個人事業主にはない!経営者が会社設立することのメリットとは?

個人事業主にはない!経営者が会社設立することのメリットとは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

事業を始める人にとって、個人事業主で事業行うのか・会社設立をし、事業を行うのか、ここで悩むことが多いと思います。

しかし、「個人事業主も会社設立も似たようなものだろうから、どっちでもいいや!」と考えていると、後々後悔するかもしれません。そこで今回は、会社設立することによるメリットについて紹介します!

1.会社設立の大きなメリット

(1)企業・団体・個人からの信頼が得やすい

最近技術力の高い・実績のある個人事業主が増えてきていますが、社会的にはまだまだ個人事業主に対する社会からの信頼度は高くないのが現状です。そのため、会社設立した方がビジネス面で有利になりやすいことが多いです。

例えば、個人事業主と比べ会社設立した方が・・・

個人事業主にはない!経営者が会社設立することのメリットとは?

(2)節税対策

会社設立は、個人事業主とは違い節税対策を取ることが出来ます。

例えば個人事業主は収入が増えれば増えるほど税率が高くなる所得税が使われていますが、会社設立した場合は一定税率を払えば良い法人税が使われています。そのため、もし会社経営が上手くいき・継続的に500万円以上稼ぐようになりそうなら、会社設立も考えてみましょう。

他にも会社設立した方が・・・

個人事業主にはない!経営者が会社設立することのメリットとは?

(3)経営失敗した時の、リスクが抑えられる

万が一経営に失敗した場合、個人事業主の場合は借入金・仕入れ先の未払い金などを自腹切ってでも返済しなければなりません。会社設立した場合は、出した分だけのお金を払えばよい有限責任という形で返済義務がとられています。そのため、経営失敗した際のリスクも会社設立した場合のほうが少なめになると言えます。

ただし会社設立しても、経営者が保証人となっている場合は借入金などの返済を行わなければならないので注意しましょう。

 

2.会社設立のデメリットとは

【デメリット①】

個人事業主にはない!経営者が会社設立することのメリットとは?

会社設立した場合、どんなに赤字があって・苦しくても法人住民税などの税金は支払わなければなりません。

【デメリット②】

個人事業主にはない!経営者が会社設立することのメリットとは?

会社設立した場合、社会保険に加入する必要があります。会社と本人が半分ずつ社会保険料を負担しなければなりませんので、従業員が増えるほど・会社にかかる負担も大きくなります。

【デメリット③】

個人事業主にはない!経営者が会社設立することのメリットとは?

会社設立した場合、税金の申告・社会保険・労働保険・株主総会・役員変更登記などなど、行わなければならない手続きが多く・さらに複雑なものが多いです。そのため専門家に手続きの手伝いを依頼せざる終えなくなるので、コストも増加します。

 

まとめ

会社設立した場合、社会からの信頼や節税対策の面で得られるメリットが多いですが、反面複雑な手続きが多く・赤字でも税金の支払いがあります。これらを踏まえて、個人事業主として事業を行うのか・会社設立して事業を行うのかをしっかり考えていきましょう!

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

個人事業主にはない!経営者が会社設立することのメリットとは?