資金がない。資金がたりない。そんな時には法人用のカードローン!

資金がない。資金がたりない。そんな時には法人用のカードローン!

資金がなかったり、足りなくなったり、経営に頭を抱えている法人は多いと思います。

急な支払いで現金が手元にないなんてことも少なくありません。

そのような悩みを解決してくれるのが法人用カードローン!

今回ご紹介するのは知っておくと便利な法人用カードローンについてです。

1.法人用のカードローンとは?

個人用のカードローンも今や珍しくありませんが、個人用カードローンには事業に対しての資金としては利用制限があります。利用制限がない金融機関もありますが、契約の際の限度額が小さい上に金利が高いということもありオススメはできません。

法人用のカードローンは事業費、運転資金への利用が可能で、法人の経営者が契約を行います。経営者だけでなく、法人として契約を行うことも可能なところはあります。また、個人用カードローンとは限度額や金利も変わってきます。

2.法人用のカードローンの対象は?

事業性には利用できないという決まりがある個人用のカードローン。

その点、事業性ならば資金を利用できるのが法人用のカードローン。

この法人用カードローンの対象となるのが大企業ではなく主に個人事業主や中小企業になります。

目的が設備資金や運転資金の為、限度額もさほど大きいわけではありません。

カードを持つのも法人の経営者です。

中小企業ならどこでも契約をできる対象なのか。

いえ、契約にあたりその金融機関ごとにいくつかの条件があります。営業年数や年齢など様々な条件が異なってくるため各金融機関を調べてみるといいでしょう。

3.カードローンのメリットとデメリット

いいといってもやはりメリットやデメリットは出てきます。メリットとデメリットについてしっかり押さえておきましょう。

メリット デメリット
・融資までのスピード

・無担保

・保証人不要

・総量規制の対象ではない

・金利が高め

・融資の限度額が少ない

・書類が必要な場合も

 

メリット

申し込みをしてから融資までの時間が早いことが特徴です。審査の通過も比較的高いといえるでしょう。総量規制については次項目で説明していきます。

デメリット

金利額の設定を目にしたら、まずは一番高い金利からスタートすると思っておいた方がいいでしょう。また、会社によっては書類提出を頼まれることもあります。

4.総量規制って?その関係は?

2010年6月18日に開始された法律が総量規制というものです。

総量規制というのは、年収の3分の1を超える融資を行ってはならないという規制のことを言います。

この法人用のカードローンは、その総量規制の対象にならないのです。

その目的としましては、多重責務者になるのを防ぐためにあるようですが、だからと言って必要額を超えた融資に関しては、しっかりと把握し危険もあるということは覚えておくべきかもしれません。

まとめ

法人用カードローンについてご紹介させていただきましたが、利用するにあたりメリットやデメリットはでてきます。

利用する金融機関をしっかり調べ、安全で安心な融資を受けることが大切です。

また、必要以上に使うのではなく本当に困ったときの一つの手段として使うようにしましょう。

 

お知らせ

資金がない。資金がたりない。そんな時には法人用のカードローン!