売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?
売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

売掛債権担保融資とも言われるABLとファクタリングは、両者とも売掛金を利用した資金調達方法です。

ではABLとファクタリングの違いとは何なのでしょうか?

潰れない会社を経営するためには、手元に十分な現金を確保しておくことが大切です。

しかし掛け取引をした場合、売掛金を回収するまでの期間で資金不足に陥る可能性があります。

売掛金がある場合に利用できる資金調達方法であるABLやファクタリングを積極的に利用しましょう。

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

1.ファクタリングとは

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

掛け取引をした場合、入金が確実である売掛金を売却することで資金を調達する方法です。

ファクタリングを専門に取り扱っている業者に依頼することで、売掛債権を売却します。

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

ファクタリングは売掛債権譲渡とも呼ばれ、ファクタリング会社を通して債権を譲渡することで現金化し資金を調達します。

ファクタリングを利用し、ファクタリング会社に売掛債権を譲渡した場合、取引先はファクタリング会社に掛金の支払いを実行しなければなりません。

ファクタリングを利用して資金調達をする場合、取引先に事前に報告し許可を得ておく必要があるので注意しましょう。

また、利用したファクタリング会社への手数料の支払いも必要になります。

2.ABLとは

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

ABLは、売掛債権担保融資ともいわれ、掛け取引で発生した売掛債権を担保にして資金調達をする方法です。

規模が大きい企業であれば、不動産などを担保にして融資を受けることが可能ですが、中小企業や零細企業である場合、担保にできる不動産や土地を所有していないケースも多々あります。

そこで、金融機関は掛け取引によって発生した売掛債権を担保として資金調達ができる仕組みを構築しました。

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

金融機関との信頼関係があることを前提として実行される資金調達方法で、融資をした後も事業が継続する見込みがなければABLを利用することは難しくなります。

ABLを利用する場合の多くが、取引先から承認を得る必要があり、売掛債権を担保に融資を受ける場合には「債権譲渡登記」が必要なので注意しましょう。

また、取引先との間で発生した売掛債権に「譲渡禁止特約」結ばれている場合には、ABLを利用して売掛債権を担保とした融資を利用することが出来ないので、取引先との契約時にはきちんと確認しておく必要があります。

そして最も注意が必要なのは、ABLによって融資を受けた場合は、取引先から掛金の回収が出来なかった場合のリスクを背負っている点です。

3.ABLファクタリングの違いは?

ABLとファクタリングについてご紹介しました。

ABLとファクタリングは両者とも売掛債権を利用した資金調達方法ですが、大きな違いは【売掛債権の売却】と【売掛債権を担保にした融資】であることでしょう。

(1)調達できる金額が違う?

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

ABLとファクタリングは利用した際に調達できる金額が異なります。

ABLを利用し、融資を受けて資金調達をした場合、取引先である売掛先の状況や、売掛金が今どのような状態かなどを金融機関が判断し、融資金額を決定します。

ファクタリングを利用して資金調達をする場合、売掛債権をファクタリング会社に売却することで資金調達をするため、売却する債券である「売掛金」の金額より高い金額は調達することができません。

(2)何の信用度が重視されるかが違う?

ALBを利用し、融資を受けて資金調達をする場合、融資を申し込む企業自体の信用力が一番に重視されます。

融資を申込んだ金融機関との関係性も重要ですが、融資を受ける企業の業績や、さまざまな支払状況、これまでの金融情報などの確認がされるでしょう。

どれだけ多きい金額の売掛債権があったとしても、金融機関での審査に通過できなければ融資は実行されないでしょう。

ファクタリングを利用して資金調達をする場合、取引相手の売掛先の信用度が重視されます。

ファクタリングを利用する企業の売上が赤字であっても、取引先の信用度が高ければ、ファクタリングをした資金調達方法を利用することができるでしょう。

(3)金利や手数料が違う?

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

ALBを利用して融資を受けることで資金調達をする場合、金融機関の判断によって金利が設定されます。

もちろん、担保の資産価値が高く、企業の業績が伸びるであろうと予想され、信用度が高い企業の場合、比較的低い金利で融資を受けることが出来るでしょう。

ファクタリングを利用した場合、利用したファクタリング会社に対して手数料を支払う必要があります。

多くの場合、売却する売掛債権の金額が高ければ手数料も高く設定されます。また、売掛債権を売却するため、ファクタリング会社は手にした債権を回収できないリスクを背負うことになることから、手数料は高めに感じることが多いでしょう。

4.ABLを利用するべきケースとは?

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?

あまり大きな金額の取引ではなく、入金までの期間が短い売掛債権がある場合の利用がオススメです。

売掛債権を担保として融資を受けるABLは、1つの債権だけでなく、所有している売掛債権全てを担保とすることが可能です。

5.ファクタリング利用するべきケースとは?

ファクタリングを利用して資金調達をする場合、所有している売掛債権をできるだけ早く回収したい、入金までの期間が長く困っている、というときにオススメです。

金額が大きい売掛債権を所有している場合も、売却することができれば運転資金として大きな役割を果たしてくれるでしょう。

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

まとめ

今回は、掛け取引によって発生した売掛金を利用した資金調達方法であるABLとファクタリングについてご紹介しました。

2つの資金調達方法の違いは

【売掛債権を売却した資金調達】である点と【売掛債権を担保にした融資による資金調達】である点です。

企業の状況と、売掛債権の金額や入金サイトによってどちらの方法を選択するかを判断しましょう。

どちらを利用するべきか迷っている場合には、一度税理士などの専門家に相談することをお勧めします。

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績400件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWTVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

融資を受けやすくする方法とは?

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

売掛債権担保融資【ABL】とファクタリングの違いを知っていますか?