【依頼者様インタビュー】飲食店開業のための資金調達1200万円の融資に成功した事例

【依頼者様インタビュー】飲食店開業のための資金調達1200万円の融資に成功した事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫の創業融資では、自己資金の最大10倍の融資を受けることができます。日本政策金融公庫は、日本政府が100%出資する貸付専門の金融機関で、これから起業をする人や民間銀行からの資金調達が難しい中小企業に対して、積極的に融資を行っています。

しかし、融資を受けることは決して簡単ではありません。創業者の強み・他社との差別化要素・売上見通しなどを創業計画書にまとめ、融資担当者との面談で事業の将来性に納得してもらう必要があります。飲食店の創業融資では、競合となる店舗が多いため、特に自身の強みと差別化要素を訴求することが重要になります。出店予定地の立地条件や、メニュー作りなど、店舗のアピールポイントを作る要素は多岐に渡ります。融資面談でも深堀されるため、融資担当者が気にするポイントを押さえたうえで、準備をすることが肝要です。

本記事では、認定支援機関のサポートを受けて高額融資に成功した事例をもとに、資金調達のポイントをご紹介します。

(※)認定支援機関とは

中小企業や小規模事業者の経営を支援する専門家として国に認定された公的な支援機関です。創業融資においては、書類の作成など、創業者が融資に成功するためのサポートを行っています。

今回インタビューに答えてくださった依頼者様

Tさん(男性)

・飲食業界で8年間の勤務経験あり
・自己資金300万円
・首都圏郊外で、薪窯(まきがま)で作る本格ピッツァの店を開業
・最終的に1200万円の高額融資に成功

(取材担当:ウェブライターK)

 

▷融資成功の秘訣は専門家に協力を依頼したこと

 

【依頼者様インタビュー】飲食店開業のための資金調達1200万円の融資に成功した事例

ポイント融資審査では、創業者自身の強み・お店のコンセプト・差別化戦略・仕入計画など事業のすべてを深堀されるため、初めて融資を受ける人にとっては非常に難易度が高いものになっています。専門家を通して、融資審査の勘所を把握し、計画の綿密性を高めることが融資成功のカギです。

ーそれでは失礼して、前置きなしにいきなりズバッと聞いてしまいますが…「事業を立ち上げよう!」と思ったときに、ソラボさんに依頼したきっかけって何だったんですか?

 

 

 Tさん:本当にいきなりですね(笑)そうですね、私の場合は、ソラボさんが運営しているウェブサイトの創業融資の記事を見たことがきっかけですね。事業を始めるにあたって、色々調べていたんですけど、そこで認定支援機関というものを知りまして。

 

 

ーお、なるほど!そこで「認定支援機関を通して融資を受けると、融資が通りやすい & 金利が低くなりやすい」っていう裏ワザをお知りになった、と。

 

 

 Tさん:そうです(笑)創業融資支援の実績も豊富みたいだったので、思い切って依頼しました。

 

 

ー一般的に、高額になればなるほど、融資は通りにくいと言われていますし、特に創業融資はタイミンングが命ですから、失敗できないですよね。ちなみに、ソラボさんに創業融資支援を依頼すると、融資書類の作成や融資面談の対策などをしてもらえるそうですが、それはどうでした?役立ちました?

 

 

 Tさん:役立ちましたねー。正直、書類のほとんどは、インターネットで公開されている記入例や、ウェブサイトで紹介されているような書き方のポイントを見ながらで、何となく記入できてしまうものなんです。でも「数値の根拠が弱い」「コンセプトがよくわからない」「ターゲットの想定は?」みたいなツッコミが入りまして。

 

 

ーツッコミ(笑)そのツッコミを全て受け入れて、本番をうまく乗り越えることができたと?

 

 

Tさん:はい(笑)整合性って言うんですかね?一人で書類の項目をただ埋めるだけだと、それに気づかずに、ちぐはぐになりがちなんですよ。経歴やストアコンセプト、店舗イメージや収支計画、そういうのを一本のストーリーのようにまとめて、融資面談に臨むことができたのは、特によかったと思います。

 

 

▷融資審査で評価されたのは、経歴・自己資金・事業計画の3点

【依頼者様インタビュー】飲食店開業のための資金調達1200万円の融資に成功した事例

ポイント融資担当者は、創業者プロフィール(経歴・強み・スキル)と事業計画から事業の将来性を判断し、融資するかを決めます。創業者は、どのように自身の経験経歴を新事業に活かせるのか、どのように売上利益を確保していくのかを明確にし、融資担当者に事業の成功イメージを持ってもらうことが重要です。

ーでは続いて、高額融資の成功の秘訣があれば教えていただけますか?

