倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

倒産を前提に営業している事業主の方は、いないと思いますが、倒産しないためにチェックしておかなければならないことを把握しておりますか?売上だけに着目していると足元を救われる可能性もありますので、倒産しないために必要なことを今回の記事で確認してください。

1.売上をチェック

売上チェックは、どの社長でも毎月チェックしているとは思いますが、売上が下がっている場合、改善していかなければ倒産してしまいます。まずは売上を上げるための対策を検討してください。

大切なことは、売上を上げるために、何をしなければならないかを書き出して、その書きだした内容を一つずつ実行することです。 業種によって、何をしなければならないか異なると思いますので、この点については割愛させて頂きます。

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

2.経費をチェック

無駄な経費がどれだけあるのかを把握する必要があるでしょう。仮に多くの無駄な経費があるのであれば、徐々にでも削減していかなければならないでしょう。

全てを1人でやっている社長の場合、毎月いくら使っているのかを把握せずなんとなく営業している方もよくいらっしゃるのですが、毎月の収支状況を確認し、無駄な経費を確認しておくべでしょう。 税理士にまかせている方は、毎月資料を提出し、その提出した資料で、無駄がどれだけあるのかを確認してもらうことをオススメします。

3.不採算部門に対して固執していないかのチェック

複数の部門で営業している会社で、不採算の部門があるケースがあります。前提として、部門で管理していることが大切なのですが、部門で管理しており、その部門で毎月赤字が続いていて、改善の見通しがたたないのであれば、

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント  倒産しないために確認すべき10のチェックポイント  倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

などの対策が必要になってくるでしょう。

4.正社員の雇用を継続するか否かのチェック

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

正社員をリストラすることは非常に難しいです。しかし、固定費を圧縮するためには、やむを得ずリストラをするしかないケースもあるでしょう。経営が厳しい状況であれば、従業員を削減しなければならないケースがありますので、雇用を継続するかどうかを確認することは非常に大切でしょう。

5.すぐに売却できるかどうかのチェック

株や、信託、自動車などの余裕資産があれば、すぐに売却できる可能性がありますが、余裕資産がなければ、万が一の際に、お金がなく、支払いができない状況になる可能性があります。万が一のために、すぐに売却可能な資産がどれだけあるのかをチェックしておきましょう。

6.借入金の返済と利益のバランスをチェック

利益が出ていたとしても、借入金の返済額が利益を上回れば、黒字倒産する可能性があります。 簡単な例でご説明致します。

売上100万円 人件費70万円 もしこれしか取引がない場合、売上-人件費=利益 つまり、100万円-70万円=30万円(利益) 利益が30万円出てきます。

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

利益が出ていれば倒産することなんてありえない!と感じるかもしれませんが、もし、毎月借入金の返済額が40万円だった場合、毎月10万円の現金がなくなっていきます。

通帳に120万円しか残金がなく、毎月10万円の現金がなくなっていけば、1年後には、黒字でも倒産してしまう可能性があります。

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

つまり、利益と、借入金の返済額のバランスをチェックすることが非常に大事になります。

もし、毎月現金が減っているのであれば、売上を上げるための努力や、経費の削減努力をする必要があるでしょう。

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

7.消費税の支払いをチェック

基本的に、開業して2回の申告が終わるまでは、消費税の負担がありません。しかし、1期目に売上が1,000万円以上出ている会社であれば、3期目から消費税の負担をしなければなりません。 消費税の負担がない期間で、キャッシュがギリギリの状況であれば、消費税の負担が始まってから、消費税を払うお金を残しておくことは難しくなるでしょう。 そのため、消費税に全く手を付けなくても営業できるようにしておかなければ倒産してしまう可能性があるでしょう。

受け取った消費税に手を付けなくても営業できる価格設定にして営業しなければならないということを覚えておきましょう。

8.社会保険料の負担をチェック

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

常時5人未満の従業員を雇っている個人事業主であれば、社会保険に加入しなくてもよいのですが、法人や、5人以上の従業員を雇用する個人事業主は、社会保険に加入しなければなりません。

現在、法人でも社会保険に加入していない会社もありますが、本来は、加入の義務があります。社会保険に加入していない状況で、キャッシュがギリギリの状況であれば、社会保険の調査が入り、加入せざるを得ない状況になった場合、社会保険を負担することで、お金がなくなり、倒産してしまう可能性も出てきてしまうでしょう。

スタートの段階で、従業員を社会保険に加入させても営業できるように計画を立てておくことが大切でしょう。

9.役員報酬をチェック

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

法人を設立し、その法人の役員になった場合には役員報酬が発生します。その役員報酬の額は基本的に1年に1回しか変更することができません。

売上が予定よりもあがらない場合にも、その役員報酬を払わなければなりません。払えずに未払いになったとしても、その役員報酬に対する源泉所得税を納付しなければなりません。役員報酬が払えず、かつ、源泉所得税が払えなくなってしまわないように、役員報酬を決める際は慎重に行うべきでしょう。

10.入出金のタイミングをチェック

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント

会社の取引で、入金と出金のタイミングを確認することは非常に大切になります。 例えば、 支払は30日後まで 入金は60日後 という業種であれば、黒字倒産になってしまう可能性があります。 会社の状況が危なくなる前に、支払は少しでも遅く、入金は少しでも早くすることで、お金が貯まりやすい会社になりますので、入出金はチェックしましょう。

まとめ

倒産しないためのチェックポイントを、開業時から把握し、毎月気をつけておけば倒産するリスクは非常に低くなるはずです。倒産せずに事業を行っていくためにも、チェックポイントを定期的に確認することをオススメします。

関連記事

日本政策金融公庫で融資を受けるための流れとは?

日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

倒産しないために確認すべき10のチェックポイント