レイクやプロミス、アコムの30日間無利息キャッシングは本当か

レイクやプロミス、アコムの30日間無利息キャッシングは本当か

 

キャッシングやカードローンの広告で、「30日間無利息」といった内容をよく目にしますが、果たして本当なのでしょうか?カード会社は本来、利息という収益があるから成り立つはずです。もし全ての人が無利息でお金を借りたならば、会社は経営していけないのではないでしょうか。

しかしながら、レイクやプロミスといった消費者金融会社の行っている無利息サービスは本当です。全ての人にとはいきませんが、条件さえ合えば一定期間無利息でお金を借りることができます。今回の記事では、無利息期間がついているお得なキャッシングサービスをテーマにご紹介します。 

1.新生銀行カードローン レイク

(1)180日間無利息と30日間無利息

新生銀行カードローン レイクは、2つの無利息カードを実施しています。2つとも、初めてレイクで借り入れる人への限定サービスです。

1つ目は、なんと180日間無利息にしますよ、という180日間無利息サービスです。条件は、お金を借りる契約額が1~200万円以内であること。また、その借りたお金の中から5万円以内の額のみが無利子の対象となります。この180日間無利息という期間の長さは、レイクだけです。180日間というと、月に直せば6か月。なんと半年もの間5万円を借りて手数料ゼロで返せるなんて、すごいサービスですよね。

2つ目は、契約額全てを30日間無利息にしますよ、という30日間無利息サービスです。30日間無利息サービスは、アコムやプロミスといった他の消費者金融会社でも実施しています。

(2)レイクはゆうちょ銀行ATMとセブン銀行などコンビニATM手数料ゼロ円

無利息期間が終わったら、通常の金利が適用されます。金利ゼロ円で済ませたい人は、必ず期間内にATMからお金を返すようにしましょう。なお、新生銀子カードローンでは全国のゆうちょ銀行のATMとコンビニにあるセブン銀行、イーネット、ローソン設置の銀行のATMから手数料ゼロ円でお金の借入(引き出し)、返済(入金)ともに利用できます。

 (3)要注意!無利息期間は契約日からスタートしている

無利息サービスは、金利を払う必要がなくATM手数料も無料なんて、本当にお得なサービスですよね。しかし、1点気を付けなければならないことがあります。それは、無利息サービスのスタート日はお金を借りた日ではなく、契約日からスタートしているということです。

screenshot_2016_11_1

 

このため、契約は前もってするのではなく、お金を借りる必要がある直前に申し込むのがベストです。また、新生銀行カードローンの最高金利は18%ですが、これは銀行系カードローンとしては割合金利が高い部類に入ります。無利息期間を過ぎると、比較的高い金利がかかることを忘れないでおきましょう。

(4)どちらが得?30日間無利息と180日間無利息

ここで気を付けたいのは、30日間無利息と180日間無利息サービスを両方使うことはできないという点です。レイクで無利息でお金を借りたいのであれば、30日間無利息か180日間無利息のどちらかのプランを選択することになります。

 

単純に考えると、無利息期間の長い180日間を選択した方が得なような気がしますが、無利息になる金額が5万円以下という制限があります。そこで、新生銀行カードローン レイクの公式ホームページにあるシュミレーションを使い、いくら借りる場合はどちらのプランがお得なのか、表にしてみましたのでご覧ください。

 

 

screenshot_2016_11_1-1

 

この表から、以下のことが読み取れます。

 

・借りる額が多くても一括返済できる場合は30日間無利息がお得

・20万円より少なく借りて何回かに分けて返済する場合は180日間無利息がお得

・20~50万円程度を3回にわけて返済するなら、30日間無利息がお得

・30万円までを12回にわけて返済するなら180日間無利息がお得

・50万円を借り入れるなら、返済回数は何回でも30日間無利息がお得

 

2.プロミス

(1)即日融資が評判

プロミスも30日間無利息サービスを実施しています。プロミスは、融資までの時間の速さが評判の消費者金融の一つです。Webから申し込めば最短で1時間後にはお金を振り込んでもらえるという、驚きの速さを誇っています。その他にも、9~22時まで即日借入が可能であったり、カードを使わずお金を振り込んでもらえるweb完結というサービスもあり、お金で困った時に頼りになる存在です。

※web簡潔の対象金融機関は200行以上あります。

(2)借入日ベースで計算される無利息期間

プロミスの無利息期間は、契約日ではなく借入日ベースです。ATMでお金を引き出したり、口座にお金を振り込んでもらった翌日から計算されます。無利息期間が無駄にならないので、お得感がありますよね。

(3)要注意!無利息サービスを受けるには条件がある

レイクでは、無利息サービスを受けるには初回限定という条件がありましたが、プロミスでも条件があります。それは、メールアドレスの登録とweb明細を利用する必要ということです。Web明細とは、パソコンやスマートフォンからログインして取引内容を確認したり利用明細書を閲覧できるサービスです。郵送での利用明細到着を待たずに、いつでも借入残高を確認できるため、登録しても損はないサービスです。

※お申込みの時間帯によって、当日のご融資ができない場合があります。

3.アコム

(1)他社より遅くスタートした無利息サービス

最後にアコムのご紹介です。アコムも初めての方対象で30日間無利息サービスを実施し

ていますが、他社と比較し実施スタートは後れをとった印象があります。アコムは、以前期間限定で無利息サービスを実施していましたが、期間を過ぎると無利息期間なしのサービスのみとなりました。その後、再度無利息サービスを再開し、通年で実施するようになりました。

(2)返済期日を35日ごとにすることが条件

その条件は、返済期日「35日ごと」で契約する、という条件です。アコムでは、返済サイクルを35日ごと、毎月指定の期日、毎月6日、の3つから利用者が選べるのですが、無利息サービスを利用したいのであれば、35日ごとの返済に指定しなくてはいけません。これは、返済できるタイミングに関わります。契約する際は、給料日や収入は入る予定日を計算し、無利息期間が減らないように申しみたいものです。

(3)無利息スタートは、新規契約日の翌日から

レイクと似ていますが、アコムの無利息期間も契約日起算で計算されます。そのため、契約した日からお金を引き出した(借入)日の間があくと、その分無利息期間が減ってしまいますので、注意しましょう。

まとめ

無利息サービスは、30日以内で返済できるのであれば本当にお得なサービスですよね。

消費者金融の行っている無利息サービスの背景には、最近低金利で人気を集めている銀行系カードローンに対抗したいという内情が伺えます。消費者金融には、融資のスピードや限度額の高さなど銀行系にはないサービスの良さがありますし、無利息期間をつかえばかえって利息が安くつくケースもあります。無利息サービスは初めての方限定のサービスですので、まだ使っていない方はお金の必要な時に是非利用してみてください。

 

 

 

 

お知らせ

レイクやプロミス、アコムの30日間無利息キャッシングは本当か