金利を軸としたカードローンの選び方

金利を軸としたカードローンの選び方
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

カードローンを提供している会社は複数ありますが、どこを利用するかの判断基準として多くの人が比較する項目が金利ではないでしょうか?金利は毎月の返済額にも影響するため、できるだけ低いところを利用したいと考える方が多いと思います。

しかし、金利だけで利用先を決めてしまっても問題ないでしょうか?

例えば、長期的にカードローンの利用を計画している場合には、金利を優先した方が良いと言えますが、短期利用であれば、即日現金借入の可否や借りやすさなどを基準にした方が良いと言えます。このように、利用状況によっては金利以外もきちんと比較することが大切です。

今回は、カードローンの金利について詳しく紹介します。金利以外に重視したい点がある方は、以下の記事も是非参考にしてみて下さい。

即日現金借り入れ向きのカードローン申し込み方法とは

低金利カードローンの注意点とカードローンを選ぶポイント

1.カードローンの金利の考え方

(1)そもそも金利とは

金利とは、借りたお金(元金)に対して1年間で発生する利息の割合のことを言います。利息とはお金を借りた際の手数料のようなイメージです。

利息は金額を示しているのに対して、金利は割合を示しているため%で表示されています。ちなみに、年利という表現を目にすることもあるかと思いますが、金利と年利は同じ意味でどちらも1年間の利率を示しています。

(2)金利は1年間の利息割合だが、利息は日数で計算される

金利は1年間で発生する利息の割合を示していますが、利息はお金を借りている日数で計算が行われます。つまり、借りたお金(元金)×金利÷365日×借りている日数によって利息を計算することが出来ます。

例えば、10,000円を金利18.0%で借りた場合、1年間で発生する利息額は10,000円×18.0%=1,800円ですが、返済期間を30日とした場合の利息は、10,000円×18.0%÷365日×30日=150円となります。金利が10.0%であれば、30日の利息は約82円です。

では、借りているお金(元金)が500,000円だった場合、金利18.0%の利息はどの程度になるでしょうか?

500,000円の利息は500,000円×18.0%=90,000円です。返済期間が30日ならば、500,000円×18.0%÷365日×30日=約7,400円となります。返済期間が60日ならば、利息は約14,800円となります。金利が10.0%であれば、30日で約4110円、60日で約8,220円です。

このように、利息は金利と借りているお金(元金)の金額、返済期間によって変わりますが、借りている日数で利息の計算が行われるため、同じ金額を借りていても、返済期間が短い方が利息は少なくなります。

(3)金利にはルールが決められている

金利が低ければ当然、利息は少なくなりますのでお金を借りる側としては金利が低い方が良いと判断します。しかし、お金を貸す方は金利が利益となるわけですから、少しでも高くしたいと考えます。そのため、お金を貸す側が様々な方法で金利を決定することになりますが、いくらでも金利を設定できるという訳ではありません。

カードローンの金利は利息制限法という法律によって借入金額に対する上限が設けられています。

元本が10万円未満金利上限20.0%
元本が10万円以上100万円未満金利上限18.0%
元本が100万円以上金利上限15%

ちなみに、元本以外に貸主に支払う金銭は原則としてすべて利息と判断されます。手数料など利息と表現していない場合であっても「みなし利息」に該当し、利息制限法の対象となります。

2.カードローンの種類

カードローンは、銀行系・信販系・消費者金融系と3つの種類に分類することが出来ます。

銀行系カードローン信販系カードローン消費者金融系カードローン
平均金利2.6%~15.0%5.0%~16.1%3.6%~18.0%
即日借入出来ない出来ない出来るケースもある
総量規制対象外対象対象

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンは、都市銀行、地方銀行が扱うカードローンです。銀行系カードローンは平均金利が2.6%~15.0%と、他の2種類よりも金利が低いという特徴があります。

また、銀行系カードローンは総量規制の対象外となりますので、他の2種類よりも審査は厳しい傾向にあり、審査に時間がかかるため即日借入は出来ません。

信販系カードローンの特徴

信販系カードローンは、信販会社が扱うカードローンです。平均金利は5.0%~16.1%と銀行系カードローンよりは高めですが、1.7%~14.5%(オリックスカード/VIPローンカード)と、銀行系カードローンよりも金利が低い商品も存在します。

