会社設立時に大事な書類「印鑑届出書」の基本情報と注意点

会社設立時に大事な書類「印鑑届出書」の基本情報と注意点
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

会社を設立する際、必要な書類として印鑑届出書があります。「どうしてわざわざ印鑑のことで、書類を提出するのだろう?」と疑問に思ったことがある方がいると思います。

今回は印鑑届出書の基本情報・注意点について解説します!

1.印鑑届出書ってなに?

印鑑届出書とは、会社の設立する時に法務局へ提出する必要のある、書類の一つです。印鑑届出書には、

会社設立時に大事な書類「印鑑届出書」の基本情報と注意点

以上の項目について記入します。

 

2.どういう時に、印鑑届出書が必要なの?

会社設立時に大事な書類「印鑑届出書」の基本情報と注意点

など、実印を用いる契約を行う場合に、印鑑届出書が必要になることが多いです。

 

3.印鑑届出書の作成時に関する注意点とは

・代表者印のサイズ

代表者印のサイズは、「1辺が1cm以上の長さ」と「3cm以内の正方形」という決まりがあります。

・届出人項目の印鑑・委任状

この記入欄には、印鑑提出者の実印が必要になります。事前に市区町村で自身の印鑑登録をしておきましょう

・代理人による提出

届出を代理人に任せる場合、

会社設立時に大事な書類「印鑑届出書」の基本情報と注意点

を、行う必要があります。

・合同会社で代表社員が法人

中には合同会社として設立をお考えの方もいるかもしれませんが、代表となる社員を法人でお考えの場合は、書き方が異なりますのでご注意ください。

会社設立時に大事な書類「印鑑届出書」の基本情報と注意点

を記入します。

・登記申請書に添付した印鑑証明書は、印鑑届出書への添付もできます。その場合は、「市区村長作成の印鑑証明書は、登記申請書に添付物を援用する」にレ点を記入します。

 

まとめ

印鑑登録届出は、会社を設立するためには必要な書類となります。印鑑提出者本人と代理人をたて提出する場合・会社の企業形態によって記入の仕方が異なるので、よく注意して印鑑登録届出を作成しましょう。

株式会社SoLaboがあなたの事業をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

会社設立時に大事な書類「印鑑届出書」の基本情報と注意点