ローンを組んで車を購入するのであれば、公庫でお金を借りるべき?

ローンを組んで車を購入するのであれば、公庫でお金を借りるべき?

自動車を購入する際に、ローンを組んで購入される方が多いかと思いますが、自動車屋さんのローンを組んで購入するよりも、日本政策金融公庫で借りた方が、利息が安くなるのです。今回は、年利7%が、年利1.5%になった事例をご紹介致します。

1.車のローンは、日本政策金融公庫の融資制度を利用すべき

車のローンは日本政策金融公庫?

車のローンを組む際に、事業を行っている方であれば、日本政策金融公庫の融資制度を利用すべきかを検討してみましょう

日本政策金融公庫を利用するポイント

【お客様の事例】

私のお客様で車の購入を検討されている方がいらっしゃいました。車の購入を検討されていたお客様の場合は、審査が通れば利息が2.4%になると言われたそうです。

しかし、審査が通らない場合には7~8%になると言われました。このお客様の場合には、安い方の利息が通りませんでした。

「年利7%は高すぎる…」ということで、ご相談を受けました。利息7%は支払うことができないので利息を安く融資を受ける方法を教えて欲しいという相談をうけ、

日本政策金融公庫で融資の申し込みをしたところ利息を1.5%で融資を受けることに成功しました!

2.どのようにして利息を安くすることができるか?

日本政策金融公庫には、認定支援機関という専門家を経由して融資を受ける場合に、利息が安くなる中小企業経営力強化資金という制度があります。

この制度を利用して融資を受けることで、利息が安くなります。

中小企業経営力強化資金金利(平成29年5月17日現在)

3.結果的に利息が7%⇒1.5%へ

自動車屋の利息が安い方のローンが通らなかったお客様は、誰にも相談しなければ利息7%を払い続けていました。

専門家をただ経由して日本政策金融公庫で融資を受けるだけで利息が1.5%になったのです。

4.自動車ローンを公庫で受けた際のお得情報

普通の自動車ローンは、300万円の車を購入する際に、300万円を借りて、300万円で車を購入することから、差額が発生することはありません。

しかし、公庫では、融資の際に、自動車の見積書を持参するだけですので、その見積書の金額を借りることができるケースがほとんどです。

つまり、見積書よりも安く購入した場合には、差額が発生します。この差額は、他の事に利用しても報告する必要はありませんので、車を購入し、かつ、少しお金を借りたい場合には、とてもメリットがあるでしょう。

(例)

400万円の見積もりで400万円の融資を受けて350万円で車を購入した場合

車の見積書400万円 この見積書を提出し、公庫から400万円を借りました。 実際には自動車屋に350万円に値引きしてもらって購入しました。

実質50万円を借りたことになります。

※日本政策金融公庫では、1,000万円以上のものを購入したケースでは、購入したものの明細を提出する義務があるのですが、1,000万円未満のものについては、何も提出する必要はありません。そのため、公庫から融資を受ける際に、提出した見積書に記載された車のワンランク下のものを購入しても特に問題になることはありません。

まとめ

日本政策金融公庫では、多くの制度が存在するため、人によって何を使って融資をするのが良いのかが変わってきます。

専門家に相談し、一番安い利息の制度を利用して、融資を受けることをオススメ致します。

関連記事

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

お知らせ

ローンを組んで車を購入するのであれば、公庫でお金を借りるべき?