事業用の公共料金を払うベストな方法とは?

事業用の公共料金を払うベストな方法とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

開業してから、公共料金をコンビニで支払っている方もいらっしゃると思いますが、いちいちコンビニで支払うのは面倒ですよね?

コンビニで払うのが面倒なので、他に良い方法はないですか?とよく質問があります。
では、事業用の公共料金は、どのように支払えば事業主は楽できるのでしょうか?

1.公共料金は、クレジットカードで払うべき!

公共料金を毎回コンビニ払いにしている方は、かなり面倒だと感じているのではないでしょうか?

面倒だと感じてる方は、絶対にクレジットカード払いにすべきでしょう。

クレジットカード払いにすれば少しはポイントが溜まりますのでお得ですし、期限内に必ず支払うことが可能になります。

詳細は、下記サイトをご参照ください。

公共料金の支払いをクレジットカードにしたらポイントがお得?

2.クレジットカード払いにする際の注意点

個人事業で開業した方は、プライベートで利用していたクレジットカードで公共料金を支払うように設定する方がいらっしゃるのですが、これはNGです!

経理をする際に、プライベート用と、事業用がわかりにくくなります。

個人事業を始めたのであれば、事業用にクレジットカードを作りなおすべきでしょう。

事業用の公共料金を払うベストな方法とは?

3.公共料金をクレジットカード払いにしておくと融資を受けやすい?

日本政策金融公庫では、初めて融資を受ける場合、公共料金の支払い状況をチェックされます。

期日通りに支払っているのかをチェックしますが、クレジットカード払いにしておけば、確実に期日通りに支払うことができますので、融資を検討している方にとってもクレジットカード払いがオススメでしょう。

事業用の公共料金を払うベストな方法とは?

まとめ

クレジットカードで公共料金を支払ったほうがよい理由をご理解頂けたでしょうか?
支払いが楽だし、ポイントも貯まるので一石二鳥ですね!!

関連記事

日本政策金融公庫ってどんな金融機関? 日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

事業用の公共料金を払うベストな方法とは?