ファクタリング利用の成功事例【卸売業】

ファクタリング利用の成功事例【卸売業】
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

卸売業の方で近年ファクタリングを利用する方が増加しております。

ファクタリング利用の成功事例【卸売業】  ファクタリング利用の成功事例【卸売業】

の2つをご紹介致します。

ファクタリング利用の成功事例【卸売業】

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。当サイトは業界でも最も低い手数料で取引を行うOLTAのクラウドファクタリングと提携をしています。もしもファクタリングでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

ファクタリング利用の成功事例【卸売業】

1.卸売業の方がファクタリングを利用する理由

季節によって、売上が大幅に変動する卸売業者は、ファクタリングを利用するケースが増えております。

ファクタリング利用の成功事例【卸売業】

例えば、ダウンジャケットの販売をメインとしている会社であれば、冬に売り上げの多くが計上されます。もっと商品を作成すれば、さらに売り上げが上昇するとわかっていても、商品作成に利用できるお金が限られていれば、商品を作成できません。そんなときに利用しやすいのが、ファクタリングです。

もっと商品を作れば売れるとわかっている状況であれば、売掛金の一部を売却することで現金化し、その現金を利用して商品を作ることで、さらなる売上を見込むことができます。

つまり、季節ごとに変動する商品を扱っている会社は、売れるシーズンを迎えた際に、資金調達をして商品を作成し、売上を上げることで、チャンスをつかむことができるでしょう。

2.卸売業がファクタリングを利用して成功した事例

卸売り業界の競合が倒産したことで、その企業が取引していた企業と取引できるチャンスが増えました。

取引するためには、仕入れ代金を資金調達する必要があったので、何とか融資を受けようとしたが、すでに多くの融資を受けており、融資の審査は通りませんでした。

その時に登場したのが、ファクタリングでした。

ファクタリングを利用し、2,800万円を調達したことで、仕入れ資金を確保することができ、取引先がお幅に増大したという事例がありました。

ファクタリングは、融資を受けられない方でも資金調達できるケースがありますので、利用できるかどうかの診断をしてみることをオススメ致します。

手数料は低く取引可能なOLTAのクラウドファクタリング

手数料が高く、本来受け取れるはずの資金も手数料で大きく引かれた状態で手元に入ってくるため、一時的な資金調達以外での利用はおすすめできません。

それでも、どうしても資金が必要、という場面は経営を行っていたら出てきてしまうのが現状です。

そんな時は手数料も低く、安全性もある、当サイトと提携も行っているOLTAのクラウドファクタリングのご利用をご検討ください。

OLTAのクラウドファクタリングは申込から現金にするまで最短24時間で可能、申込から契約完了までWEB上で行うことができる、手数料が通常のファクタリング業者に比べて断然低いです。

当サイトはOLTAと提携しており、特別にファクタリングのご紹介可能です。ファクタリングに関する質問だけでも問題ありませんので、興味があれば以下の問い合わせフォームからお問い合わせください。

ファクタリング利用の成功事例【卸売業】

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

ファクタリング利用の成功事例【卸売業】