製造業でのファクタリング成功事例

製造業でのファクタリング成功事例

人件費や、原価の支払いが多い製造業を行っている会社は、資金繰りが悪くなりやすい業種の1つです。

今回は、

①なぜ製造業は資金繰りが悪くなりやすいのか

②資金繰りを改善するための資金調達方法であるファクタリングを利用した成功事例をご紹介します。

1、製造業はなぜ資金繰りが悪化しやすいのか?

製造業は、固定費が高く、取引先からの入金が少し遅れてしまったり、契約した段階で、入金までの期間が長い場合には、資金繰りが悪くなりやすいです。

製造業では、入金が遅れてしまうケースがよくあるため、資金繰りが一時的に悪化するケースがよくあります。

すでに融資を受けていて、これ以上融資を受けられないという方が、資金がショートしそうなときに役立つのがファクタリングでしょう。

2、製造業におけるファクタリングの成功事例

(1)ファクタリングを利用し事業拡大に成功した事例

取引先が増加すると、売上も伸びていきますが、売上の入金が遅い場合には、製品を作るためのコストが増加し、そのコストを支払うことができなくなるケースがあります。

いわゆる黒字倒産してしまうような状況にも関わらず、すでに多くの融資を受けていたことから追加融資を受けることはできませんでした。

あきらめかけていたときに、ファクタリングという仕組みを知り、売掛金を売却し、1,000万円の調達に成功したため、資金繰りが改善し、安定して経営することができるようになった事例がありました。

(2)リスケ中の企業がファクタリングを利用した事例

お金を借りているにも関わらず返済することが出来なくなった場合には、リスケジュール(返済計画の変更)をするケースがあります。

リスケジュールした場合、どんな金融機関からも基本的に融資は受けられなくなります。

しかし、このような状況であっても、ファクタリングを利用し、400万円の調達に成功した事例がありました。

ファクタリングは、売掛金があり、売掛先(取引先)の信用力が高ければ資金調達することができます。リスケジュール中であったとしてもファクタリングは利用できる可能性があるのです。

 

まとめ

製造業の方で、金融機関からお金を借りられない場合でもファクタリングは利用できるかもしれない!ということを覚えておきましょう。

ファクタリングは、売掛金があり、売掛先企業の信用力が高ければ、資金調達可能となります。

製造業でのファクタリング成功事例

お知らせ

製造業でのファクタリング成功事例