 

 

Tさん:秘訣と言うほどのことでもないのですが…融資担当の方には、経歴・自己資金・事業計画が評価できるものだった、と言われましたね。

 

 

ー経歴・自己資金・事業計画ですか。ではまず、経歴から伺いましょう。日本政策金融公庫の創業融資に求められる経歴の基準は「同じ業種に6年以上勤務していること」でしたね。

 

 

Tさん:ええ、はい。私には飲食店の経験が8年あって、その基準は満たしていました。それに、直近の3年間はピッツァ料理の責任者を任されていて、ピッツァの店を始めるには直接的に関わる経験ということで、特に評価されたみたいですね。

 

 

ーなるほど。単に勤務経験が長ければいいのではなく、責任者のように第三者に評価されていることでプラス評価になる、ということですね。続いて、自己資金ですが、日本政策金融公庫の創業融資に求められる自己資金要件は、創業資金総額の1/10ということですが…?

 

 

 Tさん:はい。私の用意した自己資金は300万円でしたので、その基準も満たしていました。

 

 

ー融資希望額は1200万円でしたよね?だとしたら、120万でその要件は満たせてしまいますが…高額融資の場合は「その基準以上の資金を用意して、誠意と情熱を見せろ!」みたいなものがありそうですね。

 

 

Tさん:そうですね(笑)用意した自己資金は、飲食店勤務でコツコツと貯めてきたものでしたから、融資担当も通帳の記録を見て、私のピッツァのお店開業に対する思いを感じ取ったのかもしれません。

 

 

ーそういうのってにじみ出るものですよね。Tさんとお会いして、雰囲気?お人柄っていうんですかね?「うわ、この人の作ったピッツァ、絶対おいしい」ってわかりますもん。絶対、お店いきます。

 

 

 Tさん:ありがとうございます(笑)

 

 

ーその絶対おいしいピッツァのお店の事業計画は、どんな点が評価されたんでしょうか?まあ、融資担当にピッツァ名人を見極める目があっただけなのかもしれませんが…(笑)

 

 

Tさん:どうですかね(笑)よい印象を与えられていたなら、それも影響しているかもしれませんが、一番の要因は実現可能性の高い事業計画であることを示すために、かなり数値にこだわったことでしょうか。

 

 

ーほぉ、数値のこだわり。例えば、どんなことをされたんでしょう?

 

 

Tさん:そうですね。商圏を確認した上で、ターゲット層を想定したメニュー作りや集客方法を検討したり、店舗の席数から売上を予測し、原価設定や必要経費を洗い出して、目標業績の推移を検討したりもしましたね。前職の人脈のおかげで、仕入や経費をかなり抑えることができたので、収支のバランスのとれた事業計画ができました。

 

 

ーはぁ、なるほど。創業前に、徹底的に数字の裏付けを取るのも秘訣と言えそうですね。自分はてっきり、お店のアピールポイントの「地元の有機野菜」と「薪窯(まきがま)」を猛プッシュしたんだとばかり…(笑)

 

 

 Tさん:それも勿論、アピールしましたよ(笑)ですが、それはお客様に関するアピールポイントのひとつであって、融資担当にはさほど響きませんからね。高額融資を申し込む理由として、薪窯(まきがま)にはこだわりたかったので「なぜこの高価な窯である必要があるのか」を説明する資料は用意しましたけどね。

 

 

ーすごいですね。何かこう「ピッツァのお店」という一見ふわふわして見える「夢」を、客観的な数字で固めに固めて、地に足がついた「計画」にする…っていうのがとてもカッコいいです!

 

 

 Tさん:ありがとうございます(笑)

 

 

▷創業融資を考えている方へ

【依頼者様インタビュー】飲食店開業のための資金調達1200万円の融資に成功した事例

 

 

ー最後のメッセージの前に、ちょっと個人的に気になったのですが、きっかけになった記事はどんなタイトルでした?もしかしたら、自分が書かせていただいたやつかもしれないなーと(笑)

 

 

Tさん:あー、すみません、残念ながらたくさん見たので、どれかは覚えてないんですけど…きっと書かれた記事は拝見したと思いますよ(笑)

 

 

ーだとしたら、自分が書かせていただいたかもしれない記事がきっかけになって、こうしてインタビューさせていただいているのは、何か素敵な巡り合わせですね!

 

 

 Tさん:ですね(笑)

 

 

ーでは最後に、創業融資を考えている方に、メッセージを一言、お願いします。

 

 

 Tさん:日本政策金融公庫の創業融資では、経歴・自己資金・事業計画を通して、「あなたが本当にあなたの夢を現実にできるか」が問われます。それが現実的じゃないと評価されれば、融資審査が通らなかったり、適切に表現されていなければ融資希望額に届かなかったりします。創業融資に関して、インターネットや本で調べて、できることはたくさんありますが、専門家に聞くのが一番早く正確です。本当の意味でのコストパフォーマンスを考えるなら、事前に、ソラボさんのような創業融資の実績が多い認定支援機関に相談してみてください。

日本政策金融公庫で融資を受けるための流れとは?

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!







NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

【依頼者様インタビュー】飲食店開業のための資金調達1200万円の融資に成功した事例