広告業界のファクタリング成功事例

広告業界のファクタリング成功事例

広告業界の中で、サイト制作会社や、リスティングやフェイスブック広告運用を行っている会社は、入金が遅いケースがよくあります。

案件の依頼が増加すればするほど、先に支払わなければならない金額が増加するため、黒字倒産になりやすいといえます。

今回は、広告業界でのファクタリング成功事例をご紹介致します。

1、広告業界の方でファクタリングを利用する理由

広告業界の方がファクタリングを利用するケースが増加しております。

広告業界でも、特にサイト制作会社や、リスティング、フェイスブック広告運用を行っている会社で、入金が後払いの会社がファクタリングを利用するケースが増加しております。

広告代理店で資金繰りが悪くなる理由

サイト制作会社であれば、納品後や検収後に入金されるケースがあり、それまでお金が入ってこないことから、資金繰りが非常に悪くなります。

リスティングやフェイスブックの広告運用をメインにしている会社であれば、運用費を立替えなければならない状況もあるでしょう。

このような状況で、取引先が増加すると、立替え金が増大してしまい資金繰りが非常に悪くなります。この資金繰りの悪化を改善するためにファクタリングを利用する広告代理店が増えております。

2、広告代理店がファクタリングを利用した成功事例

ファクタリングの説明

リスティングに広告費予算を割くことが出来れば、売上があがることが目に見えていたのですが、資金が不足しておりました。

ファクタリングを利用し、資金を確保し、リスティングに広告費を充当したことで、売上が伸びた会社がありました。

ファクタリングで売上が上がる流れ

まとめ

 

ファクタリングは、正しい使い方をすれば、資金繰りを改善させてくれるため、経営するためには、必要な制度になるでしょう。

時間をかけて資金調達してもよいのであれば、日本政策金融公庫からの借入がオススメですが、もし時間がなく、すぐにお金を借りたいのであれば、ファクタリングという選択肢もありでしょう。

広告業界のファクタリング成功事例

お知らせ

広告業界のファクタリング成功事例