広告業界のファクタリング成功事例

広告業界のファクタリング成功事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

広告業界の中で、サイト制作会社や、リスティングやフェイスブック広告運用を行っている会社は、入金が遅いケースがよくあります。

案件の依頼が増加すればするほど、先に支払わなければならない金額が増加するため、黒字倒産になりやすいといえます。

今回は、広告業界でのファクタリング成功事例をご紹介致します。

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

1.広告業界の方でファクタリングを利用する理由

広告業界の方がファクタリングを利用するケースが増加しております。

広告業界でも、特にサイト制作会社や、リスティング、フェイスブック広告運用を行っている会社で、入金が後払いの会社がファクタリングを利用するケースが増加しております。

広告業界のファクタリング成功事例

サイト制作会社であれば、納品後や検収後に入金されるケースがあり、それまでお金が入ってこないことから、資金繰りが非常に悪くなります。

リスティングやフェイスブックの広告運用をメインにしている会社であれば、運用費を立替えなければならない状況もあるでしょう。

このような状況で、取引先が増加すると、立替え金が増大してしまい資金繰りが非常に悪くなります。この資金繰りの悪化を改善するためにファクタリングを利用する広告代理店が増えております。

広告業界でファクタリングを検討されている方は、下記より無料でファクタリングに関する相談が可能です。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

2.広告代理店がファクタリングを利用した成功事例

広告業界のファクタリング成功事例

リスティングに広告費予算を割くことが出来れば、売上があがることが目に見えていたのですが、資金が不足しておりました。

ファクタリングを利用し、資金を確保し、リスティングに広告費を充当したことで、売上が伸びた会社がありました。

広告業界のファクタリング成功事例

まとめ

ファクタリングは、正しい使い方をすれば、資金繰りを改善させてくれるため、経営するためには、必要な制度になるでしょう。

時間をかけて資金調達してもよいのであれば、日本政策金融公庫からの借入がオススメですが、もし時間がなく、すぐにお金を借りたいのであれば、ファクタリングという選択肢もありでしょう。

広告業界のファクタリング成功事例

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

広告業界のファクタリング成功事例