ファクタリング契約をする際に登場する償還請求権って何?

ファクタリング契約をする際に登場する償還請求権って何?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

ファクタリングを実施する際に、償還請求権という言葉が登場しますが、償還請求権とはいったい何なのでしょうか?

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

0、そもそもファクタリングって何?

ファクタリング契約をする際に登場する償還請求権って何?

ファクタリングとは、取引先に対して、商品の販売又は、サービスを提供しているが、まだ、代金を回収していない金額(売掛金)をファクタリング会社に売却し、資金調達をする方法です。

ファクタリングを利用できるか知りたい!という方は下記より無料で相談が出来ます。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

1.償還請求権って何?

文章で説明してもイメージしにくい部分となりますので、例を使ってご説明させて頂きます。

【例】

株式会社太郎は、取引先Aに対して、2016年4月1日に500万円の商品を販売しました。

この500万円は、翌月末日(2016年5月30日)に入金の契約となっております。

 

株式会社太郎の会計処理

売掛金 500万円 / 売上 500万円

 

上記の売掛金500万円は、1ヶ月間入金されません。

株式会社太郎は、人件費を支払うお金がなく、この売掛金をすぐに現金化したいと考え、ファクタリング会社に売却しました。

 

本来の流れでいけば、2016年5月30日に、取引先Aより株式会社太郎に500万円入金され、その後、株式会社太郎から、ファクタリング会社に500万円を支払います。

 

では、もし万が一、取引先Aが倒産してしまったら、ファクタリング会社は、500万円を回収することができないのでしょうか?

 

ここで、登場するのが、『償還請求権』です。

償還請求権があれば、仮に取引先Aが倒産したとしても、ファクタリング会社は、株式会社太郎に対して、500万円を請求する権利があります。

 

権利の流れのみで、確認すると、

株式会社太郎は、取引先A(売掛先)に対して、500万円の商品を販売した時点で、将来お金をもらう権利を取得します。

次に、株式会社太郎は、将来500万円もらえる権利を、ファクタリング会社に売却します。この時点で、将来500万円もらえる権利は、ファクタリング会社に移行されます。

 

この段階ですと、将来500万円もらえる権利があるのは、ファクタリング会社で、将来500万円を支払わなければならない会社は、取引先Aとなります。

 

もし万が一、取引先Aが倒産してしまい、500万円を支払うことができない場合には、償還請求権があれば、その500万円は、株式会社太郎がファクタリング会社へ支払義務が発生してきます。

【ここまでのポイント】

ファクタリング会社は、売掛先が倒産してしまった場合でも、償還請求権があれば、ファクタリングの契約をした会社に対して、代金を全額請求する権利があります。

2.償還請求権がある場合と、ない場合の違いとは?

上記の事例の会社名を利用して、ご説明させて頂きます。

(1)償還請求権ない場合

取引先Aが倒産したとしても、株式会社太郎は責任を問われることはありません。

(2)償還請求権がある場合

取引先Aが倒産した場合、株式会社太郎に支払い義務が発生します。

つまり、株式会社太郎は、負債を抱えることとなります。

3.2社間のファクタリング契約と3社間のファクタリング契約で、償還請求権の有無が異なるの?

2社間でファクタリング契約を行っている場合には、償還請求権がない場合が多いです。つまり、売掛先が万が一倒産しても、ファクタリングを利用した方には、リスクは発生しません。

ファクタリングを利用する方の多くは、2社間ファクタリングを利用しているため、基本的に償還請求権はありません。

そのため。もし、売掛先が倒産しても、ファクタリング会社に対して支払い義務は発生しません。

4.ファクタリングを利用する方の多くは、2社間ファクタリングを利用している!

ほとんどの方が、2社間ファクタリングを利用するのですが、その理由は下記をご覧いただければイメージできると思います。

(1)2社間ファクタリングのメリット

売掛先(取引先)にファクタリングを利用したことがばれることはない

(2)3社間ファクタリングのデメリット

売掛先(取引先)にファクタリングを利用したことがばれてしまう

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの詳細は下記をご確認ください。

ファクタリングには、2社間で行う契約と、3社間で行う契約がある?

会社を経営していく上で、ファクタリングを利用することが取引先にばれてしまっては、今後の取引を解消されてしまう可能性もあります。

そのため、多くの企業は、取引先にファクタリングを利用したことがばれない2社間ファクタリングを利用します。

まとめ

ファクタリングにおける償還請求権についてご理解頂けたでしょうか?

ファクタリングを利用する方の立場を考えれば、少しでもリスクが低い方が安心できると思いますので、選択できるのであれば、償還請求権なしを選ぶべきでしょう。

ファクタリング契約をする際に登場する償還請求権って何?

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

style up lab mot/市川代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

株式会社in the house/佐々木代表

融資を受けやすくする方法とは?

ファクタリング契約をする際に登場する償還請求権って何?