ローンを組んで車を購入するのであれば、日本政策金融公庫でお金を借りるべき?

ローンを組んで車を購入するのであれば、日本政策金融公庫でお金を借りるべき?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

自動車を購入する際に、ローンを組んで購入される方が多いかと思いますが、自動車屋さんのローンを組んで購入するよりも、日本政策金融公庫で借りた方が、金利が低くなることがあります。今回は、「年利7%」が「年利1.5%」になった当社事例をご紹介致します。

1.事業用の車の購入は、日本政策金融公庫の融資制度を利用できる可能性がある

ローンを組んで車を購入するのであれば、日本政策金融公庫でお金を借りるべき?

車のローンを組む際に、事業を行っている方であれば、日本政策金融公庫の融資制度を利用したほうがよいのかを検討してみましょう。

【お客様の事例】

当社のお客様で車の購入を検討されている方がいらっしゃいました。車の購入を検討されていたお客様の場合は、自動車屋さんに審査が通れば金利が2.4%になると言われたそうです。

しかし、審査が通らない場合には7~8%になると言われました。このお客様の場合には、安い方の審査に通りませんでした。

「年利7%は高すぎる…」ということで、ご相談を受けました。金利7%は支払うことができないので金利を安く融資を受ける方法を教えて欲しいという相談を受け、

日本政策金融公庫で融資の申し込みをしたところ1.5%の金利で融資を受けることができました。

2.どのようにして金利を低くすることができたか

日本政策金融公庫には、認定支援機関という専門家を経由して融資を受ける場合に、金利が安くなる中小企業経営力強化資金という制度があります。

この制度を利用して融資を受け、金利が低くなりました。

※中小企業経営力強化資金ですが、現在は内容や金利が異なってますので、ご注意ください。また金利については情勢により不定期で変更になりますので、詳しくは日本政策金融公庫のホームページでご確認ください。

日本政策金融公庫 主要利率一覧表

3.結果的に金利が7%⇒1.5%へ

自動車屋さんの金利が低いローンが通らなかったお客様は、誰にも相談しなければ金利7%を払い続けることになったでしょう。

結果として専門家を経由して日本政策金融公庫で融資を受けることで、金利が1.5%になりました。

なお、融資を受けるための条件が複数あります。今回のお客様は条件に当てはまり融資の審査に通ったことで、この金利が実現しました。

事業の状況によって、融資を受けられるかは変わるので、ご注意ください。

4.自動車ローンを日本政策金融公庫で受けた際の情報

通常の自動車ローンは、300万円の車を購入する際に、300万円を借りて、300万円で車を購入することから、差額が発生することはありません。

しかし、日本政策金融公庫では、融資の際に、自動車の見積書を持参するだけですので、その見積書の金額を借りることができるケースがほとんどです。

つまり、見積書よりも安く購入した場合には、差額が発生します。この差額は、他の事に利用しても日本政策金融公庫に報告する必要はありませんので、車を購入し、かつ、少しお金を借りたい場合には、とてもメリットがあるでしょう。

(例)

ローンを組んで車を購入するのであれば、日本政策金融公庫でお金を借りるべき?

400万円の車の見積書を提出し、日本政策金融公庫から400万円を借りました。 実際には自動車屋さんに350万円に値引きしてもらって購入しました。

実質50万円多く借りたことになります。

※日本政策金融公庫では、1,000万円以上のものを購入したケースでは、購入したものの明細を提出する義務があります。1,000万円未満のものについては、基本的に領収書などの資金使途が確認できる書類を提出する必要はありません。そのため、日本政策金融公庫から融資を受ける際に、提出した見積書に記載された車のワンランク下のものを購入しても特に問題になることはありません。しかし、車を購入するために融資を受けたのに、実際に車を買わなかったとなると資金使途違反となり、全額返済を求められる可能性がありますので、ご注意ください。

まとめ

自動車を購入する際に日本政策金融公庫を利用するケースを説明しました。同じ内容を下記動画でも詳しく解説しておりますので、ご覧ください。

今回のケースでは、日本政策金融公庫を利用して金利を下げることができましたが、場合によっては車のローンの方が条件がいい場合もあります。

購入の際はしっかり比較しましょう。

また、日本政策金融公庫では、多くの融資制度があるするため、人によってどの制度で融資を受けるのが良いのかが変わってきます。

一度専門家に相談し、どのような制度が利用できるのかを確認して、融資を受けることもご検討ください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

ローンを組んで車を購入するのであれば、日本政策金融公庫でお金を借りるべき?