信販系カードローンは総量規制の対象となるため、借入は収入の1/3が上限額となります。

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンは、消費者金融が扱うカードローンです。平均金利は3.6%~18.0%と3つの中では最も高いですが、審査が早く即日借入が可能なケースもあるという点が大きな特徴となります。

信販系カードローンと同様に、総量規制の対象となるため、借入は収入の1/3が上限となります。

-総量規制とは?-

総量規制とは、貸金業法という法律によって定められているお金を借りることができる金額の上限を言います。総量規制では、借入ができる上限額を収入の1/3までと定めています。年収が300万円の人が借入をする総量規制に関係する貸金業者からお金を借りる場合には、借りられる金額の総額が100万円となります。

銀行系カードローンは総量規制の対象外となります。もし、年収の1/3以上の借入が必要な場合には、銀行系カードローンを選択してください

3.金利を軸にしたカードローン選び

銀行系、信販系、消費者金融系とカードローンには種類があります。金利を軸としてカードローンを選ぶ場合、短期的な利用と長期的な利用の2通りから適したカードローンを選択することをお勧めします。

(1)短期的な利用を目的とした場合

短期的な利用を目的とした場合は、消費者金融系のカードローンがおススメです。その理由は「無利息期間」です。

無利息期間とは指定された期間内は利息が発生しないという特約です。消費者金融系のカードローンでは、無利息期間が設けられているものが多くあります。実は、短期的な利用を目的としてカードローンを利用する場合には、金利が高くても無利息期間を利用した方が利息合計を抑えることが出来ます。

【 返済期間12ヶ月で返済した場合 】【返済期間3ヶ月で返済した場合】
金利10%(無利息期間なし):利息合計 6,207円

金利18%(30日間無利息) :利息合計 10,950円

金利10%(無利息期間なし):利息合計 2,011円

金利18%(30日間無利息) :利息合計 1,758円

上記のように、返済期間が12ヶ月の場合には金利が低いカードの方が、利息合計は低くなりますが、返済期間が3ヶ月の場合には金利が高くても無利息期間があるカードローンの方が利息合計は低くなります。

一時的にお金を借りる必要があり、短期的な利用を目的としている場合には金利の低さよりも無利息期間が設けられているカードローンを利用した方が、利息を抑えることが出来ます。

無利息期間が設けられているカードローン

無利息期間が設けられているカードローンは消費者金融系カードローンのみとなります。

  • プロミス:30日間利息0円
  • レイクALSA:30日間利息0円もしくは借入金額5万円まで180日間利息0円
  • アイフル:利息最大30日0円
  • アコム:30日間金利0円サービス

上記4社の金利・限度額・審査時間・無利息期間・申し込み方法・ATM手数料を比較した表を記載しておきます。

金利限度額審査時間無利息期間ATM手数料
プロミス4.5%~17.8%500万円最短30分30日間1万円以下 108円

1万円超 216円

※ポイント利用で1ヶ月手数料無料も可

レイクALSA4.5%~18.0%500万円最短即時30日間もしくは5万円まで180日間無料
アイフル3.0%~18.0%800万円最短30分30日間1万円以下 108円

1万円超 216円

アコム3.0%~18.0%800万円最短30分30日間1万円以下 108円

1万円超 216円

※アコムATM利用の場合は無料

プロミスとレイクALSAは限度額500万円、アイフル・アコムは800万円ですが、初めての利用で限度額いっぱいまで借入をすることは難しいです。また、高額な借入は返済期間が長くなる可能性が高いため、高額な借入を希望する場合には金利の低いカードローンを検討するようにしましょう。

消費者金融系カードローンの特徴は審査の速さです。少額・短期・すぐに現金が必要という場合には消費者金融系カードローンが向いていると覚えておいてください。

【即時借り入れに関しての詳細記事】

即日現金借り入れ向きのカードローンの申し込み方法とは

(2)長期的な利用を目的とした場合

高額な借入、長期的な返済計画での借り入れなど長期的な利用を目的としている場合には、金利の低い銀行系カードローンがおススメです。銀行系カードローンの注意すべき点は、消費者金融系カードローンよりも審査に時間がかかるため、即日借入は出来ません。これは、信販系カードローンも同様です。

