クラウドファンディングとは?メリットとデメリットを知って計画的に資金調達しよう!

クラウドファンディングとは?メリットとデメリットを知って計画的に資金調達しよう!
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

クラウドファンディングとは、実現したいプロジェクト・アイデアを公開し、多くの人々(支援者)から実現するための資金を集めることです。

東日本大震災における被災地復興事業への資金集めや、映画「この世界の片隅に」の大ヒットにより、新たな資金調達方法として注目されるようになりました。さまざまなジャンルのプロジェクトがあるので、この記事を読んでいるあなたも1度は参加者として支援したことがあるかもしれません。

今回の記事では、まずクラウドファンディングを実施する前に、必ずおさえておくべきメリットとデメリットの両方を紹介していきます。
クラウドファンディングを成功させるためにも、しっかり要点を確認していきましょう!

1.クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、自身で考えたプロジェクトなどに対し支援者を募ることで資金を集め、実行していく方法です。

クラウドファンディングは企業・団体だけでなく一個人でも実行者として資金を募ることができます。日本国内でもクラウドファンディングの存在はある程度定着し、さまざまなクラウドファンディング運営会社が存在します。

運営会社によって得意分野(映画・社会貢献・クリエイティブ系など)や規模(地域・国内・海外)が違いますので、プロジェクトにあったクラウドファンディング運営会社を選ぶことが重要です。

2.クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは大きく以下の3種類に分けられます。

すべてのクラウドファンディングでリターンがあるわけではない点を覚えておきましょう。

寄付型クラウドファンディング
購入型クラウドファンディング
金融型クラウドファンディング

《寄付型クラウドファンディング》

プロジェクトに対して、支援者がお金を寄付をする仕組みのクラウドファンディングです。

一般的な寄付と同じように、基本的には支援者への金銭・物品・権利などのリターンはありません。

《購入型クラウドファンディング》

支援者に対して、リターンとして物品・権利を与えるクラウドファンディングです。
「購入型」と言われるように、支援者はリターンとして設定された商品やサービスなどを購入するような感覚で起案者を支援します。金融型クラウドファンディングのような金銭的なリターンはありません。

今回の記事では購入型クラウドファンディングを行うことを前提に説明していきます。

《金融型クラウドファンディング》

支援者に対して、プロジェクトの利益から配当として金銭的なリターンを行うクラウドファンディングです。

リターンの形式によって、「投資型クラウドファンディング」「融資型クラウドファンディング」「貸付型クラウドファンディング」などと呼ぶこともありますが、いずれも金銭的なリターンがあるという点では共通しています。

3.クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングのメリットとして、次の3点が挙げられます。

①融資に比べるとリスクが低い
②アイデアが良ければ、誰でもチャレンジしやすい
③プロジェクトのPRがしやすい

 

①融資に比べるとリスクが低い

資金調達の代表的な方法は、金融機関から融資を受けることです。

しかし、融資を受けるということは借入を行い、「借金を背負う」ということを意味します。

一方、クラウドファンディングはリターンとなる商品・権利を決め資金集めを行うので、借金を背負うことにはなりません。融資に比べると、リスクは低いと言えるでしょう。

②アイデアが良ければ、誰でもチャレンジしやすい

融資を受ける場合、自己資金や開業からの年数など、金融機関からさまざまな条件をチェックされ、最終的に審査に通過しなければ資金調達できません。

クラウドファンディングは特にこのような条件がなく、プロジェクトのアイデアが良ければ誰でもクラウドファンディングを利用できます。チャレンジする敷居が低いのが利点です。

③プロジェクトのPRがしやすい

クラウドファンディングの多くはインターネット上で行われ、プロジェクトの内容・活動を一般に公開して応募します。そのため多くの人へプロジェクトのPR(広報活動)をしやすく、人々に認知されやすいのです。

