製造業でのファクタリング成功事例

製造業でのファクタリング成功事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

人件費や、原価の支払いが多い製造業を行っている会社は、資金繰りが悪くなりやすい業種の1つです。

今回は、

①なぜ製造業は資金繰りが悪くなりやすいのか

②資金繰りを改善するための資金調達方法であるファクタリングを利用した成功事例をご紹介します。

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

1.製造業はなぜ資金繰りが悪化しやすいのか?

製造業は、固定費が高く、取引先からの入金が少し遅れてしまったり、契約した段階で、入金までの期間が長い場合には、資金繰りが悪くなりやすいです。

製造業では、入金が遅れてしまうケースがよくあるため、資金繰りが一時的に悪化するケースがよくあります。

すでに融資を受けていて、これ以上融資を受けられないという方が、資金がショートしそうなときに役立つのがファクタリングでしょう。

ファクタリングを利用できるか確認したい!という方は、下記より無料で相談が可能です。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

2.製造業におけるファクタリングの成功事例

(1)ファクタリングを利用し事業拡大に成功した事例

取引先が増加すると、売上も伸びていきますが、売上の入金が遅い場合には、製品を作るためのコストが増加し、そのコストを支払うことができなくなるケースがあります。

いわゆる黒字倒産してしまうような状況にも関わらず、すでに多くの融資を受けていたことから追加融資を受けることはできませんでした。

あきらめかけていたときに、ファクタリングという仕組みを知り、売掛金を売却し、1,000万円の調達に成功したため、資金繰りが改善し、安定して経営することができるようになった事例がありました。

(2)リスケ中の企業がファクタリングを利用した事例

お金を借りているにも関わらず返済することが出来なくなった場合には、リスケジュール(返済計画の変更)をするケースがあります。

リスケジュールした場合、どんな金融機関からも基本的に融資は受けられなくなります。

しかし、このような状況であっても、ファクタリングを利用し、400万円の調達に成功した事例がありました。

ファクタリングは、売掛金があり、売掛先(取引先)の信用力が高ければ資金調達することができます。リスケジュール中であったとしてもファクタリングは利用できる可能性があるのです。

 

まとめ

製造業の方で、金融機関からお金を借りられない場合でもファクタリングは利用できるかもしれない!ということを覚えておきましょう。

ファクタリングは、売掛金があり、売掛先企業の信用力が高ければ、資金調達可能となります。

製造業でのファクタリング成功事例

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

製造業でのファクタリング成功事例