カードローンの年利は気にしなくていい?少額借り入れなら返済額はあまり変わらない

カードローンの年利は気にしなくていい?少額借り入れなら返済額はあまり変わらない

 

カードローンをどこの会社で契約するか検討する時、一番気になるのが正直年利ではないでしょうか。お金を借りる側としては、できるだけ利子の少ない会社と契約したいのが本音ですよね。しかし、お金を借りる会社を年利だけで決めてよいのでしょうか。

 今回は、このカードローンの年利のお話を中心に、カードローン会社を選ぶポイントについて簡単にご説明します。 

1.年利とは?

年利とは、お金を借りる時に生じる年間でかかる利息の率のことです。

例えば、A君が1万円を1年間、1万円を年利18%で借りたとします。1年後に返さなければいけないのは、元々借りた1万円プラス利息分の1800円(10,000円×1.18)で合計11,800円です。利息分の1,800円ですが、これはA君が1年後に返した場合の利息です。1か月後に返した場合は、この1,800円を12(カ月)で割る計算になります。

 

1,800円÷12か月=150円

 

年利18%の場合、A君は1か月後に借りた1万円と150円を返せばいいのです。では、年利16%の場合はどうでしょうか。

 

1,600円÷12か月=133.333(以下省略)円

 

このように、ひと月後に1万円返す場合の手数料の差は2%で17円の違いでした。高額な借り入れをする場合は別ですが、1~5万円程度の借り入れの場合は年利が1~2%変わってもそれほど返済が困難になることはありません。

 

2.平成19年に上限金利の引き下げがあった

「改正貸金業規制法」が平成19年に施行され、お金の貸付金利が上限18%へと変更されました。それまで、いわゆるヤミ金と呼ばれる消費者金融では、最大28%程度の法外な金利を上乗せする会社もありました。しかし、法律の整備により以前の不透明なイメージの消費者金融やローンの実態は、だいぶクリーンなものへと変化していきました。このため、なんとなく手を出してはいけない、というイメージの強かったカードローンも、毎日のお金の大切なパートナーとして生活に寄り添うものへ進化しています。

3.長期的に利用したいカードローン会社を選ぶポイント

以上のことから、カードローンの年利が法外なものではないこと、カードローンの会社が以前より法律の整備で消費者が利用しやすいものになったことがお分かり頂けたと思います。

1回のみ、一時的に利用するのであれば、年利はあまり気にせずカードローン会社を選ぶことができます。

では、長期的に利用したい場合のカードローン会社はどのような会社がよいのでしょうか。これから具体的にいくつか選ぶポイントをご紹介します。

(1)上限金利で決める

カードローンの年利は、「12.0%~18.0%」のように最低金利から最高金利までの範囲が必ず記されています。この場合、年利12%で済むのだ、と最低年利に着目するのではなく、最高で18.0%の金利がかかると認識しましょう。項目1.でお話したように、数パーセントの年利の違いは数万円を1か月後に返済するのであれば変わりません。しかし、これは確実に1か月後に返済できる場合の話です。1か月後に返済できると見込んでいたが、計画通りにいかない場合もありますよね。

また、最初は3万円の借り入れのみで終えようと思っていたが、追加であと3万円借りる必要が出た、など、多めに借りる必要がでる可能性も0ではありません。以上のような事から、金利は表記してある範囲の最大のものになる可能性もあるのです。金利を見る時は最低金利ではなく念のため上限金利で判断する方がベターです。つまり、最低金利が10%だけど上限が18%の会社Aと、最低金利が12%だけど上限が15%の会社Bがあれば、Bでの借り入れをオススメします。

(2)返済しやすい会社から借りる

初めてお金を借りる時は、たいてい不安があるものです。しかし、次第に無事に返済してカードローンの仕組みに慣れていくと、つい気軽に借りてしまう人が多いようです。

1度借金に慣れてしまうと、返済日を忘れ次第に返済が面倒になっていきます。そして、延滞して利息を余分に払わなくてはいけなくなりというケースに陥ります。そのため、カードローン会社を選ぶポイントとして、最初から普段の生活に合っている返済方法を利用できる会社を選びましょう。

例えば、

・通勤途中にあるカードのATMで返済できる会社

・ネットをよくチェックする方は、ネットで返済できる会社

・普段コンビニによく行く人はコンビニのATMから返済できる会社

などです。これらのように、ご自身の生活スタイルに合った方法で返済できる会社を選びましょう。

(3)土日祝日に即日発行できる会社

カードローンは計画的に利用したいですが、平日に働いている場合はなかなか申し込みづらいですよね。そのため、土日祝日も営業している会社や土日祝日に審査をしてくれる会社は非常に助かります。お仕事をしている方は、お仕事のお休みの時でも審査や窓口が対応している会社を選ぶとよいでしょう。

この他にも、来店不要で審査してくれる会社や無利息期間が設定されている会社など、カードローン会社には様々な特徴があります。ご自身の生活スタイルを前提に、よく吟味して便利で返済しやすいカードローン会社を選びましょう。

まとめ

カードローンの年利は、1~5万円ほどの少額を1か月ほどで返済するのであれば数パーセントの差は数十円にしかならない、という話をご紹介しました。また、法律の整備により以前よりカードローンで借りることのイメージが改善してきた背景もあり、一時的にお金が必要という方にはカードローンをおすすめします。

その他に、長期的に利用したいカードローン会社を選ぶ際のポイントをご案内しました。是非、ご自身に合ったカードローン会社を選ぶ際の参考にしてみてください。

お知らせ

カードローンの年利は気にしなくていい?少額借り入れなら返済額はあまり変わらない