを最後までやり遂げる責任感があれば、とても効果的な資金調達方法です。

誰かが成功したから・流行りだからと言って、すぐにクラウドファンディングを利用してみるのは良くありません。

クラウドファンディングの仕組み・メリットデメリットをよく理解し、自身のやりたい事を実現させるのに最適な方法であるかどうかを判断し、活用しましょう!

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

今話題のクラウドファンディング。起業を目指す人にとってのデメリットとは?