一番早いのは自動契約機!?カードローンの様々な申し込み方法

一番早いのは自動契約機!?カードローンの様々な申し込み方法

カードローンへの申し込みは、具体的にどのような方法で申し込めばよいと思いますか?

現在は、スマホやPCが普及しているため、WEB申し込みを選択している人が増えています。画面に必要情報を入力し送信すればよいだけなので、手軽だし店舗に足を運ばなくてよいのも良いですよね。しかし、この場合のカード発行は後日郵送となります。これに対し、カードローンのカードを一番早く手に入れられる申し込み方法は自動契約機です。最短、即日でカードが発行されるため、急いでいる方には有難いと評判です。

このように、カードローンの申し込み方法によりカードが発行されるタイミングは異なります。他にも、本人確認書類の提出タイミングや電話確認など細かい部分に関して違います。今回の記事では、カードローンの様々な申し込み方法についてご紹介します。カードローン会社により若干仕様の違いはありますので、ここではあくまで主な流れとしてお伝えします。

 

(1)WEB申し込みの流れ

①申し込みボタンをクリックする

WEB申し込みは、カードローン会社のホームページや広告にある申し込みボタンからスタートします。申し込みボタンは、「カードローンお申込み」や「〇〇の方のお申込みはこちら」など、様々な文言があります。みずほ銀行や楽天銀行などの銀行系のカードローン会社の場合は、その銀行の口座を持っている人は別の申し込みボタンが用意されていて、申込欄が簡略化されます。申し込みボタンを押す前に、返済方法や年利などをよくチェックし納得してからクリックしましょう。 

②申し込みフォームの入力と送信

ここで入力する項目は、カード会社により違いはありますが、以下のような項目です。間違えずに、正確に入力しましょう。また、空白項目があると審査が不利になります。全ての項目をもれなく入力しましょう。

・名前

・生年月日

・住所

・電話番号

・メールアドレス

・住まいのタイプ(マンションなど)と居住年数

・家賃または住宅ローンについて

・家族の人数

・希望利用限度額

・利用目的

・利用中のローンについて(住居ローンは除く)

・支払い口座情報

・希望返済日の選択

 

なお、最近は固定電話をお持ちの家庭が少なくなってきましたので、電話番号は携帯電話の記入でも差支えありません。

入力した情報が間違いないか確認し、送信(確認)ボタンを押し申し込みは完了です。

③受付メールの受信

WEBで申し込みした場合、入力したメールアドレスに受付した旨カードローン会社よりメールが届きます。今後の流れなどの大切な内容が記載されておりますので、目を通しましょう。

④審査

最近では、審査の時短を各カードローン会社がアピールしています。最短30分の会社もあるほどです。平均では1時間程度みておきましょう。また、希望限度額を100万円以上の高額を記入した場合は、審査にもう少し時間がかかります。

⑤メールにて仮審査/審査結果の回答

メールで仮審査が完了した旨のメールが到着します。残念ながら仮審査の時点で審査に落ちた方には、その旨記載されています。

⑥在籍確認/電話での確認

カードローン会社から電話がかかってきます。カードローン会社により様々なパターンがあります。最初にあなたに直接電話をかけ、これから会社に電話をしますがよろしいですか?というパターンや、いきなり勤務先に電話をかけるパターンなどです。WEBで申し込んだ場合、電話がかかってくるということで身構えてしまう方もいらっしゃると思います。カードローン会社は、記載された電話番号であなたとコンタクトがとれるのか確認したいだけです。ですので、必要以上に緊張せず堂々と対応しましょう。

⑦本申込書類の送付

電話での確認時に、免許証などの本人確認書類の書類を送ってくださいと案内されます。免許証がない方は、顔写真つきのパスポートや保険証、住民基本台帳カードでも本人確認書類としてみなされます。送る方法は、ファイル添付でメールやフォームで送る方法と、郵送で送る方法があり、カードローン会社により異なります。免許証を身分証として送る場合、裏面に苗字や住所の変更履歴がある人は、裏面のデータやコピーも送ることを忘れないようにしましょう。

⑧ローン専用カードが郵送され、口座引き落とし申込書を返送する

めでたく、カードが自宅に届きます。さて、ここで終わりではありません。最後にカードの引き落とし口座情報を記入・捺印し、返送します。引き落とし口座は、クレジットカードと別にするもよし、新たに口座を開設するもよし、ご自身が使い勝手がよく返済しやすい口座を指定しましょう。

(2)郵送/FAX

ご自宅や周辺がインターネット環境にない方は、郵送やFAXでカードローンを申し込みできます。申込書は、銀行系の場合は銀行に、アコムなどの消費者金融系のカードローン会社は、店舗に行けば申込書が置いてあります。必要事項をもれなく記入し、ポストに投函します。FAXの場合は、書類をFAXで送信します。WEB申し込みの場合と違い、身分証明などの本人確認書類の送付も同時に行いますので、封筒に申込書とあわせて身分証明書をコピーして入れるのを忘れないようにしましょう。本人確認書類を入れていないと、審査ができないと返送されてしまいます。もう1つWEB申し込みと異なる点は、印鑑を押すことです。印鑑の押し忘れは審査に不利となりますので、忘れずに捺印しましょう。

なお、楽天銀行のようにネット銀行で実態のある店舗、そしてアコムなどの消費者金融系の会社で店舗が近くにない場合は、電話をして申込書を取り寄せることができます。アコムに関しては、セブンイレブンの端末で契約書類を取り出せます。

(3)自動契約機の場合

自動契約機での申し込みは、審査が通ればその場で自動契約機からカードが出てきますので、一番早くローン専用カードを受け取ることができます。また、自動契約機の場合本人がそのまま出向いているため、本人確認の電話がありません。

自動契約機は、最近銀行の中にも自動契約機コーナーがあります。自動契約機は、無人の契約機と電話がついている契約機と2種類あります。電話がついているものに関しては、困った時に質問できます。

しかし、誰にも知られずにカードを早く作りたい!という方には、無人の契約機も人気です。

 

自動契約機での操作は、30分程度かかります。時間に余裕のある時を見計らい、訪れましょう。

 

①タッチパネルを操作し、必要事項を入力

自動契約機では、音声ガイダンスが流れますのでそのガイダンスに従って操作していきましょう。ここで注意しておきたいのが、勤務会社の情報を入力する必要があるところです。スマホを持参して調べながら入力するのも手ですが、スムーズな入力のために、前もって会社の住所従業員人数、そして勤務年数や給与はメモして持参するのがよいでしょう。

②本人確認書類のスキャン

持参した免許証などの本人確認書類を機械にセットしスキャンします。スキャンがうまくできないなど困った場合、無人の契約機でなければ機械の隣についている電話で担当者に尋ねることができます。

③審査結果の確認

画面上に審査結果が映し出されます。審査を通過した場合は、そのまま返済期日や利用限度額といった項目がタッチパネルで指定できます。

④契約書に署名

契約機から契約書が出てきますので、それに記入をします。全部記入し確認できたら、今度は記入後の契約書を機械にセットしてスキャンします。

⑤カードの発行

おめでとうございます。カードが無事発行されました。この時点で、ATMからお金を引き出すことが可能です。

まとめ

カードローンには、さまざまなお申込み方法があります。一番早いのは、自動契約機ですが、皆さまにあったお申込み方法を選択してカードローンカードを作成してみてください。

借りすぎてしまうと返せなくなってしまう恐れもありますので、必要最低限のみを借りるようにしてくださいね!

お知らせ

一番早いのは自動契約機!?カードローンの様々な申し込み方法