金利は〇.〇%~〇.〇%と幅を持って表示されています。少額で初めて利用する場合には、上限金利となることが多いため、単純に金利で比較する場合には上限金利で比較するようにしましょう。

上限金利が低い銀行系カードローン

借入限度額別に銀行系カードローン(6社)を比較

設定金利はカードローンの限度額によって異なります。上限金利の低い6社を、50万円・100万円・300万円・500万円・800万円での利率を比較してみましょう。

50万円100万円300万円500万円800万円
三井住友銀行カードローン12.0%~14.5%10.0%~12.0%7.0%~8.0%5.0%~6.0%4.0%~4.5%
楽天銀行スーパーローン14.5%9.6%~12.5%4.9%~12.5%4.5%~7.8%1.9%~4.5%
みずほ銀行カードローン13.5%11.5%6.5%4.5%1.5%
イオン銀行カードローン11.8%~13.8%8.8%~13.8%4.8%~8.8%3.8%~7.8%3.8%
ソニー銀行カードローン13.8%9.8%6.0%4.0%2.5%
りそなプレミアムカードローン13.5%13.5%7.0%4.9%3.5%

限度額が50万円ならば、みずほ銀行・りそな銀行のカードローンが金利が低く設定されています。しかし、100万円・300万円・500万円はソニー銀行、800万円ならばみずほ銀行の金利が低いです。このように借入限度額によって低金利なカードローンが変わります。借入限度額が具体的に決まっていないという場合には、100万円前後の金利で比較するとよいでしょう。

4.事業用資金としてカードローンは利用できる?

カードローンの多くは消費を目的としており、事業用資金としての借入は出来ないことになっています。事業用資金としてカードローンを利用したいという場合には、事業用資金としての利用が可能なカードローンを選択する必要があります。

(1)事業用資金として利用できるカードローン

事業用資金として利用できるカードローンは、銀行系はりそな銀行、東京スター銀行、信販系はポケットカード、消費者金融系はプロミス・アコムと計5社ありました。

  • 事業者向けカードローン「活動力」(りそな銀行)金利6.0%~14.0% 利用限度額10万円~500万円
  • スタービジネスカードローン(東京スター銀行)金利6.5%~14.5% 利用限度額50万円~500万円
  • Fマネーカード個人事業主用(ポケットカード)金利4.4%~17.8% 利用限度額30万円~500万円
  • 自営者カードローン(プロミス)金利6.3%~17.8% 利用限度額300万円
  • 個人事業主向けビジネスサポートカードローン(アコム)金利12.0%~18.0% 利用限度額1万円~300万円

事業用資金として利用できるカードローンでは、りそな銀行がもっとも低金利ですが、全体的に下限金利が高いため金利幅があまり大きくありません。また、利用限度額も銀行系カードローン2社の500万円が最大となります。

(2)事業用資金はカードローンより金融機関からの融資が低金利

事業用資金の借入を検討している場合には、カードローンよりも金融機関からの融資の方が金利を抑えることが出来ます。

特に、事業用資金の場合には、高額な借入になることが予想されます。「2.金利を軸にしたカードローンの選び方」で記載したように、長期的な借入となる場合には金利が低い方が利息合計を抑えることが可能となり、無理のない返済が出来ます。

例えば、日本政策金融公庫の新創業融資制度(新たに事業をスタートされる方、税務申告2期終えていない方)であれば、基準利率は2.51%~2.70%で融資を受けることが出来ます。ただし、金融機関からの融資はカードローンと比較すると審査が厳しく、融資実行までに時間がかかります。

日本政策金融公庫の審査期間はどれくらいか?

