上司なら使い分けたい!部下を育てる効果的なティーチングとコーチング

上司なら使い分けたい!部下を育てる効果的なティーチングとコーチング
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

「なかなか部下への指導が上手くいかないな」と悩んでいる皆さん、もしかしたらティーチングとコーチングを上手に使い分けていないかもしれません!

部下によってティーチング・コーチングを使い分けないと、それぞれの良い効果が発揮できず、部下を成長させることができません。

今回はティーチング・コーチングの特徴・効果的な使い方について紹介します。

「そもそも、ティーチング・コーチングというものを意識したことがない」という方も、「ティーチング・コーチングを使い分けているつもりだけどな・・・」という方にも必見です!

1.ティーチング・コーチングとは

【ティーチング】

ティーチングとは、問題に対して、上司自身が持っている知識・ノウハウを「この問題の場合、こうやって解決させるといいよ。」「この方法をやってみたらどうか?」と、部下に教えることです。

上司なら使い分けたい!部下を育てる効果的なティーチングとコーチング

【コーチング】

コーチングは、問題を持つ部下に対して、上司はすぐに知識・ノウハウを教えることはしません。コーチングとは、上司が部下に「この問題について、どのように解決していきたいと思う?」「この問題を解決させるための大きなポイントは何かな?」と問いかけながら、部下自身で自分なりの答えを出せるようにすることです。

上司なら使い分けたい!部下を育てる効果的なティーチングとコーチング

 

2.こんな部下、状況にはティーチング・コーチング!

まずは、部下がどのくらいの知識やノウハウ・経験が身についているかを把握します。それから、ティーチング・コーチングのどちらを活用していくかを判断しましょう。

ティーチング編…

上司なら使い分けたい!部下を育てる効果的なティーチングとコーチング

ティーチングでのポイントは、上司は「これをやれ」と部下に押し付ける・命令するのではなく、『何を・どうやって・どうしてやるのか』を説明しながら教えていくことです!

また、上司自身の経験も織り交ぜながら話していくと、部下は教わった知識・ノウハウについて具体的なイメージをしやすくなり効果的です。

コーチング編…

上司なら使い分けたい!部下を育てる効果的なティーチングとコーチング

コーチングでのポイントは、「この問題に対して、君はどのように取り組んでいきたいと思う?」「この問題で、重要なことはなにかな?」など部下が自分自身で答えを出しやすくするような質問を、上司がすることです。

そして部下の答えを、上司はしっかりと最後まで聞きましょう!途中で「自分はこう考える」というように口を出してしまうと、せっかく芽生えた部下の自主性を失ってしまいます。

 

まとめ

ティーチング・コーチングを使い分け活用していく上で大事なのは、上司が部下のことを理解・把握していくことです。部下のことを把握し、ティーチング・コーチングを適切に活用していくことができれば、部下はさらに成長します。

ティーチング・コーチングの特徴を理解し、ぜひ明日から部下への指導に取り入れてみましょう!

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

上司なら使い分けたい!部下を育てる効果的なティーチングとコーチング