ネットショップでのファクタリング成功事例

ネットショップでのファクタリング成功事例

当初は、副業でネットショップを行い、売上が見込めてきたので、会社をやめ、ネットショップを本業にしたとたん、会社の売り上げが思ったより伸びなかったり、売りあげても入金が遅く、資金繰りが悪い状態が続いているという経営者の方が多いのではないでしょうか?

今回は、

なぜネットショップでは資金繰りが悪くなるのか資金繰りを改善するためにファクタリングを利用した成功事例

 

の2つをご紹介してきます。

1、なぜネットショップ経営で資金繰りが悪化するのか?

ネットショップで資金繰りが悪くなる理由

現金商売であれば資金繰りが悪くなりにくいのですが、ネットショップの経営を行っている場合には、商品が売れてから入金があるまでに1か月から2カ月程度かかるケースがあります。

1つの商品単価が上がってくると、入金が遅くなってしまえば、次の商品を仕入れることもできなくなってしまうため、売上を伸ばすこともできなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

悪循環にならないためにも、まだ入金がない金額、いわゆる売掛金を現金化することが資金ぶりを改善させるポイントとなってくるのです。

ファクタリングイメージ

2、ネットショップでファクタリングを利用した方の成功事例

商品の注文が殺到しているにも関わらず、商品を仕入れることができずにいた方が、なんとか資金調達しようと考えたところ、金融機関には融資を断られてしまいました。

ファクタリングの成功事例

お金を借りることは無理なのかと考えていたところで、お金を借りるのではなく、売掛金を売却するだけというファクタリングを知り、ファクタリングを利用して、売掛金800万円を利用して、700万円資金調達に成功し、その700万円を利用して商品を仕入れいることが出来た方がおりました。

このとき、ファクタリングを利用するにあたって、約100万円の手数料がかかりましたが、多くの商品を購入し、この手数料を支払っても250万円の利益が出たため、ファクタリングを利用して大成功だった事例となります。

注意点としましては、手数料が、通常融資に比べると高いため、この手数料を払って資金調達をしても利益がでるかがポイントです!

手数料を払ってでも利益がでると見込めるのであれば、ファクタリングを使って資金調達すべきでしょう。

まとめ

資金繰りが悪化し、売掛金を現金化したいとお考えの方も多いと思います。

ファクタリングは上手に利用することができれば、素晴らしい資金調達方法になりますので、是非ご活用ください。

ネットショップでのファクタリング成功事例

もちろん、資金調達するまでに時間をかけてもよい!という方であれば、金融機関からの借入がオススメです。特に、創業7年以内の方であれば、日本政策金融公庫を利用することがオススメです。

創業7年以内の方は、中小企業経営力強化資金という制度を利用することができ、この制度を利用すると、無担保で、かつ、保証人なしで融資を受けることができます。さらに、この制度の特徴は、金利が2%以下で借りられるというとても素晴らしい制度です。

どこの金融機関で融資を受けるよりも金利が安いといえるでしょう。

>>中小企業経営力強化資金制度の詳細はこちら

 

お知らせ

ネットショップでのファクタリング成功事例