ファクタリング利用のメリット・デメリット

ファクタリング利用のメリット・デメリット
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

一時的にお金に困っている場合、カードローンを選ぶべきか、融資を受けるべきか、それとも最近登場してきたファクタリングを利用するかで、悩む方も多いでしょう。

今回は、ファクタリングを利用した場合のメリット・デメリットをご紹介していきます。

ファクタリングの概要

ファクタリングとは、一言で言うと、売掛金をファクタリング会社に売却し、最短で申込んだその日に現金化する方法です。

ファクタリング利用のメリット・デメリット

上記に該当している方は、ファクタリングを利用することが有効な手段となるでしょう。

では、ファクタリングを利用する前に、ファクタリングのメリットと、デメリットを覚えておきましょう!

ファクタリングを利用するメリット

メリット1:早ければ翌日に現金が手に入る!

ファクタリング利用のメリット・デメリット

融資を行う場合には、入金までに時間がかかります。どうしてもすぐにお金が必要な時には融資では間に合いませんが、ファクタリングは、最短で翌日には売掛金を現金化することが可能です。

メリット2:キャッシュフローの改善を図ることが可能

売掛金を早期に回収できるファクタリングを利用することで、入金はより早く、出金はより遅くすることで、資金繰りがよくなるという発想から、キャッシュフローの改善を行うことが可能となります。

ファクタリング利用のメリット・デメリット

メリット3:ファクタリングをしても取引先に判明しない

ファクタリングを簡単に説明すると、ファクタリング会社に売掛金を売却することです。2社間ファクタリングを利用する場合には、取引先に売却していることはバレることはありません。そのため安心してご利用することができるでしょう。但し、3社間ファクタリングの場合には、取引先にファクタリングを利用していることがわかってしまいます。

2社間3社間ファクタリングのメリットデメリット

メリット4:貸借対照表上、負債計上されることはない

ファクタリングを利用することで、現金が入ってくるにも関わらず、負債計上されることはありません。

ファクタリング利用のメリット・デメリット

つまり、融資を受けた場合には、貸借対照表に負債が計上されますが、ファクタリングの場合には、負債計上されません。

負債計上されなければ、万が一金融機関に貸借対照表を見せる場合があっても評価が悪くなることはありません。

メリット5:取引先(売掛先)が倒産しても支払義務なし

契約によっては、取引先(売掛先)が倒産しても支払義務は生じません。つまり、貸倒れリスクがありません。

メリット6:業績に関係なく利用可能

金融機関からの融資であれば、赤字の場合には借りにくいですし、債務超過であった場合にも借りにくい傾向があります。

ファクタリングの場合、赤字であっても、債務超過であっても利用することが可能となります。

ファクタリングを利用するデメリット

デメリット1:資金調達できる上限が、売掛金の範囲内

多くの金額を調達したかったとしても、ファクタリングでは、売掛金の範囲内(月商が上限)でしか資金調達することができませんので、売掛金が少ない場合には、希望通りの金額を調達することはできません。

デメリット2:融資に比べるとコストがかかる

相場でいくと、手数料は売掛金の5%~20%となります。他の金融機関と比較してしまうとコストがかかるでしょう。

デメリット3:分割返済不可

取引先から、当初に予定された入金日に入金された時点ですぐに全額返済しなければなりませんので、分割返済することはできません。

まとめ

手数料が高い等のデメリットがあるため、ファクタリングの利用はおすすめできません。ファクタリングを利用する場合には、一時的な資金調達として考え、繰り返し利用するのはやめましょう。

一般的なファクタリング業者は手数料が10%以上ですが、当サイトが提携しているOLTAは手数料が2.0%~9.0%なので、他の業者と比較して手数料を抑えて資金調達が可能です。ファクタリングに関する質問だけでも問題ありませんので、興味があれば以下の問い合わせフォームからお問い合わせください。

ファクタリング利用のメリット・デメリット

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

ファクタリング利用のメリット・デメリット