ファクタリングには、2社間で行う契約と、3社間で行う契約がある?

ファクタリングには、2社間で行う契約と、3社間で行う契約がある?

ファクタリングは、2社間で行う契約と、3社間で行う契約があります。それぞれの違いを正確に把握しておきましょう。

2社間で行うファクタリングとは?

2社間で行うファクタリングについては、例を使ってご説明させて頂きます。

2016年4月30日

株式会社太郎さんが、取引先Aに500万円で商品を販売しました。

※2ヶ月後に入金予定でした。

請求日は4月30日

お支払日は、5月30日

2016年5月1日

5月頭に現金が必要だったため、500万円の売掛金をすぐにお金にするため、株式会社太郎は、5月1日にファクタリング会社とファクタリング契約を締結しました。

2016年5月2日

ファクタリング会社から現金が入金されました。

2016年5月30日

株式会社太郎は、売掛金の代金500万円を期日通りに取引先Aより振り込まれます。

お振り込みされた後に、ファクタリング会社にこの500万円をお支払いすることで、ファクタリング取引が終了します。

2社間で行うファクタリングとは、取引先A(売掛先)は、ファクタリングに関与することはないですし、かつ、取引先Aには、通知が行くこともありません。

そのため、取引先Aの支払い先の口座は変更することはありません。

【2社間で行うファクタリングのまとめ】

売掛先は、ファクタリングに何も関与することはありませんので、通知を受けることもありませんし、支払口座も変更になることはありません。

3社間で行うファクタリングとは?

3社間で行うファクタリングについては、例を使ってご説明させて頂きます。

2016年4月30日

株式会社太郎さんが、取引先Aに500万円で商品を販売しました。

※1ヶ月後に入金予定でした。

請求日は4月30日

お支払日は、5月30日

2016年5月1日

5月頭に現金が必要だったため、500万円の売掛金をすぐにお金にするため、株式会社太郎は、5月1日にファクタリング会社とファクタリング契約を締結しました。

2016年5月2日

ファクタリング会社から現金が入金されました。

ここまでの流れは、2社間でも3社間のファクタリングでも同様となります。

2016年5月30日

取引先Aが直接ファクタリング会社にこの500万円をお支払いします。

3社間で行うファクタリングの場合には、取引先A(売掛先)は、ファクタリングに関与することになります。そのため、お支払いする口座が変更になることもあります。

また、取引先A(売掛先)が直接ファクタリング会社にお金を支払うこととなります。

【3社間で行うファクタリングのまとめ】

売掛先は、ファクタリングに関与する。支払口座が変更になる可能性があります。

売掛先は、直接ファクタリング会社に売掛金の代金を支払うこととなります。

まとめ

2社間のファクタリングと3社間のファクタリングの意味の違いをご理解頂けたでしょうか?

しっかり理解した上で、ご契約をしてください。

ファクタリングには、2社間で行う契約と、3社間で行う契約がある?

お知らせ

ファクタリングには、2社間で行う契約と、3社間で行う契約がある?