4.クラウドファンディングのデメリット

一方、以下の4つのデメリットも存在します。

①入金までにある程度の時間がかかる
②支援者に対するリターンの管理が発生する
③プロジェクトが失敗した場合、返金等の対応に追われる
④アイデアが盗まれやすい

①入金までにある程度の時間がかかる

創業融資の場合、融資実行される期間は約1か月。一方、クラウドファンディングはプロジェクトの申込から入金されるまで約4~5か月かかると言われています。

そのためクラウドファンディングで資金全てを調達しようとするのではなく、資金の一部を調達するつもりで行うのが賢明です。

②支援者に対するリターンの管理が発生する

クラウドファンディングは、プロジェクトの支援者に対してリターン(支援してもらった感謝の証としての商品・サービス・お金など)をあげる仕組みになっているものが多いです。そのためリターンの発送振込・支援者の個人情報等の管理もしっかり行わなければならないことも、念頭に置きましょう。

③プロジェクトが失敗した場合、返金等の対応に追われる

クラウドファンディングで資金が集まったとしても、プロジェクトが失敗することも充分にあり得ます。プロジェクトに失敗した場合、返金をする等の対応をとらなければならないこともあります。

アイデアが良くても、技術的に実現できないようなプロジェクトであれば失敗します。

プロジェクトを成功させ、支援者からの信頼を得るためにも、プロジェクト実現に向けて綿密に計画を立てていきましょう。

④アイデアが盗まれやすい

クラウドファンディングでは、実現してないアイデアを使用したプロジェクトを公開することになります。

さらに一度公開したプロジェクトは、実現しなかった場合も削除しない限りはWeb上に残ります。

そのため、他人にアイデアが盗まれてしまう可能性が高いです。

大事な自分のアイデアを守るためにも、特許申請をしてみる等の対策をとりましょう。

5.クラウドファンディングの流れ

ここでは、クラウドファンディングの大まかな流れをご説明していきます。

クラウドファンディングとは?メリットとデメリットを知って計画的に資金調達しよう!

①申請

プロジェクトの目的や、集めたい資金の目標金額などを決め、クラウドファンディング運営会社に申請します。

②審査

クラウドファンディング運営会社による、プロジェクトに対する審査が行われます。

③準備・公開

プロジェクトを実行するためのサイト・ページ作成、リターンの設定・設計などの準備を行います。準備が整い次第、プロジェクトを公開します。プロジェクトを公開後はSNSなどでプロジェクトを告知していくなどの、多くの人に認知されるための活動を行っていく必要があります。

④目標達成・資金受け取り

資金の目標金額が達成されたら、資金を受け取ります。多くの運営会社では、集まった金額から運営会社に対する手数料を差し引いた金額を渡す形になっています。

資金はプロジェクトの公開期間が終了した翌月・翌々月末に入金されることが多いので注意しましょう。

⑤プロジェクトの実行・活動報告とリターン

集まった資金を利用して、プロジェクトを実行します。また支援者に対して、お礼としてプロジェクトの活動報告やリターンを行います。

クラウドファンディングはインターネットで手軽にプロジェクトに対する資金集めを行うことができます。そのため、最近では資金を集めるだけ集めてプロジェクトを実行しないというケースも増えているそうです。

支援者はプロジェクト実行を楽しみにお金という形で支援をしているので、資金が集まった場合は実行者としてプロジェクトを遂行し、成功させるという責任をしっかり果たしましょう。

まとめ

クラウドファンディングは、画期的なアイデアと綿密な計画、そしてプロジェクトを最後までやり遂げる責任感があれば、非常に効果的な資金調達方法です。

しかし、「誰かが成功したから」「流行りだから」と言って安易にクラウドファンディングを実行するのはやめましょう。

クラウドファンディングを検討されている方は、プロジェクト成功に向けてきちんと準備し、起案者として支援者にお返しするまで、責任をもって実行していけるかどうか今一度自分に問いかけてください。

クラウドファンディングの仕組みやメリット・デメリットをよく理解し、ご自身のやりたい事を実現させるのに最適な方法であるかどうかを判断し、活用しましょう!

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!







NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

クラウドファンディングとは?メリットとデメリットを知って計画的に資金調達しよう!