資金がない。資金がたりない。そんな時にはビジネスカードローン!

資金がない。資金がたりない。そんな時にはビジネスカードローン!
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

急な出費など様々な事情によって、資金不足に悩まれている経営者の方の中には、スグに資金調達が必要という方もいらっしゃると思います。

資金調達の方法は金融機関からの融資などがありますが、審査などに時間がかかるため、資金調達を急いでいるケースでは間に合わない可能性が高いです。そんな、緊急時の資金調達方法の一つが「ビジネスカードローン」です。

今回は、ビジネスカードローンがどのようなローンなのか、メリット・デメリットを含めて紹介します。

1.ビジネスカードローンとは?

法人もしくは個人事業主の方が利用することができるローンカードを利用したビジネスローンをビジネスカードローンと言います。個人向けのカードローンの事業用というイメージです。

資金がない。資金がたりない。そんな時にはビジネスカードローン!

(1)ビジネスカードローンと法人カードの違い

法人カードとは、経営者の方が所有している法人名義のクレジットカードです。ビジネスカードローンは、借入をすることを目的としたカードであり、法人名義のクレジットカードとは異なります。

法人カードの場合、キャッシング機能がついているカードはあまり多くありません。また、キャッシング機能がついていたとしても借入限度額はビジネスカードローンよりも低くなります。

ビジネスカードローンの場合、利用する金融機関によって異なりますが300万円~1,000万円程度が借入限度額となる一方、法人カードのキャッシングは、50万円~100万円程度が限度額となります。

(2)ビジネスカードローンの特徴

ビジネスカードローンは、ローンカードを利用して借入を行う形になりますが、借入を行う際にはスコアリングシステムというシステムを利用した自動審査を採用していることが多いため、借入までの期間が短くなります。

金融機関等による通常の融資の場合には、審査期間に1ヵ月半~2ヵ月程度かかることが多いですが、カードローンの場合には最短で即日融資が可能なケースもあります。

-スコアリングシステムとは-

クレジットカードの審査方法としても用いられるスコアリングシステムは、ローンカードの申込者が入力した情報を基に、同業種・規模が同じ企業、同様の経営数値などの過去の融資データと照らし合わせ、与信の可否や融資可能額、金利等を自動で計算するシステムです。

2.ビジネスカードローンのメリット

ビジネスカードローン(法人カードローン)には4つのメリットがあります。

メリット1:融資実行までのスピードが早い

ビジネスカードローンの特徴でも説明したように、スコアリングシステムによる自動審査を実施するため、借入までの期間が早いことが最大のメリットです。カードによっては申込み当日に審査が完了するケースもあります。

メリット2:無担保・無保証人で融資可能

ビジネスカードローンは基本的には無担保・無保証人で借入することが出来ます。ただし、法人の場合、代表者保証は必要な場合があります。(ちなみに、日本政策金融公庫を利用した事業用資金の融資も、原則は無担保・無保証人です!)

メリット3:総量規制の対象外

総量規制とは、ノンバンクの金融機関から年収の1/3を超える借入が出来ないことを定めた制度です。総量規制は1つの金融機関・貸金業者に対してということではありません。借入の総額が年収の1/3以内ということになります。この総量規制には対象外となる貸付があります。

  • 借り換えなど借主が有利になる貸付
  • 配偶者と併せた年収の1/3以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付 等

法人の借入は個人とは異なり、はじめから総量規制の対象外となります。

メリット4:コンビニATMでも資金調達ができる!

ビジネスカードローンは、ローンカードを使用することでコンビニATMから資金調達をすることが出来ます。借入額が限度額となるため、限度額までであれば何度でもお金を借りることが出来ます。

3.ビジネスカードローンのデメリット

無担保・無保証人で即日資金調達が出来るためビジネスカードローンは良い!と思ってしまいますが、メリットがあれば当然、デメリットもあります。

デメリット1:金利は高い

ビジネスカードローンは金融機関からの融資と比較すると金利は圧倒的に高いです。利用限度額によって金利は異なりますが、低くても6%前後、高い場合には18%になることもあります。

デメリット2:金融機関からの融資が難しくなる

コンビニATMから借入が出来るという手軽さから、安易に借入を行い、借入金額がどんどん増えてしまうというリスクがあります。その結果、債務超過の状態となり、金融機関からの融資が難しくなってしまいます。

また、金融機関からの融資申込み直前にビジネスカードローンなどを利用すると、金融機関はその履歴を把握しますので、融資審査に影響が出る可能性も考えられます。

デメリット3:返済方法がリボルビング払いであることが多い

ビジネスカードローンの返済方法はリボルビング払いであることが多く、毎月の返済金額はそれほど大きくない変わりに、完済までの期間が長くなってしまう可能性が高いです。また、完済までの期間が長くなることから利息金額も大きくなります。

4.ビジネスカードローンを利用する前に!

ビジネスカードローンは、即日融資が可能という点が最大のメリットです。「今すぐ、どうしても資金調達が必要!」という緊急の場合は、ビジネスカードローンを利用することも1つです。

とは言え、事業用資金の資金調達は計画性をきちんと持って、金融機関から借入を行うことをお勧めします。日本政策金融公庫からの融資であれば、3%未満の低金利で融資を受けることが出来ます。金利は月の返済負担に関係します。そのため、他のメリットよりも大きなメリットと言えます。

資金が必要なタイミングまで1ヶ月ちょっとは時間がある!という場合には、一度、融資サポートに力をいれている専門家に相談してください。ビジネスカードローンよりも低金利で事業用資金の融資を受けることができる可能性があります。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,600件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 金利優遇を受けられる可能性あり
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能


NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

資金がない。資金がたりない。そんな時にはビジネスカードローン!