クレジットのリボ払いで借金が増えた!生活を立て直す秘訣とは?

クレジットのリボ払いで借金が増えた!生活を立て直す秘訣とは?

クレジットカードのリボ払いは、いまや日常に定着しています。リボ払いなら、5万円使ったとしても、次の支払日にお金の余裕がない場合は1万円からなど一部分の返済で済むのです。さらに、最初はクレジット一括で支払った場合も、あとからwebでリボ払いに変更できるカードもあります。

しかし、そんな便利なリボ払いで借金が膨らむ方も中にはいます。今回の記事では、リボ払いでどうして借金が増えるのか、そして借金で困る生活から立て直すための秘訣を考えてみました。

 

1.どうしてリボ払いで借金が増えるのか?

(1)後払いで利息が積み重なっていくから

リボ払いの最大の特徴は、「どんなにお金を使っても、毎月一定額の支払いでいいですよ」という支払い方法です。一定額は、実際に使うカードの利用代金より大きい額にも設定できますし、少ない額にも設定できます。少ない額に設定した場合は、常に借金が翌月以降に繰り越されてしまい利息が積み重なっていくのです。

例えば、今月10万円リボ払いでカードを利用し、来月の返済は1万円のみにする場合の支払いについて考えてみましょう。翌月の支払いを1万円にしても、残りの支払い9万円がどこかへ消えたわけではありません。残りの9万円も、毎日利息が追加されており、あとあと支払わなければならない借金です。リボ払いの利息は高金利です。キャッシングよりは低く設定されていますが、カードローンより高い金利のリボ払いも少なくありません。リボ払いの金利は平均で15%です。

(2)利息がかかっているという感覚が薄いから

カードローンやキャッシングを申し込む際は、年利が何パーセントなのかよく吟味して申し込みますが、リボ払いの場合利息がついているという感覚は薄れがちです。なぜかというと、クレジットカードではリボ払いだけでなく一括払いもできるからです。一括払いとリボ払いの両方でショッピングしている場合、一括払いでは利息がつかないため、ついついリボ払いで高額な利息がついているという感覚を忘れがちです。

(3)弁済金(元金+利息)という仕組みが分かりづらい

リボ払いをすると、クレジットカード会社から毎月届く明細に弁済金という言葉が使われていますが、よく分からないという方も多いのでご説明します。弁済金とは、借金の元金と手数料のことです。

例えば、10万円クレジットカードのリボ払いで利用したAさんは、翌月リボ払いで1万円を返済しました。1万円返済したので、残りの借金は9万円だとAさんは考えていますが、実際に返済できたのは元金のみで利息(手数料)は含みません。今回の場合、1万円の返済金のうち利息は1232円でしたので、Aさんが返済できた借金(元金)は8768円でした。

%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%81%ae%e5%9b%b3

このように、毎月お金をきっちりと返済しているのに、借金がいっこうに減らない、という感覚は、この返済金が元金と利息から成り立つという仕組みがよく分かっていないからかもしれません。弁済金という言葉は、クレジットカードの明細にも記載されている言葉なので、覚えておくとよいでしょう。クレジットカードの明細をよく見ると、あと元金がいくらあるのか把握することができます。

(4)クレジット明細が分かりづらくなる

次のケースをみていきましょう。例えば、Aさんは10月に6万円で洋服をリボ払いで購入しました。そして、11月から半年かけて毎月1万円ずつ返していくことにしました。11月から4月までの間、他に何も買わなければ毎月1万円プラス利息を支払えばいい、というシンプルな支払いになります。しかし、クレジットカードで他の買い物をした場合はどうなると思いますか?元々あった6万円の支払いの洋服について、明細には初月服を買った店の名前や金額、買った年月日、そして支払い区分のリボと記載がされます。しかし、翌月以降はリボ払いの残りの借金額(元金)と手数料のみが記され、新しく買った商品の明細が追加されます。何か月もたつと、このリボ払いは何を買った支払いなのか?と分からなくなってしまいます。

2. 借金で困る生活から立て直すための秘訣3つ

(1)借金の元金を減らす

リボ払いは、借金の元金に対して利息がつきますので、元金がゼロにならない限りは毎月利息がつきます。利息が膨らむと、ますます返済しづらくなるため、まずは借金の元金を減らす努力をしましょう。

①借金が10万円程度の場合

貸していたお金が返ってきた、給料日がきた、などの理由であなたに数万円程度のまとまったお金が舞い込んできたら、そのお金を早速借金返済に回しましょう。しかし、全額を返済しては、また借金をする羽目になりますね。次にお金を手にする予定日までに最低限必要な交際費や食費などを計算し、それ以外のお金を払えるだけ返済にあてましょう。支払い方法は、ATMか振り込みがあるので、どちらか手数料が安い方で返済しましょう。不明な場合は、クレジットカード会社に連絡すれば、相談に乗ってくれます。

②借金が50万円程度の場合

借金の借り換えにトライしてみましょう。借り換えの具体的方法は、他の金利が低いカードローンなどに申し込みをし、そこからお金を借りて現在のリボ払いの借金をスピーディに返していく方法があります。リボ払いの金利が15%程度ですが、カードローンの金利はもと低金利なものや無利息期限のある商品もあります。これ以上利息が膨らまないように、早めに手を打ちましょう。

しかし、カードローンによっては他社での借り入れがある場合審査が通らない場合もあります。その際は、素直に家族や友人に正直に借金のことを話、お金を借りるという手段をとることも考えていきましょう。勇気がいることですが、時期は早いに越したことはありません。何故あの時言ってくれなかったの?と言われないためにも、自分でどうにもできなくなる前に早めに相談しましょう。

③借金が100万円以上の場合

考えうる方法をすべて実行してみたけれど、どうにもならなくなった場合。専門家の知恵を借り、債務整理とう方法で借金を減らしていきましょう。

(2)クレジットカードを使わない

リボ払いで利息が膨らみ、返済に苦労した場合は、まずクレジットカード払いを止めてみましょう。急にやめるのが難しい場合は、まず、リボ払いを止めましょう。リボ払いは、クレジットカード会社がキャンペーンを行ったりポイントアップをしたりと、何かと誘惑が多いものです。しかし、それはクレジットカード会社が利息を欲しいためです。クレジットカードの管理画面にログインし、毎月自動でリボ払いになっていないか、今の支払い方法はどうなっているのか、確認しましょう。よく分からない場合は、クレジットカード会社へ連絡すれば、相談にのってくれます。

(3)カードの限度額を最低限にする

クレジットカードで借金が膨らむのは嫌だけど、全く使わないのはムリ、という人もいることでしょう。その場合は、カードの限度額を下げる方法が有効です。クレジットカード会社に限度額を下げたいと連絡すれば、すぐに限度額を下げてくれます。日々のお買い物に使う目的であれば10~20万円位に引き下げても、十分生活はできるでしょう。なお、一度限度額を下げると、また上げる際には審査が必要です。

まとめ

今回の記事をまとめると、

リボ払いで借金が増える理由とは、

   ・後払いで利息が積み重なっていくから

   ・利息がかかっているという感覚が薄いから

   ・弁済金(元金+利息)という仕組みが分かりづらい

   ・クレジット明細が分かりづらくなる

借金で困る生活から立て直すための秘訣3つは、

  ・借金の元金を減らす

  ・クレジットカードを使わない

  ・カードの限度額を最低限にする

 

となります。リボ払いは意外に金利が高いです。支払い方法などその他の特徴についても、よく調べて利用してください。

お知らせ

クレジットのリボ払いで借金が増えた!生活を立て直す秘訣とは?