税金を滞納している方でも資金調達する方法はあるのか?

税金を滞納している方でも資金調達する方法はあるのか?

税金を滞納中の会社は、資金繰りが厳しい状況が続いているのはないでしょうか?

金融機関から融資を受ける場合、税金の支払い状況を見られますので、税金を滞納している状況では、お金を借りるのが非常に難しいでしょう。

今回は、税金を滞納している状況であっても資金調達することができる方法をご紹介致します。

1、税金滞納中には、金融機関から融資を受けることは難しい!?

日本政策金融公庫を例にして、ご説明します。

日本政策金融公庫では、融資を受ける場合、直近の税金支払い状況をチェックされます。法人税、事業税、消費税を期日通りに支払っていれば、問題はないです。

しかし、税金の支払い期日を過ぎて納税していたり、税金をまだ払っていない状況ですと、融資を受けられる確率が下がります。

まだ、納税は完了しているが、期日は遅れてしまったという方であれば、理由がしっかりあれば、そこまで影響しないこともありますが、納税していない状況ですと、融資を受けられる確率は大幅に下がってしまいます。

補足説明
【ここまでのまとめ】

金融機関から融資を受ける場合、税金の支払い状況をチェックされるため、しっかり納税していない方は、融資を受けられる可能性がかなり低いです。

税金を滞納している場合日本政策金融公庫の融資は難しい

 

2、税金滞納中でも資金調達する方法とは?

税金滞納中では、どこからの借入であってもなかなか難しいのですが、借入ではない資金調達方法であればお金を調達できる可能性があります。

(1)借入ではない資金調達方法とは?

資金調達といえば、借入を想像する方が多いのですが、最近流行してきている資金調達方法にファクタリングというものがあります。

ファクタリングとは、簡単に説明すれば、売掛金を売却し、お金を調達する方法になります。

ファクタリングの説明

売掛金を保有しており、その売掛先(取引先)の信用情報をチェックされ、問題がなければ、資金調達することができるという制度になっております。

(2)一般的に融資を受けられない方でもファクタリングは利用できます

 

こういった場合でもファクタリングは可能です

上記に該当していても、ファクタリングを利用して、資金調達できる可能性があります。

 

(3)ファクタリングが近年流行してきている理由

ファクタリングは、国も認めている制度になります。なぜ最近流行しているをご説明いたします。

日本は、借入金に頼って企業の運営をしている会社が多いのが現状となっております。

現在の日本は、不動産(主に土地)を担保にして借入をするケースが多いですが、平成27に中小企業が保有している土地の金額約65兆円で、中小企業が保有する売掛債権の金額が約62兆円です。

参照元:中小企業実態基本調査 

土地を担保にお金は借りられますが、一般的には売掛債権(売掛金)を担保に融資を受けることはできません。

この売掛債権を利用して資金調達を行うことができれば、今まで以上に資金が循環していきますので、経済産業省もファクタリングを正当と考えていますし、今後も拡大が予想されるとの見解を示しております。

まとめ

税金滞納中に資金調達したいという方は、ファクタリングを利用できるかもしれない!ということを覚えておきましょう。

ファクタリングを利用するためには、

①売掛金がある

②売掛先が信用のおける企業である

この条件に合致していれば、資金調達できる可能性は高いですよ!

 

税金を滞納している方でも資金調達する方法はあるのか?>>ファクタリングの無料診断はこちら

お知らせ

税金を滞納している方でも資金調達する方法はあるのか?