医療、介護業界でファクタリングを利用する場合ダントツで手数料が安い!?

医療、介護業界でファクタリングを利用する場合ダントツで手数料が安い!?

ファクタリングは、近年注目を浴びている資金調達方法ですが、医療業界や、介護業界では、以前から利用者が多かったため、ファクタリングをご存じの方も多いのではないでしょうか。医療業界、介護業界の方がファクタリングを利用する場合には、他の会社がファクタリングを利用するよりも断然手数料が安くなります。ではなぜ手数料が安くなるのでしょうか?

1、医療、介護業界がファクタリングを利用する理由

健康保険が絡む売上が多い業界は、入金までの期間が非常に長いです。

そのため、売上が順調に伸びているにも関わらず、資金繰りが非常に悪い会社が多い業界です。

入金までの期間が長いことから、ファクタリングを利用する会社が多い業界です。

 

2、介護事業は、ファクタリング手数料が通常より大幅に安い?

ファクタリングには、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングがあります。両者の大きな違いは、2つで

①ファクタリングをしたことを売掛先(取引先)にばれるか否か

②手数料に大きな差が生じる

 

2社間ファクタリングは、売掛先(取引先)にファクタリングしたことがばれることがないのですが、その代わりに手数料が高いです。

3社間ファクタリングは、売掛先(取引先)にファクタリングしたことがばれるのですが、その代わりに手数料が安くなります。

一般的には、売掛先にファクタリングを利用したことを知られたくないため、2社間ファクタリングを利用する会社が多いです。

しかし、介護事業の場合、売掛先は、国民健康保険団体(国保連)となりますので、ファクタリングを利用したことがばれてしまっても何も問題ありません。そのため、3社間ファクタリングを選択し、手数料を安く抑え資金調達を行う会社が多く存在しております。

 

3、売掛先が、国民健康保険団体(国保連)だからファクタリング業者も安心!

国保連は、国の機関ですので、100%回収することができるでしょう。そのため、ファクタリング業者も回収できないリスクはありませんので、審査に落ちることはありません。

また、ファクタリング業者に回収できないというリスクはありませんので、手数料も安くなります。そのため、医療、介護業界にとっては、ファクタリングは非常に有効な資金調達手段といえるでしょう。

まとめ

医療業界や、介護業界は、売掛先が、国の機関ですので、3社間ファクタリングを利用することができるため、手数料がかなり安くファクタリングを利用できます。

医療業界や介護業界で資金調達を検討している方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみてもよいのではないでしょうか。

医療、介護業界でファクタリングを利用する場合ダントツで手数料が安い!?

 

お知らせ

医療、介護業界でファクタリングを利用する場合ダントツで手数料が安い!?