(3)どうしてもすぐに資金が必要な場合はファクタリングという方法もある

どうしてもすぐに事業用資金が必要という場合にはファクタリングを利用するという方法もあります。ファクタリングとは売掛債権(売掛金など)をファクタリング会社に売却し、売掛金の入金日よりも早く資金を調達する方法です。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリングは、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができるというメリットがありますが、手数料が6%~場合によっては40%とかなり高額になる場合があるという点がデメリットです。

3社間ファクタリングは、手数料が1%~5%と、2社間ファクタリングよりも低い点がメリットですが、デメリットは取引先と自社の間にファクタリング会社を経由する形の契約となるため、取引先にファクタリングを利用していることが知られてしまいます。

ファクタリング自体は、金融庁や経済産業省も認めている資金調達方法ですが、「資金繰りが悪い会社」と取引先が感じる可能性はあります。ファクタリングはカードローンや融資とは異なり、売掛債権の売却によって資金を得る方法であるため、お金の返済をする必要はありません。

売掛債権を現金化 ファクタリングの流れと注意点について

-ファクタリングを利用するならOLTA-

OLTAはファクタリングの手続きがWEBで完結します。手数料は2.0%~9.0%で利用可能、少額の売掛金でも相談できます。

当サイトはOLTAと提携しており、特別にファクタリングのご紹介が可能です。質問や相談だけでも問題ありませんので、興味がある方は下記フォームからお問い合わせください。

金利を軸としたカードローンの選び方

3.カードローン利用の注意点

カードローンを利用するにあたり注意すべき点は、信用情報に傷を付けないようにすることです。信用情報とは、信用取引(クレジットやローンなど)の契約内容や返済状況、残高など個人の信用を記録した情報を言います。

(1)信用情報に傷がつくことで起こる不利益

信用情報に傷がついているということは、いわゆる「ブラック」という状態です。金融機関は信用情報を確認することで、きちんと返済してくれる人かどうかを判断します。

そのため、信用情報に傷がついていると、クレジットカードの審査に通らない、住宅や車を購入する際にローンを組むことが出来ません。また、事業用資金として金融機関から融資を受ける際に、経営者個人の信用情報に傷がついていると融資が受けられない可能性があります。

ちなみに、スマートフォンなど携帯電話の本体料金の分割払い購入も信用情報に傷がついていると利用できません。

信用情報は自分で確認することができる?

信用情報は「CIC」「JICC」「JBA」の3つからご自身でも確認することが出来ます。

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関CIC

指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構(JICC)

一般社団法人 全国銀行協会(JBA)「全国銀行個人信用情報センター」

CICは主にクレジットカード会社、JICCはクレジットカード会社と貸金業社、JBAは銀行などの金融機関が加盟しています。

自分の所有しているクレジットカードや、利用している貸金業者、銀行などの金融機関がどの情報機関に加盟しているかを確認するには、各情報機関の加盟会員検索から検索可能です。

CIC加盟会員検索

JICC加盟会員検索

JBAセンター会員一覧

信用情報の見方については下記記事を参考にしてください。

自分はクレジットカードが作れる人なのか 信用情報開示報告書を見てみよう

(2)信用情報に傷をつけないために必要なこと

カードローンを利用する際に、信用情報に傷をつけないようにするためには返済期日をきちんと守ることが何よりも大切です。また、短期間で何度もクレジットカードやカードローンの申し込みを繰り返し行うなどの行為も信用情報に影響する恐れがあります。

カードローン利用時は、以下の3つのポイントをしっかりと守って利用しましょう。

ポイント1:返済期日は確実に守る

ポイント2:2ヶ月以上の滞納はしない

ポイント3:借入は返済できる範囲内に収める

まとめ

カードローン選びを金利から考える場合、カードローンの利用が短期になるか、長期になるかによって金利に対する考え方が異なります。一時的なカードローンの利用の場合には、金利は高くても無利息期間を設けている消費者金融系のカードローンがおススメです。

反対に、高額な借入、長期間に渡る借入で利用される場合には、金利の低い銀行系カードローンが良いでしょう。

しかし、カードローンは返済遅延や、短期間に何社も申し込みを行うなどの行為によって信用情報に傷がつく可能性が高いです。信用情報に傷がつくと、後々様々な問題が起こります。さらに、信用情報は1度傷がついてしまうと、その記録が5年、状況によっては10年(個人再生や自己破産の記録)残ってしまいます。

返済期日を守り、返済できる範囲で計画的にカードローンを利用するようにしましょう。

株式会社SoLaboがあなたの事業をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

金利を軸としたカードローンの選び方