借金の借り換えで借金が減る?損しないようデメリットも知っておこう

借金の借り換えで借金が減る?損しないようデメリットも知っておこう

 

ローン業界では、借り換えという言葉を使って新規の顧客獲得を促している傾向があります。借金の返済が思うように進んでいない方は、ローンの借り換えで利子が少なくなるなら是非申し込みたい!と飛びつくことでしょう。しかし、安易にローンの借り換えに申し込む前に、チェックしなくてはいけないポイントがいくつかあります。借り換えローンのメリットやデメリットを知り、申し込むための条件を自分がクリアしているのかチェックすることが肝心です。

今回の記事では、様々なローンの借り換えをテーマにお話ししていきます。

 

1.住宅ローンの借り換え

住宅ローンは家を購入する際に契約するローンです。数あるローンの中で最も高い金額を借り入れるため、返済期間も20年~35年程度と非常に長期間で行われます。この間に経済の状況や銀行の金利も変化します。支払い金額が一定するよう固定金利で住宅ローンを組んだが、最近は低金利だから変動金利で借り直したい。そんな方もいらっしゃいます。

(1)住宅ローンの借り換えのメリットとデメリット

<メリット>

元の契約より安い金利でお金を借りられる場合、住宅ローンの手数料の支払いを削減することができます。

例えば、元の契約ではA銀行から2000万円を金利2%で借りていて、B銀行で同じ額を0・88%で借りられるとします。A銀行には金利40万円を支払わなくてはなりませんが、B銀行では17万6千円で済みます。

また、住宅ローンを借りる際は固定金利か変動金利か選択しますが、借り換えをすると金利タイプを新規で選び直す(変更)することができます。その他に、個別のキャンペーンを狙えるというメリットもあります。

例えば、イオン銀行住宅ローンではイオンでの買い物が5年間5%割引になるといった特典がつくのです。(2016年10月現在)ローンの金利が低くなり、さらに特典もつく場合、生活費の大幅な縮小を見込めるでしょう。

 <デメリット>

住宅ローンを契約する場合、事務手数料と保証料という諸費用がかかります。住宅ローンの借り換えをすると、それら諸費用をもう一度支払わなければなりません。住宅ローンの借り換えを考える際は、事務手数料と保証料の金額を支払っても最終的に得をするのか考えていく必要があります。

(2)おすすめの住宅ローンとは

ネット銀行の住宅ローンは諸費用が安いため、借り換え用のローンとしておすすめです。特に、ソニー銀行住宅ローンは業界トップの低金利を売りにしています。前述したイオン銀行住宅ローンも、イオンで日常的にお買い物するのであれば年間でかなりの生活費を減額できるのでおすすめです。

2.カードローンの借り換え

カードローンの借り換えをする人も増えています。なかなか返済が思うようにいかない方は、金利が安い他のカードローンに借り換えれば借金が減るのではと考えることでしょう。

(1)カードローンの借り換えのメリットとデメリット

<メリット>

元々お金を借りたカードローン会社よりも低金利な会社でお金を借りれば、おのずと利息が減るので借金の総額が減ります。借金の総額が減れば、返済しやすくなり以前より早いペースで借金完済へ進むことができるでしょう。

 

<デメリット>

借り換えの場合、既に借金があるとみなされ審査が通りづらくなる場合があります。また、ホームページの金利の表示だけを見て新たなカードローンに申し込んでしまったために、元のカードローンよりも高い金利になってしまった、という失敗するケースもあります。借り換えのカードローン会社を選ぶ際は、借りる額に対する金利を確認するのが重要です。例えば、100万円借りる場合は金利8%だけれど、10万円借りる場合は金利18%になる、といったように、借りる額が少ないと金利も低くなります。その他にも、返済ペースや返済方法をチェックして申し込みしましょう。

 

(2)おすすめのカードローンとは

住信SBIネット銀行のMr.カードローン プレミアは、最も低金利なカードローンですので、借り換え用のカードローンとしておすすめです。その他には、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローンは低金利で大手の安心感もあります。それぞれ他社からの借り換えもOKな商品ですので、是非チェックしてみてください。

3.教育ローンの借り換え

(1)教育ローンの借り換えのメリットとデメリット

教育ローンの借り換えってできるの?と、少し意外な気がするかもしれません。しかし、教育ローンの払い込み期間は子供が成人するまでとすると少なくとも10年以上。この期間に借り換えたいと考えたとしても自然ですよね。

<メリット>

教育ローンの借り換えのメリットは、他のローン同様金利を今より下げることができる可能性がある、ということです。教育ローンの場合、ほとんど全ての商品が借り換えに対応しています。

 

<デメリット>

借り換えにより金利を下げて利息の支払いを引き下げることが可能になるかもしれませんが、元の教育ローンを解約する際には規約の中途解約手数料について確認しましょう。中途解約する場合、途中までの元金と利息が支払われますが、その際中途解約利率により計算されます。中途解約利率はローン会社により異なります。

 

(2)おすすめの教育ローンとは

借り換え先としてオススメなのは、日本政策金融公庫の教育ローン。100%政府出資の政策金融機関で、年利は安心の固定金利を採用しており年1.9%です。国の教育ローンなので安心感があり、お子様の在学中は利息のみの返済でも構いません。

まとめ

ローンの借り換えで金利が抑えられる場合もありますが、手数料がかかりかえって損をする場合もあります。借り換えを検討する際は、最初に契約したローンの規約をチェックして、損しないような借り換えを実現していきましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

融資を受けやすくする方法とは?

ソラボのご紹介マンガ作成して頂きました!

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

借金の借り換えで借金が減る?損しないようデメリットも知っておこう